アメコミ☆ハイスクール アメコミ☆ハイスクール

新入生の諸君!アメコミ☆ハイスクールへようこそ!
今日からキミたちには、アメコミの魅力についてじっくり学んでもらう。
卒業のための必須単位はただひとつ。
「アメコミの奥深さを学び、その魅力に酔いしれること」だ!!
先生の熱い授業をきいて、新旧ヒーローたちの活躍に夢中になろう!

杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか) 杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)

lesson06

アメコミ☆ハイスクール アメコミ☆ハイスクール

起立!SNIKT!

すっかり秋だね。今日の生徒さんは

最近アメコミ映画にハマりはじめたアケミちゃん
海外ドラマが大好きなミワコちゃん
洋画ファンのレイナちゃん

だね。さて今回は秋の名月に想いを寄せて宇宙物。ズバリ「スター・トレック BEYOND」に注目するよ。

「スター・トレック」ってどんなお話?

「え?『スター・トレック』ってアメコミなんですか?」…うん、いい質問だね、アケミちゃん。「スター・トレック」はアメコミ原作ではないです。でも、何度もアメコミ化されたこともあって、アメコミファンにとっても非常に親近感のある作品なんだ。

アメコミに逆輸入された…って感じかな。

アメコミに逆輸入された…って感じかな。

「私、カンバーバッチ出てるんで前作の「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(以下、イントゥ・ダークネス)は見ました!」…その通りだねミワコちゃん、今回の「スター・トレック BEYOND」(以下、BEYOND)は09年の「スター・トレック」13年の「イントゥ・ダークネス」に続く3作目。

まず、「スター・トレック」シリーズのストーリーを紹介しよう。舞台は23世紀、地球は様々な異星人たちとともに惑星連邦という巨大な宇宙国家を作り上げていた。そしてまだ見ぬ宇宙の神秘を求めて、カーク艦長率いる宇宙戦艦エンタープライズは探検の旅に出るんだ。長い山歩きのシューズをトレッキングシューズと言うよね?トレックとは“長く困難な旅”、“牛車・荷馬車で移動する入植の旅”という意味もあり、宇宙開拓の旅を描いた物語なんだ。

ウルトラマンと同期?66年、トレック開始!… 続きを読む
ウルトラマンと同期?
66年、トレック開始!… 続きを読む

ウルトラマンと同期?66年、トレック開始!

「割と最近の映画ですよね。」…なるほどレイナちゃん。その認識も正しいけど、実は今回の「BEYOND」は「スター・トレック」シリーズ誕生50周年記念作品で、そもそもは1966年に製作されたTVシリーズが始まりなんだ。

76年に完成したスペースシャトルの1号機の名前がエンタープライズになったのも本作に由来するし、主人公たちが使うコミュニケーターという通信機が携帯電話のモデルになったとも言われていて、実際の生活にも大きな影響を与えた作品なんだよ。そして、いつしか“トレッキー”と呼ばれる熱狂的なファンを生み、アメリカでは何度も何度も再放送され“アメリカではテレビをつけるとどこかのTV局で必ず放送されている”と言われるほどの人気だったんだ。

ちなみ66年って日本では「ウルトラマン」誕生の年で、日米がそれぞれ伝説のSFドラマを生んだ年だったわけだ。なお日本での放送は69年。「宇宙大作戦」や「宇宙パトロール」という題名で放送。テーマ曲は日本の「アメリカ横断ウルトラクイズ」にも使われているから聞き覚えあるかな。

「スター・ウォーズ」が「スター・トレック」熱を復活させたんだ!

TVシリーズが69年に終了した後、トレッキーたちをはじめ、「スター・トレック」を見て育った人々からは続編を望む声が多かったんだけど、なかなか実現せず…。だけど77年に意外なかたちでチャンスが来たんだ。77年に「スター・ウォーズ」が大ヒットしてSF宇宙映画ブームが起こる。その追い風にのってTV版のキャストを集め79年に超大作映画として大復活を果たしたんだ!映画はシリーズ化され、再びブームが起こり、87年にはキャストを一新して「新スター・トレック」というTVシリーズも作られた。その後何本かの映画とTVシリーズに展開。で、09年に、あのJ.J.エイブラムスがまた映画シリーズとして復活させたんだ。

「スター・トレック(1979)」は現在とはキャストが違うけれど、スポックだけはなぜか同キャストに見えるよね…(笑)

「スター・トレック(1979)」は現在とはキャストが違うけれど、スポックだけはなぜか同キャストに見えるよね…(笑)

あ、レイナちゃん、ピンと来たね!そう、エイブラムスは「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」の監督!SF映画ファンの中には「スター・トレック」派と「スター・ウォーズ」派がいたわけで、エイブラムスは「スター・ウォーズ」の方にいっちゃうの!?とかなりのトレッキーが「スター・ウォーズ」新シリーズの製作決定にショックを受けたらしいよ(笑)

アメコミと「スター・トレック」の関係

「スター・トレック」シリーズはマーベルとDCでアメコミ化されたし、最近ではDCの宇宙ヒーローグリーン・ランタンと「スター・トレック」の面々が出会うコミックも出版された。で、アケミちゃん。新3部作の「スター・トレック」のキャストにも注目だよ!

まず、主人公のカーク船長役のクリス・パインは来夏公開の映画「ワンダー・ウーマン」のヒロインの恋人役だし、女性航宙士役のゾーイ・サルダナは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のガモーラ役。マッコイ役のカール・アーバンは「レッド」や「ジャッジ・ドレッド」に出演していて、次の「マイティ・ソー」シリーズ最新作にも出演。さらに、「スター・トレック(09)」の敵、ネロ役エリック・バナはアン・リー監督版の「ハルク」の主人公を演じているし、「イントゥ・ダークネス」のヴィラン、カーンは来年公開のマーベル最新作「ドクター・ストレンジ」の主演、ベネディクト・カンバーバッチ!そして今回の「BEYOND」の強敵クラルは「マイティ・ソー」の映画などでおなじみのイドリス・エルバ。…と、このキャスティングをみても分かる通り、アメコミ映画と「スター・トレック」シリーズの立ち位置は、かなり近しいんだ。今まで未見だったアメコミファンも、絶対に楽しめるから是非見てほしいな!

アメコミ映画に出演しているキャスト陣が勢ぞろいなのは嬉しいよね!

アメコミ映画に出演しているキャスト陣が勢ぞろいなのは嬉しいよね!

というわけで今日の授業の最後は、「スター・トレック」に出てくる人気者・スポック流の挨拶で締めくくろう!片手の人差し指と中指、薬指と小指をそれぞれくっつけて開き、かざしながらこう言うんだ!

「長寿と繁栄を!」

アメコミ映画に出演しているキャスト陣が勢ぞろいなのは嬉しいよね!
補修
補修
q
すぴ豊先生も行ったサンディエゴ・コミコンってなんですか? すぴ豊先生も行ったサンディエゴ・コミコンってなんですか?
q

タイムトラベルによる歴史改変を描いた「X-MEN:フューチャー&パスト」で劇中、TVドラマの「スター・トレック」を見ているシーンがある。「スター・トレック」の世界では光速で時空を超え、歴史を変える展開が多いから、そのオマージュ。あと「X-MEN」のプロフェッサーX役のパトリック・スチュワートは元々「新スター・トレック」のピカード艦長役で有名。うーん、縁があるね!

アメコミ・ハイスクール アメコミ・ハイスクール

アメコミ・ハイスクール アメコミ・ハイスクール
シリーズ最高の宇宙アクション活劇になった、新生「スター・トレック」第3弾!

シリーズ最高の宇宙アクション活劇になった、新生「スター・トレック」第3弾!

TVの「スター・トレック」はSFアクションというより寓話みたいなエピソードが多く、そこが人気の秘密だったわけですが、エイブラムス版はそれを痛快かつやんちゃなスペース活劇として仕立て直したところがポイント。ジャスティン・リン監督にメガホンを譲った本作は、さらにテンポもアクションのクオリティも各段にUPして、宇宙SFの魅力がタップリ!しかし敵の正体・動機が明かされた時になんともいえぬ哀愁があり、単なる勧善懲悪に終わらせないドラマ性は健在でした!

©2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc.

アメコミ・ハイスクール アメコミ・ハイスクール

アメコミ・ハイスクール アメコミ・ハイスクール

銀河最強のどつき漫才を楽しもう!

「スター・トレック」の魅力はカーク、スポック、マッコイの掛け合いの妙。彼らがいかに出会い、トリオ(?)を結成したかチェック!

ウフーラに惚れた人は本作もチェック!

「スター・トレック」では赤服、「アバター」では青肌、そして本作では緑肌で大活躍のZ・サルタナ様。まさに宇宙最強の美女です!

アメコミ・ハイスクール

アメコミ・ハイスクール アメコミ・ハイスクール

TV放映開始から半世紀。長寿と繁栄を続ける宇宙大作戦「スター・トレック」の素晴らしき世界。

アメコミ・ハイスクール アメコミ・ハイスクール

果てしなく広い宇宙の平和はヤツらに託された!スペースヒーローたちの活躍に大注目!

杉山 すぴ豊

02年の「スパイダーマン」公開時にサム・ライミ監督と対談したことをきっかけにアメコミ映画についての伝道活動を、WEB、雑誌、映画のパンフレット、イベント(六本木ヒルズ「スパイダーマン展」プロデューサー)等で展開。マーベル映画の最高責任者ケビン・ファイギに「これからのアベンジャーズ映画に、サノス出ますね?」と最初に直で聞いた人物として、海外のオタクメディアで紹介された。なお自分のアメコミについての文章が初めて世に出たのは、小学生のときに「月刊スーパーマン」誌に投稿した“ワンダーウーマンと結婚したい!”だった。
杉山すぴ豊オフィシャルブログ

Star Trek: The Motion Picture & Copyright © (2013) PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved./Star Trek: The Wrath of Khan© (2013) PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved./Star Trek: The Search for Spock © (2013) PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. 'Star Trek' is a trademark of Paramount Pictures. All rights reserved./Star Trek: The Voyage Home Copyright © (2013) PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures Corporation./Star Trek: The Final Frontier Copyright © (2013) PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures Corporation./Star Trek: The Undiscovered Country Copyright © (2013) PARAMOUNT PICTURES. All rights reserved. Star Trek is a registered trademark of Paramount Pictures./Star Trek: Generations TM /©(2013) Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc. All Rights Reserved./TM & COPYRIGHT © (2013) BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED./TM & COPYRIGHT © (2013) BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED./Copyright © 2009 Paramount Pictures. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc. All Rights Reserved./© 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. STAR TREK andrelated marks and logos are trademarks of CBS Studios inc./©2014 MARVEL/TM & © 2016 DREAMWORKS LLC. ALL RIGHTS RESERVED./©1997 Lucasfilm Ltd. All rights reserved./© 2005 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.