ソロ活女子のススメ

第8話 ソロ遊園地

24分
“自分自身が絶叫系マシンを好きなのか嫌いなのか”その真相を確かめるべく、恵は有給休暇を取得して遊園地を訪れる。絶叫系マシン縛りでアトラクションに挑戦する傍ら、恵は独特の雰囲気の男性客に話しかけられ...。
エピソード
ダイジェスト出版の編集部の契約社員・五月女恵は、仕事を終え会社の同僚から歓迎会に誘われるものの、誘いを断って足早に退社する。好きな時に好きな場所へ行き、1人の時間を楽しむ“ソロ活”にまい進中で...。
仕事を時短で終わらせた恵は、動物園へと向かう。「早くしないと全部回れない」と嘆くカップルを横目に、恵はある動物のところへ。見たい動物を誰にも気兼ねせずに鑑賞する恵は、過去の衝撃的な出会いを思い出し...。
デートスポットのプラネタリウムを訪れた恵は、シートの種類や雰囲気など昔との違いに驚がくする。室内が暗くなり映像や音楽が始まると、リラックスした恵は眠ってしまう。さらに今夜は、ラブホテルにも挑戦する。
一見すると男性向けに感じ取られる工場夜景を巡るクルーズ船に乗船した恵は、想像以上に女性客が多いことに衝撃を受ける。クルーズ船が出航し、横浜や工場の夜景に感動していると、謎の女性に声をかけられ...。
恵はフランス料理のフルコースディナーの予約を取ろうとさまざまな店を調べるが、“2名様から予約可能”の壁に直面していた。途方に暮れていた時、会社の上司・黒田彩子に紹介してもらい、何とか予約は取れるが...。
長年の夢“空を飛ぶ”を叶えるべく、恵は都心から1時間程離れた気球フライトが体験できる施設を訪れる。翌日の朝方のフライトを控え、宿泊場所へ案内された恵は、パイロット・吉村の妻にバーベキューに誘われる。
恵は以前から気になっていた、せんべろの立ち飲み屋を訪れる。おいしい酒と店一推しの料理に落ち着いていた頃、彼女は店員と常連客の何気ない会話に聞き耳を立てる。そして、恵はハシゴ酒をするため、2軒目へ...。
“自分自身が絶叫系マシンを好きなのか嫌いなのか”その真相を確かめるべく、恵は有給休暇を取得して遊園地を訪れる。絶叫系マシン縛りでアトラクションに挑戦する傍ら、恵は独特の雰囲気の男性客に話しかけられ...。
恵は寿司店のカウンターに座り、自分史上最高の頼み方である“好きなウニだけを飽きるまで食べ続ける”に挑戦。大将の顔色をうかがいながらも欲望の赴くままウニを注文する。さらに、1人ボウリングも楽しむ。
ソロボウリングに再挑戦し、スポーツの本当の楽しさを知った恵は、数年前から気になっていた暗闇フィットネスの暗闇サイクルに挑戦する。暗闇の中、大音量の音楽と掛け声にあわせて恵はバイクを漕ぎ続け...。
準備や道具の重さ、着火技術など“1人”のデメリットが集結しているソロ活女子にとって最強の敵、バーベキュー。1度挑戦し失敗した強敵に、恵はリベンジを果たすべく再挑戦する。すると、恵はあることに気づき...。
仕事終わりに温泉を訪れた恵は、浴槽のヒノキの香りや数々のお風呂に心躍らせながら、自分のペースで好きなように入れるソロ活のだいご味を思う存分楽しむ。さらに、勢いに乗って日本初の完全個室サウナを訪れ...。
© 「ソロ活女子のススメ」製作委員会