君を愛するその日まで~アンタッチャブル~

予告編

2分
エピソード
無料
ソウル警察庁広域捜査隊のジュンソは、北川市長で北川の権力者であるチャン・ボモの次男。ある理由から北川を離れていた彼は、愛妻・ミンジュと幸せに暮らしていた。しかし、ミンジュには秘密があった。
仕事中のジュンソはミンジュからの電話で「今夜は飲もう。何もかも話す」と告げられた。その電話の直後、避けていた父親、チャン・ボモがジュンソの前に現れる。一方その頃、ミンジュに危機が迫っていた。
妻の事件と向きあっているなか、父のチャン・ボモが亡くなり北川へ戻ってきたジュンソ。葬式が終わると、ク・ヨンチャンがジュンソの兄・ギソに、父の罪をかぶって刑務所に入るよう告げるのだが...。
妻の本当の名がジョンへだと知ったジュンソ。彼女の事件を探るうち、兄のギソを疑い始める。ギソから「焼き印」という言葉が出た時、ジョンへの入れ墨を思い出したジュンソは、怒りに任せて問い詰める。
ジョンへの死にチャン家が関わっていると感づいたジュンソは、北川に戻ってジョンへの事件を追う。北川の警察に入ったジュンソはジョンへを殺したカン・ムンシクを探るが、そこに兄・ギソが現れる。
ジョンへの事件を追うなかで、彼女との出会いを思い出したジュンソは、海に飛び込んでしまった。これに気づいたソ・イラは海に入ってジュンソを助けようとするが、逆に彼女が助けられてしまう。
カン・ムンシクを追い詰めたジュンソだが、パク課長の策略によりムンシクは殺され、その犯人としてジュンソが捕まってしまう。ジュンソの怒りが収まらない一方、兄・ギソは市長選の出馬を発表する。
父に成り代わろうと市長を目指すギソと、真相を突き止めようと懸命なジュンソ。兄弟はそれぞれの歩みを強める。その頃、ク・ジャギョンにより権力に懐柔されそうになったイラは、権力の被害者に出会う。
ジュンソは父が残した金を受け取り、その金を渡したヨン・ハクスは、ジュンソにチュ・テソプを紹介。テソプは、ジョンへと会っていたと言う。一方、ギソはジャギョンを連れて選挙活動に向かうのだが...。
ギソに命を狙われた叔父を助けたジュンソ。しかしギソは自分を裏切った叔父が許せず、ジュンソの前に現れ叔父を再び連れ去ってしまう。ギソはジュンソに向かって「お前が去れば解決する」と言い放つ。
パク・テジンを捕まえたジュンソたちだが、証拠が消えて釈放されてしまい、捜査は振り出しに戻る。一方、ジョンへを救うことができなかったことを悔やむイラは彼に協力し、共にジョンへの事件を追い始める。
証拠を見つけたジュンソたちは、再びパク・テジンを捕らえた。ジョンへの事件の真犯人を知るべく、パクを尋問するジュンソ。ジョンへ殺害を指示したのは誰かと尋ねると、パクはヨン・ハクスだと答えた。
ク・ヨンチャンを陥れたつもりだったがかわされ、逆に攻められてしまったギソ。そんななか、ジャギョンは自分が妊娠していることを知る。その夜、ク・ヨンチャンの屋敷にある人物が侵入してきた。
北川海洋に入り、ジョンへが明らかにしようとしていた同社の真実を調べるジュンソ。深く調べるため北川会へ入会しようとするが、兄・ギソが快く思わない。入会を決める当日、ギソはジュンソを妨害する。
イラが再び仲間を集め、ジュンソたちはジョンへの父、ユン・ドンピルが亡くなったフンニョン島の事件を調べ始める。一方、イラの母、チョン・ユンミが出馬するかもしれないと知ったギソだが...。
父との記憶、ジャギョンの流産、北川会、そしてジュンソに裏切られたと思ったギソは、衝動でジュンソを車でひいてしまうが、「この手で殺したくない」とその場を去る。傷ついたジュンソは、何とか家にたどりつく。
ギソを市長にするため動きだしたジャギョンは、ジュンソが掌握した北川会を、自身の力でジュンソから引き離してしまう。一方、チャン・ボモ擁護の動きから、市長選が厳しくなったチョン・ユンミだが...。
ジョンへ殺害教唆の証拠映像を見つけたジュンソたちは、ヨン・ハクスを捕まえたが、ヨンは罪を認めようとしない。ギソとチョン・ユンミの市長選争いが複雑になっていくなか、ヨンの裁判が始まった。
チュ・テソプを追って向かった空港で、チャン・ボモの姿を目撃したイラは驚き、死んだはずのボモがいたことをジュンソに伝える。ジュンソは信じられずにいたが、イラの様子を見て信じるのだった。
©︎Jcontentree corp. all rights reserved