タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

涼宮ハルヒの憂鬱

#7  涼宮ハルヒの退屈

23 分
いきなり野球大会に参加することになったSOS団。どうにもならないハルヒのノックに堪えて、大会当日を迎える。試合が始まると、強敵を相手に元気くらいしか取り柄のないSOS団は大苦戦を強いられる。

エピソード

  • キョンは静かで平凡な高校生活を送ろうと考えていたのだが、憂鬱で不機嫌な電波少女・ハルヒに出会ってしまう。また、疾風のようにSOS団なる団体が結成される。キョンは穏やかな高校生活を送ることが難しくなった。
    24 分
  • ハルヒが大暴走を始めた。みくるを利用して今度はパソコンを強奪。さらに、やれやれ顔のキョンを尻目に破廉恥な格好をしてビラ配りまで行う。この異常行動に呆れていたキョンは、読書中の有希に呼び出される。
    23 分
  • 有希が宇宙人であるとカミングアウト。さらに、みくるは未来人だと暴露。また、5人目の団員・古泉までがりりしい笑みで自分は超能力者だと告げる。3人共に世界の鍵を握っているのはハルヒだと主張する。
    24 分
  • キョンがのっぴきならない事態に陥った。朝倉がキョンの命を狙ってきたのだ。事態を飲み込めないキョンを長門が救う。また、朝比奈みくるは大人びる。キョンはしぶい顔で眼前の事実を見つめるしかなかった。
    23 分
  • ロストしてしまった朝倉を探すハルヒたち。だが、手掛かりは見つからない。そんななか、ハルヒは自分の過去を語る。キョンが家に着くと古泉が待っていた。古泉は閉鎖空間へキョンを案内するが…。
    24 分
  • ハルヒはどんどん機嫌が悪くなっていく。一方、いつものように床に就いたキョンだが、目を覚ますと、そこは閉鎖空間だった。しかも、ハルヒと2人っきりだ。よりによって、神人まで暴れ始めてしまう。
    23 分
  • いきなり野球大会に参加することになったSOS団。どうにもならないハルヒのノックに堪えて、大会当日を迎える。試合が始まると、強敵を相手に元気くらいしか取り柄のないSOS団は大苦戦を強いられる。
    23 分
  • 七夕の季節を迎えた。SOS団のハルヒ団長は、どこからか笹の葉を持ってくると、早速飾り付けをすることにした。ハルヒが下校し、他のメンバーも帰るかと思いきや、朝比奈みくるが、キョンを呼び止める。
    24 分
  • ゆゆしきことが起きた。SOS団に悩み相談者が来たのだ。嬉しくて仕方がないハルヒ。相談者によると、コンピ研部長が行方不明だという。早速、部長宅を捜索。見つからないと、いきなり異空間へ移動する。
    24 分
  • ハルヒは、夏は無人島で合宿よ、と張り切る。SOS団はこれに従い、古泉の親戚の館へ向かう。キョンは怪奇な事件を期待してる様子のハルヒを海水浴や島の探検でごまかす。2日目は雨のため、室内でゲーム大会となった。
    23 分
  • 無人島で発生した殺人事件が原因で、威勢の良かったハルヒも意気消沈気味となってしまう。精一杯捜査を行い、推理を展開する。そんななか、活躍を見せたのはキョンの妹だった。そして、事件は解決へ向かい…。
    23 分
  • 夏休みも立秋を過ぎ、残り約2週間となった。ある日、夏の高校野球甲子園大会も準々決勝あたりが行われている時に、突然、涼宮ハルヒがある提案をする。残り少ない夏休みを大いに楽しもうということらしいのだが…。
    24 分
  • 世界はループしているらしい。9月1日以降の世界がごっそりとなくなっていて、ただ8月17日から31日までを周遊しているということが朝比奈みくるの言動から明らかになる。そうした状況に古泉は納得するが…。
    24 分
  • 夏休みといえば、高校野球に、プールに、蝉取りと、さまざまな楽しいイベントが待っている。ところが、あまり喜べる状況ではなかった。いくら楽しいイベントといっても、何度も繰り返せば嫌になってしまう。
    24 分
  • ひたすら繰り返す涼宮ハルヒ主催のイベントに、キョンたちはうんざりしてしまう。ところが、どうしたらこのイベントから抜け出せるのか、そのすべがわからないでいた。結局、キョンたちは抗うことができない。
    24 分
  • 「何かがおかしい」というせりふはこれまで何度も繰り返しているようだが、実際には初めてのことだ。キョンは高校野球の中継を観ながら、気だるい気分になっていた。そんな時、ハルヒからの電話が鳴って…。
    24 分
  • 古泉の話では、キョンたちはもう、1万5千回以上、同じ2週間を送っているという。だが、キョンたちはその実感が持てない。唯一長門だけが、そのことを実感していた。また、長門はハルヒの観測が役目だと思っていた。
    24 分
  • 「キョンくん、電話ー」と、妹から呼びかけられたキョン。怠惰な表情で電話に出る理由は、電話に出る前からハルヒからだと理解していたからだ。しかも、キョンは話の内容もすでにわかっている気がした。
    24 分
  • 同じ毎日を繰り返すことに、うんざりしているキョンたち。この日もいつもの喫茶店でSOS団最後のミーティングが行われる。すると、ハルヒはそそくさと席を立った。意を決したキョンは、大きな声で叫ぶ。
    24 分
  • 夏休みも終わり、体育祭、文化祭の季節となった。ハルヒは体育祭では、SOS団でクラブ別のリレーに出場。圧倒的ではないか、というほどの勝利を手にする。その後は景気良くそのまま文化祭へと突入していく。
    24 分
  • 文化祭でハルヒが提案したのは映画の上映だった。だが、映画の中身は内緒。そのストーリーはハルヒの頭の中にしかないのだ。着々と準備に取りかかるハルヒだったが、その様子はどうもおかしかった。
    24 分
  • 「朝比奈ミクルの冒険」という自主制作映画に没頭するハルヒ。勢い余って、神社の神主にはモデルガンを放ち、みくるには目からビームを出せ、と無茶苦茶な命令を出す。キョンたちはハルヒに振り回される。
    24 分
  • ハルヒの映画作りは続いていた。しかもエスカレートしていく。みくるを汚い池に落とし、古泉とキスするようにいい、揚げ句の果てにはみくるに甘酒を飲ませて酔わせる。最後にはみくるの頭をメガホンで叩き始めた。
    24 分
  • どうにか、映画制作もクライマックスを迎えた。だが、ここまでの制作過程で色々な事件が起きた。ハルヒとキョンの本気の喧嘩もそうだったが、猫がしゃべったり、古泉の正体が垣間見られたり、ということもあった。
    24 分
  • 血湧き肉躍る超大作、夢のようなひと時、という誇大広告であおってはみるが、誰も期待していないだろうハルヒの映画。何とか上映に至ったが、最初の1分で観客が置いてけぼりになるのは言うまでもなかった。
    24 分
  • ハルヒがメガホンを執った超スペクタクルマジカルラブロマンス映画は、何とか上映にこぎ着けることができた。褒めてくれるのは自分だけという現実を確認したキョンは、校内をぶらつき、体育館を覗く。
    23 分
  • 文化祭が無事に終わり、キョンは部室でのまったりとした時間を取り戻したかに思えた。だが、いきなり入り口のドアをコンピ研が叩き開ける。自分たちが開発したゲームでSOS団との勝負を望んでいたのだ。
    23 分
  • 目まぐるしい秋が過ぎたかと思えば、季節はすでに12月。キョンは「今年ってもう終わりなのか」と人並みに驚きたいところだが、半年以上ハルヒと付き合ったことで、突飛な出来事も受け入れられるようになっていた。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ