タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

六龍が飛ぶ

第43話  

61 分
ムヒュルは帰ってきたパンウォンと再会し、互いの変わった姿を喜ぶ。チョン・ドジョンは、パンウォンが戻ってきて無名が再び現れたとの報に危機感を覚える。一方、漢陽に戻ったムヒュルはユンランの姿を見つける。

エピソード

  • イ・ソンゲは開京から来た御命を受けて意を伝えるため、ペク・グンスを開京に行かせようと考える。まだ幼いパンウォンは、自分も行くと言い張り、結局チョ・ヨンギュ、ペク・グンスと一緒に開京へ向かう。
    59 分
  • 劇団員の小道具車に隠れて倉庫から出たプニとタンセは山道の一角に着いた。車から抜け出したタンセは何者かに捕らえられ、プニはパンウォンに助けを求める。一方、チョン・ドジョンは士大夫により倉庫に監禁される。
    59 分
  • 幼いパンウォンはチョン・ドジョンの弟子であるホ・ガンと出会う。パンウォンは、ホ・ガンから「チョン・ドジョンのようになることを望むなら成均館に来い」と言われ、イ・ソンゲに咸州には戻らないと告げる。
    59 分
  • 母を捜すために出発した幼いタンセは、キル・ソンミに会い衝撃的な言葉を聞かされる。ミョサンは11人の家族を生かすためホン・デホンに会い、幼いムヒュルを弟子として受け入れるよう願い出る。
    59 分
  • 殺害されたペク・ユンを発見したハン・グヨンはホン・インバンにこの事実を伝えた。イ・バンウォンは、ペク・ユンの死について話しているキル・テミと儒生の会話を聞き、カササギ毒蛇のことを知る。
    59 分
  • プニは村の人々が待っている洞窟に行き、会わなければならない人がいるから戻ってくるまで待ってくれと言う。洞窟に向かったイ・バンウォンはプニの姿を見て喜ぶが、村の人々に全ての物を奪われたまま木に縛られる。
    59 分
  • ムヒュルは一緒に行こうと言うプニの提案を承諾し、プニと一緒に咸州へ向かう。パンウォンも咸州に向かいチョン・ドジョンに会うための計略を練る。一方、プニはイ・ソンゲに諜者と間違われるという危機に直面する。
    59 分
  • 全ての人々を咸州に入れた戍将だというチョン・ドジョンは、イ・ソンゲに「都堂3人衆の悪事を暴き出し、新しい国を作ろう」と提案する。しかし、イ・ソンゲはこれを受け入れず、パンウォンは彼にある話をする。
    59 分
  • チョン・ドジョンはホン・インバンに会い、チェ・ヨンとイ・インギョムに対抗するにはホン・インバン、キル・テミ、イ・ソンゲが同じ側に立つ必要があると主張した。一方、成人して再会したタンセとヨニは涙を流す。
    59 分
  • パンウォンはプニに、安辺策が通過したことを伝える。彼は今後の計画を問うプニに、安辺策が撤回されることはないから安心するよう告げるが、この知らせを聞いたイ・ソンゲは、安辺策を撤回しようとする。
    59 分
  • パンウォンは、安辺策通過のためホン・インバンと裏取引をした疑いで追補され、パンウは安辺策撤回の状啓を上げず父、イ・ソンゲにこのことを知らせる。プニはホン・インバンに自分の考えを伝え、助けを得て…。
    59 分
  • イ・インギョムは手紙のすり替えの件で、チョン・ドジョンを疑い、ペク・ユン殺害の背後にイ・ソンゲの名前が出てきた時のことを考える。キル・テミは手紙がタンセの検体と似ていると思い、タンセを訪ねた。
    59 分
  • プニは、パンウォンが釈放されたという知らせを聞き、喜んでパンウォンに治療を受けることができるよう手助けをする。一方、イ・インギョムは失脚。また、イ・ソンゲはホン・インバンとの連合を解消する。
    59 分
  • ホン・インバンはチョヨンを利用してミン・ジェの家に自分の息子の運勢を送る。パンウォンはホン・インバンの一方的な縁談を防ごうとする。一方、プニが生きていると知ったタンセはチョン・ドジョンを訪ねる。
    60 分
  • ヨニはチョン・ドジョンを連れてその場を離れようとするが、刺客と鉢合わせとなる。しかし、タンセがこの危険を救う。タンセとヨニを調べたプニは涙を流し、タンセはチョン・ドジョンにここに残ると伝える。
    59 分
  • ホン・インバンは、自分を弾劾するかどうかを決定する前にチョ・バンによる謀逆を調査しろと言う。さらにミン・ジェに、謀逆の背後にいるのはイ・ソンゲだという上訴に海東甲族の署名を受けろと脅迫する。
    59 分
  • 海東甲族全員から連名書を受けたパンウォンの様子を見守っていたナム・チョンとピウォルは、それぞれホン・インバンとチョヨンにこの件を伝えに行く。チョンニョン僧侶は、ホン・インバンにつくことを決心するが…。
    59 分
  • イ・バンジはキル・テミと勝負して、三韓一番剣の呼称を得た。一方、弟のキル・テミの最後の姿を見守っていたキル・ソンミは悲しみつつその場を離れる。ホン・インバンとキル・テミの残党は巡軍府に強制連行される。
    59 分
  • イ・ソンゲは2番目の夫人・カン氏との間に生まれたバンボン、バンソクと幸せに暮らしていた。一方チョン・ドジョンはチェ・ヨンとイ・ソンゲの関係悪化後、今はまだチェ・ヨンとの関係を絶つ時ではないと考えた。
    59 分
  • チェ・ヨンは宰枢たちの反発に遭いつつも、遼東を征伐しようとする。イ・ソンゲはチェ・ヨンに対し、無謀な征伐で民を悲しみに陥れるものではないと諭す。だが、チョン・ドジョンは政変を決心した。
    59 分
  • イ・ソンゲは回軍を要請するが拒絶され続け、最終的にチョ・ミンスに回軍を提案。また、?王はこの事実を知り、西京のパンウとパングァの処刑を指示。一方、捕らえられているプニとタギョンは逃げる計画を立てる。
    59 分
  • 王は逃げたイ・ソンゲの家族を反乱軍と称して、チェ・ヨンに対し、兵士を集めろと指示。これに対抗するパンウォンとプニは、組織員に指示を下し、イ・ソンゲの部隊は崇仁門を突き抜けて宮中を占領した。
    59 分
  • 昌王にイ・インギョムの復権を要請するチョ・ミンス。だが、ハ・リュンにイ・インギョムが死んだと聞かされる。タギョンはハ・リュンの情報を得ようとチョンニョンを訪ねる。チョンニョンはタギョンに理由を聞く。
    59 分
  • パンウォンの観相を見たハ・リュンは、意味深長な声を掛ける。一方、イ・バンジとムヒュルはパンウォンを探しに出る。また、キル・ソンミはプニがヨニャンの娘だという事実を知って驚き、そのまま解放する。
    59 分
  • テグンを発見したイ・バンジは衝撃を受けるが、ナム・ウンからの、騒ぎを起こしてはならないという言葉を受けて、どうすることもできない。ムヒュルはイ・バンジを見てただならぬ事態であることを察知する。
    59 分
  • 遺体の周りを歩いていたイ・ソンゲ一派は、イ・ソンゲを攻撃する遺体の首に刃を向ける。イ・ソンゲへの攻撃を試みた者は最終的に自決。一方パンウォンは、その者の正体を調べるため、巡軍府へ遺体を探しに向かう。
    59 分
  • チョン・ドジョンはチョン・モンジュにこれまでの計画の全てを話す。チョン・モンジュはこの全ての計画が高麗の中でのみ進行していることを願い、イ・ソンゲを訪ねて、反逆者になるな、と伝える。
    60 分
  • 母親が生きているから探すというイ・バンジに対し、プニは母親は拉致されたのではないと言う。チョン・モンジュはチョン・ドジョンに説得されなければ、高麗の社稷を変える必要はないと言うが…。
    60 分
  • パンウォンは上王殿下の賜物が届く時間とイ・バンジが外出する時間が五日の未時で一致するという点を訝しく思う。また、イ・バンジもキル・ソンミが自分をおびき出すためにだましたことに気付いた。
    60 分
  • ユンランは、ワン・ヨに自分がチョク・サグァンであることを明らかにし、公を守ると言う。ワン・ヨはそこで解毒剤を飲む。また、イ・ソンゲは定昌君を擁立することを決め、パンウォンはハ・リュンを訪ねた。
    60 分
  • パンウォンはチョン・ドジョンとチョン・モンジュの話が気になるが表情に出さないよう努める。ドジョンはパンウォンにチョヨンや無名に関することを受け持つよう指示し、ヨニには花事団を掌握するよう指示した。
    61 分
  • チョヨンに話を聞いたヨンヒャンはパンウォンを訪ねて話をしようと同行を提案。キル・ソンミは、パンウォンに会うためチョンヤが直接行ったと聞いて焦る。一方、無名はペク・グンスを殺した者を捜すべく動く。
    61 分
  • カップンは、イソグン兄妹を探すと言うナムチョンとキョンサにそんな人はいないと伝え、これをパンウォンに知らせる。一方、プニはヨンヒャンに会う。ヨンヒャンは彼女に、これ以上自分を探すなと冷静に話す。
    61 分
  • イ・バンジはプニがヨンヒャンに会ったという事実を知り、チョン・ドジョンは殿下の矯旨に基づき流刑となる。一方、ヨンヒャンはイ・ソンゲを殺し、チョン・モンジュを支持して再び国を安定させようとする。
    61 分
  • チョン・モンジュは、チョ・ジュンとナム・ウンをはじめとするイ・ソンゲの党与全てを流刑にした。恭讓王はチョク・サガンが無事に仕事を終えて戻ってくれば矯旨のとおり処刑を執行することを命じた。
    61 分
  • イ・バンジは家別抄の武士たちと赴いた場所でチョク・サガンに会い、パンウォンはヨンギュと共に向かった善竹橋でチョン・モンジュに遭遇。ムヒュルはパンウォンとヨンギュ、イ・バンジの計画を知って驚く。
    61 分
  • 恭讓王を訪ねたチョン・ドジョンは、チョン・モンジュをさらし首にして逆賊であることを公表する矯旨を下してほしいと言う。パンウォンは、自分を処刑する旨の張り紙をしたのは誰なのかを調べるようプニに指示する。
    59 分
  • イ・ソンゲは、パンウォンが杜門洞に火をつけたという知らせを聞き、士大夫と儒生たちは官職に復帰。ヨニは、パンウォンと距離を置くようプニに告げ、パンウは「自分を捜そうとすれば死ぬ」と言い残して姿を消した。
    59 分
  • イ・ソンゲはチョン・ドジョンにパンソクを守ってほしいと言う。パンウォンとミン・ダギョンは開国功臣を知らせる張り紙にパンウォンの名前がないことを知り、ドジョンは財政と軍事力までを独占することとなる。
    59 分
  • チョン・ドジョンはモエンパから受け取った赤い封筒をヨニに渡すようピウォルに指示した。これに気付いたユクサン先生は、赤い封筒を探そうとし、プニの組織のソンドルとチルボクもまた赤い封筒を追う。
    59 分
  • チョヨンとイ・シンジョクは巡軍府に連行されて拷問を受けた。一方、ハ・リュンはパングァとパンガンに、イ・ソンゲを訪ねパンウォンのことをチョヨンとの対面後に処決しようという奏請を差し上げるよう伝える。
    60 分
  • ムヒュルはパンウォンを守るため朱棣の首に刃を当てて死の危機に陥り、パンウォンは「ムヒュルが死ぬなら戦って死なせてくれ」と申し出、朱棣はそれを受け入れる。一方、イ・ソンゲはユンランの処刑を命じた。
    60 分
  • ムヒュルは帰ってきたパンウォンと再会し、互いの変わった姿を喜ぶ。チョン・ドジョンは、パンウォンが戻ってきて無名が再び現れたとの報に危機感を覚える。一方、漢陽に戻ったムヒュルはユンランの姿を見つける。
    61 分
  • ハ・リュンとミン・ジェは、チョン・ドジョンを明国に送らないとするイ・ソンゲに、必ず送らなければならないと言う。チョ・マルセンもまた儒生を率いてチョン・ドジョンを明国に送れとの上訴を読んだ。
    59 分
  • イ・ソンゲは使臣に行った者たちが明皇帝の命令で殺されるとすぐに遼東征伐を宣言し、演舞場に集合するよう王命を下す。パンウォン、パングァ、パンガンは演舞場へと向かう。チョン・ドジョンは私兵廃止を宣言した。
    58 分
  • パンウォンはヨンギュの死が?村で起きたことを知っているプニに申し訳なく思い、その日が来たら決断するようにと助言した。一方、イ・ソンゲはパングァとパンガンに遼東に出兵するよう提案する。
    58 分
  • 武器庫に入ったプニは、空箱だけが残っているのを見てパンウォンが動いたことに気付いた。チョンニョンはヨニを利用してパンジを誘い出し、パンウォンはイ・スクボンがいる所へ向かい、スクボンの兵力を動かす。
    57 分
  • ハ・リュンはナム・ウンらを含めたチョン・ドジョンの残党を全員捜し出して追補し、ドジョンの死体は野山に捨てるよう指示。戦い続けるパンジとムヒュルを見つけたプニは、パンジを止めてドジョンの死を知らせる。
    57 分
  • パンウォンは無名の3つの基盤と核心人物を排除する準備をした。無名もやはり宴を開き、パンウォンを討つ準備をする。一方、武器を隠した事実が発覚したミョサンは?村の民たちの怒りを買ってしまう。
    57 分
  • パンウォンを守るために戻ってきたムヒュルはキル・ソンミと競い、自ら決めた5つの罪人を殺すために現れたチョク・サガンはパンジと競うことになった。そんな中、ユクサンはヨンヒャンの姿を見て殺そうとする。
    57 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ