タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ウォーキング・デッド シーズン7

第14話  密かな断行

47 分
救世主がヒルトップを訪れ、医師の引き渡しを要求してきた。ヒルトップのリーダー・グレゴリーは、マギーとジーザスを中心に団結していく住民が気に入らず、自分の座を守るために救世主に相談を持ち掛ける。

エピソード

  • 通称「ルシール」という有刺鉄線が巻きつけられたバットで、救世主の親玉・ニーガンが仲間を殴り殺した。それでもなお歯向かおうとするリック。そんな彼をニーガンは車に乗せ2人きりのドライブに出掛ける。
    46 分
  • モーガンは負傷したキャロルを連れ、馬に乗った男たちのコミュニティーにやってくる。そこは「王国」と呼ばれ、エゼキエルと名乗る王が統治していた。一見楽園に思えた王国だったが、ある秘密を抱えていた。
    46 分
  • 救世主に捕らわれたダリルは閉じ込められ、食べ物としてドッグフードのみ与えられる。リズミカルな音楽が繰り返し鳴り続け、ダリルは眠ることもできず、肉体的にも精神的にも追い詰められていく。
    42 分
  • 町の住民たちが救世主に供給する物資を用意していた。そこへ予定より早くニーガンの一行が現れる。豊富な武器を全て奪おうとするが、実際の銃の数が在庫リストより少なく、住民たちの間で緊張が走る。
    59 分
  • 腹部の激痛により、ヒルトップで治療を受けていたマギーが目を覚ました。医師は大事をとるように言うが、救世主を恐れて関係を絶ちたいグレゴリーは、サシャと共にすぐに出ていくように言うのだった。
    44 分
  • 衛星基地を襲撃後、タラとヒースは調達に出掛けた。しかし物資は見つからず、帰ろうとした矢先、2人は橋の上でウォーカーに囲まれてしまう。さらに気付くとタラは海岸に打ち上げられていて…。
    49 分
  • カールとジーザスは、トラックに忍び込みニーガンの元へ向かうことに。目的地が近づいたところで、降りようと促すジーザスを車から降ろさせ、カールはトラックに乗ったまま一人でアジトに向かう。
    62 分
  • 救世主のリーダー・ニーガンは、カールと共にアレクサンドリアを訪れ、リックを待っていた。調達に成功して帰宅したスペンサーはニーガンにすり寄り、リックに代わって自分がリーダーになるべきだと訴える。
    60 分
  • 勇気を振り絞って救世主と闘うことを決意したリックたちは、グレゴリーに共に闘うことを要請するが断られてしまう。そんな彼らを見たジーザスは、エゼキエル王を紹介すると言い、「王国」に連れていく。
    52 分
  • ゲイブリエルの痕跡を追っていたリックたちは、ゴミの山に住みジェイディスをリーダーとする集団にとらわれてしまう。そんな中、リックは彼らに救世主との戦いに協力するよう要請するのだが…。
    46 分
  • 救世主にとらわれたユージーンだったが、予想外に手厚くもてなされニーガンの妻たちの接待まで受けるように。一方、ダリルが逃げ出したことで監督役のドワイトは罰を受け独房に入れられてしまう。
    49 分
  • 一刻も早くニーガンを殺したいロジータ。そこで1人で町を出て銃を探すがなかなか見つからずいら立ちを募らせる。一方、タラは以前に出会った女性の集団のことをリックに話すかどうか迷っていた。
    43 分
  • 王国が救世主に供給していた現場で品物が約束より一つ不足していることが判明。王国の王・エゼキエルは確かに用意したと事実を説明するのだが、取引を理解していないと攻め寄られ両者に緊張が走る。
    47 分
  • 救世主がヒルトップを訪れ、医師の引き渡しを要求してきた。ヒルトップのリーダー・グレゴリーは、マギーとジーザスを中心に団結していく住民が気に入らず、自分の座を守るために救世主に相談を持ち掛ける。
    47 分
  • タラからオーシャンサイドの存在を打ち明けられたリックは、武器を借りるだけではなく、協力を取り付けて共に戦うことを要請するためみんなでそこへ向かう。そこでは、まずタラが一人で説明する予定だったが…。
    43 分
  • 救世主抹殺のために協力したいと言うドワイトから、ニーガン一行が明日アレクサンドリアに来ると知らされたリックたち。ジェイディスが率いるゴミ山の住人も町に集結し救世主を待ち受けるのだった。
    60 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ