『カメラを止めるな!』特集

大ヒット映画が早くも登場!U-NEXTでは本編の配信はもちろん、上田慎一郎監督に単独インタビューを実施。さらに、『カメ止め』を生んだ「ワークショップ」発の映画も紹介します。2018年最大のミラクルヒット『カメ止め』。これを観ずして、年は越せない!

「劇場に行きそびれた!」「一度観たけれど、気になるあのシーンをもう一度観たい!」そんな方はいつもの“レンタル配信”で。「いつでもどこでも、パソコンでもケータイでも、観たくなった時に何度も観たい!」それならずっと観られる“デジタル購入”で「ポンッ」とお買い上げ。お好みの方法で、「カメ止め」に感染してください!

≪ レンタル配信 ≫
配信開始日 : 12月5日(水)
価格 : 500円(税抜)
視聴期限 : 2日間(48時間)
≪ デジタル購入 ≫
販売開始日 : 12月5日(水)
販売価格 : 2500円(税抜)
一度購入いただくと、視聴期限を気にせず、いつでも、どのデバイスでもご覧いただけます。

クチコミから社会現象へ!『カメ止め』奇跡への道

制作費300万円が、興行収入30億円。公開時たった2館だった上映館は、340館に拡大。「有名俳優の出演ナシ」「監督の知名度ナシ」「広告宣伝ナシ」のインディーズ映画が、大手メジャー超大作を凌駕する大ヒット作品へ。そんな奇跡をささえたのは、観た人のアツ~いクチコミでした…!

ネタバレ厳禁 だからまず観て!

グラフ グラフ
1 有名俳優・女優や人気タレントが続々と鑑賞、SNSで絶賛しファンを公言。社会現象への布石に。
2 「ZIP!」(日テレ)、「めざましテレビ」(フジ)の同日報道を皮切りに、メディア露出が急増。
3 上映館が増え鑑賞者も拡大。ネタバレ厳禁ゆえのアツいツィートがSNSを埋めつくし、社会現象に!

各界騒然!『カメ止め』を絶賛した有名人!

斎藤工 / 小栗旬 / 山田優 / 役所広司 / 指原莉乃 / 木南晴夏 / IMALU / カンニング竹山 / 品川祐 / 田村淳 / 最上もが / 川谷絵音(ゲスの極み乙女。)/ 中川翔子 / HISASHI(GLAY)/ 徳井義実 / ふなっしー …ほか多数

監督単独インタビュー

上田慎一郎監督写真
上田慎一郎監督

U-NEXTでは、『カメ止め』上田監督に直撃インタビューを敢行!カタルシスあふれるラストシーンの撮影秘話や、緻密に仕込まれた小ネタのエピソードなど、制作ウラ話がたっぷり!
監督インタビューページを見る >>

「カメとめ」を産んだ”ワークショップ”の名作たち!

多くのメディアで「ワークショップから生まれたインディーズ映画が、奇跡の大ヒット」と紹介されている『カメラを止めるな』。ワークショップ(以下WS)とは、実際に製作・制作を行いながら具体的な技術を身に着けるレッスン方法のこと。「カメ止め」は、監督俳優養成学校のENBUゼミナールで行われた、俳優コースのレッスン生のためのWS作品として制作されたもの。「シネマプロジェクト」と銘打たれたこのWSは、「カメ止め」をはじめ、新進気鋭の監督と熱意ある俳優たちによる良作を生み出してきました。
規模は決して大きくないけれど、WSを担当する監督が新進俳優たちの可能性を活かし、俳優たちがそれに応え、監督の自由な作家性のもとに結実した作品ばかり。「カメ止め」にハマったら、次はこんなWS作品から好みの作品を発掘してみては?

監督:市井昌秀(2012)

監督:今泉力哉(2013)
13年東京国際映画祭・ジャパンスプラッシュ部門

監督:金井純一(2013)

監督:天野千尋(2014)
15年あいち国際女性映画祭出品

監督:佐々木友久(2014)

監督:白石晃士(2014)

監督:池田千尋 他4名

監督:頃安祐良(2015)

監督:平波亘(2015)

監督:井上真行(2015)

監督:今泉力哉(2016)
16年東京国際映画祭・ジャパンスプラッシュ部門

監督:岡太地(2016)

監督:岡元雄作(2017)

監督:上田慎一郎(2017)