こぶしファクトリー特集ページ|U-NEXT<動画配信サービス> こぶしファクトリー特集ページ|U-NEXT<動画配信サービス>

こぶしファクトリー自らが、新曲の見どころを紹介!

7.27リリース MV絶賛配信中!

7.27リリース MV絶賛配信中!

  • こぶしファクトリー『サンバ!こぶしジャネイロ』(Promotion Edit)

    サンバ!こぶしジャネイロ

  • こぶしファクトリー『バッチ来い青春!』(Promotion Edit)

    バッチ来い青春!

  • こぶしファクトリー『オラはにんきもの』(Promotion Edit)

    オラはにんきもの

「日本レコード大賞」最優秀新人賞、オリコン週間ランキング1位獲得など、勢いが止まらないこぶしファクトリー。3rdシングル発売を前に、波に乗るこぶしメンバー3人をインタビューで直撃!

メンバーの知られざる人間模様とは?

メンバーの知られざる人間模様とは?

――まずは、3人の性格と関係性を教えてください。

藤井
私は最年長で一応サブリーダーなんですけど、グループをまとめることよりもふざけて場を盛り上げる方が好きです。誰も笑ってくれないおやじギャグがんばって披露しています(笑)。
野村
私は人からマイペース、真面目、ポジティブだと指摘されるので、自分の性格をその3単語を合わせた“マジティブ”って言っています。
浜浦
リーダー(広瀬彩海)が(野村)みな美ちゃんと一緒でマイペースなので、私は裏の仕切り役ですね(笑)。みんなに声掛けしたりとか、反省会の進行をしたりとか、リーダーっぽいこともやります。
藤井
浜ちゃんは“はまちゃん大佐”って言われてて、こぶしファクトリーの裏番長的なキャラクターなんです。
浜浦
まぁ、そうだね(笑)。
野村
大佐として、いつもはしっかりしないといけないけど、私と梨央ちゃんがいると安心するのか、結構ボケてくれて…。
藤井
そうそう。私たち2人と一緒にいると、はまちゃんはイジられキャラになるんです。でも私は、みな美ちゃんもおバカキャラだからイジってますけど(笑)。
野村
バカじゃないです!
浜浦
“塩梅(あんばい)”のことを「“しおうめ”?」って言ってなかった?
野村
ちょっと!それは言わない約束じゃなかったっけ(笑)?
藤井
(笑)。最近はこんな感じで遠慮がなくなってきたんですけど、私はそれがすごく良いことだと思っていて。
野村
私たちは研修生時代から一緒にいたので、上下関係と敬語が抜けなかったんです。でも今では普通に仲良しで、良い関係を築けていると思います!
こぶしファクトリー

――そのほかで、グループの特徴は何でしょうか?

野村
こぶしファクトリーは8人全員の色がバラバラで、個性豊かなグループだと思います。
藤井
全員がとにかく負けず嫌いなんですよ。
こぶしファクトリー

――そう聞くと先輩グループのBerryz工房を彷彿とさせますが、Berryz工房から受けた影響は何かありますか?

野村
ライブでのパフォーマンスです。Berryz工房さんは、“真面目にふざける”ということをやられていたんですけど、こぶしファクトリーもそのスピリッツを継承していると思います。
浜浦
Berryz工房さんのライブはお客さんとひとつになっていた印象があるので、私たちもそこは受け継いでいますね。
藤井
身長差があって凸凹なところも似てるかも。あと、私たちみんな大食いなんですけど、そういう面でも「本当にBerryz工房に似てきたね」って言われることが多くなってきました(笑)。
こぶしファクトリー

新曲は聴きどころ満載の3曲!

新曲は聴きどころ満載の3曲!

――「日本レコード大賞」最優秀新人賞、2ndシングルのオリコン週間ランキング1位獲得など、最近は自分たちでも「こぶし、キテるな…」と感じますか?

浜浦
確かに嬉しいお知らせがたくさんあったんですけど、良い流れが来ているからこそ、ここで気を抜いてしまうとダメだと思っています。そうしないと今後も良いお知らせができなくなってしまうので。
藤井
メジャーデビューしてから1年経っていないので、まだ注目していただける時期かもしれませんけど、ここでダウンしてしまうと「やっぱり最初だけだったか」って思われちゃう。「どんどん勢いが増してるね!」って皆さんに言ってもらえるようになりたいです。
野村
ファンの方やスタッフさんがすごく応援してくださるからこその結果だと思うので、そういう面ではすごく感謝しないといけないと思いますけど、私たちも支えられてるだけじゃダメ。これからもっとスキルアップ、レベルアップが必要で、ファンの方をこぶしファクトリーに釘付けにさせるぐらいにならないと。
こぶしファクトリー

――このタイミングでトリプルA面の3rdシングルがリリースされます。今回はどんな曲に仕上がっていますか?

藤井
「サンバ!こぶしジャネイロ」は、文字通りオリンピックに掛けてる曲で、曲調は明るいサンバ調。フリフリでド派手な衣装も作ってもらって、今までにはないこぶしファクトリーのかわいらしい一面が見られると思います。ちなみに、歌詞にリオデジャネイロの“リオ”が出てくるんですけど、私の名前が梨央(りお)なので、この部分を歌わせていただいているので注目してほしいです(笑)。
野村
「バッチ来い青春!」は野球をテーマにしている曲で、振り付けや衣装も野球を連想させるようになっているんです。曲中に「バッチ来い!」っていう掛け声がたくさんあるので、ライブとかイベントではすごく盛り上がるんじゃないかと思います。
浜浦
「オラはにんきもの」で、「クレヨンしんちゃん」の曲をこぶしファクトリー風に力強く、明るくカバーさせていただきました。曲中でメンバーがしんちゃん、みさえのモノマネをしたり、みんなが振り付けで幼稚園児を演じていたり、いろんな仕掛けがあるので、見どころ満載です!
こぶしファクトリー

――この新曲を引っ提げて、夏はいろいろなイベントに出演されますが、ハロー!プロジェクト外のいわゆる“対外試合”についての意気込みをお聞かせください。

藤井
負けず嫌いだから余計に燃えますね(笑)。私たちがハロプロ代表として出演させていただくので、良いパフォーマンスを見せないと「ハロプロってこんなもんか」って思われちゃう。それだけは絶対に嫌です。
野村
他のアイドルさんたちを見に来たお客さんたちにも、「こぶしファクトリーが目に焼き付いて離れない!」って思ってもらえるように頑張っていきたいです。
浜浦
モーニング娘。’16さんや℃-uteさんみたいにハロプロには偉大な先輩方がいるので、他のグループのアイドルさんも「ハロプロのこぶしファクトリーさんだ!」って声を掛けてくださったり、ステージを後ろから見てくださったりするんです。だからこそ中途半端なことはできない、ここで私たちのパフォーマンス見せつけてやろうという気持ちはメンバーみんな持っていると思います。
こぶしファクトリー

結成間もなくの初々しい演技は必見

結成間もなくの初々しい演技は必見

――ハロー!プロジェクトのアイドル映像を配信する「アップフロントチャンネル」では、皆さんが出演した「演劇女子部 ミュージカル 『Week End Survivor』」が配信中です。

全員
え~!(混乱して)ヤバいヤバいヤバい…!!

――何がそんなにヤバいんですか?

藤井
(2人と顔を合わせながら)だって、何か、もう、ねえ。
野村
メンバーの半分は演技が初めてで、みんな演技がド素人だったんですよ…。
浜浦
結成されてすぐのミュージカルなので、まだ下手で…(ぶり返して)やっぱり見られるのは恥ずかしいです~(泣)。
野村
本当にこの舞台はドキドキだったんです。自分たちの演技がお客さんにどう見られているのかすごく心配で。配信されている映像には、とにかく不慣れな私たちが映っていると思うので、その初々しさを楽しんでほしいなと思います(笑)。
藤井
私もこれが初舞台で、しかも初の男役。この役は怒鳴ったり怒ったりすることが多くて、私にはない部分ばかりだったので、どうすれば良いか分からなかった。改めて見たんですけど、ちょっと気持ち悪い演技なんですよ。
浜浦
すべてがぎこちなかったんだよね(笑)。
藤井
そうなの!すごくぎこちなくて、いつ見ても恥ずかしい(笑)。
浜浦
実はメンバー内で、また舞台をやりたいねっていう話をしているんです。できることなら、リベンジ版としてもう1回この舞台をやって、それを配信してほしいです(笑)。
こぶしファクトリー

Profile

藤井梨央(ふじい りお)
  • 藤井梨央(ふじい りお)
  • 1999年3月4日生まれ。愛知県出身。2013年からハロプロ研修生として活動。明るい性格でグループを盛り上げるムードメーカー的存在。自他ともに認めるハロプロ好き。ニックネームは「りおりお」。
野村みな美(のむら みなみ)
  • 野村みな美(のむら みなみ)
  • 2000年2月10日生まれ。東京都出身。2012年にハロプロ研修生に加入。ライブ中は誰よりも多彩な表情を見せる。“マジティブ”などオリジナルの“みな美語”も提唱中。ニックネームは「みなみな」。
浜浦彩乃(はまうら あやの)
  • 浜浦彩乃(はまうら あやの)
  • 2000年4月26日生まれ。埼玉県出身。2011年にハロー!プロジェクトに参加し、研修生の中心メンバーとして活動。ライブでは長い手足を活かしたパフォーマンスを見せる。ニックネームは「はまちゃん」。

撮影=中村彰男 文=トライワークス
©UP-FRONT WORKS

こぶしファクトリー自らが、作品の見どころを紹介!

演劇女子部ミュージカル「Week End Survivor」

「こぶしファクトリー」のメンバーと、活動停止中のBerryz工房・須藤茉麻が出演するミュージカル。地下室のような密室で目を覚ました見知らぬ同士の8人が、脱出のために「命を1人ずつ差し出す」という条件のゲームを与えられ、心理戦を繰り広げる。