今最も勢いのある若手俳優のひとり、山田裕貴。昨年は12作の映画に出演した超売れっ子だ。学生役からチンピラ役、ボクサー役まで、その演技の振り幅は大きく、独自の存在感を放っている。そんな彼が“変態ベーシスト”石田六郎を演じた「二度めの夏、二度と会えない君」(通称・ニドナツ)の独占先行配信が決定!この作品にちなんだ独占映像やロングインタビューで、作品への思いと演技へのこだわりに迫った。

U-NEXT独占!山田裕貴の素顔に迫る“六問六答” U-NEXT独占!山田裕貴の素顔に迫る“六問六答”

髪を銀色に染めて臨んだ青春音楽映画「二度めの夏、二度と会えない君」。この作品のU-NEXT独占先行配信(2月23日〜)を記念し、一問一答インタビューを敢行!“石田六郎”にちなんで6つの質問への「六問六答」で、人気者の素顔が見えてきた!

U-NEXT独占!ロングインタビュー U-NEXT独占!ロングインタビュー

単なるカメレオンではなく“俳優・山田裕貴”としての存在感を示したい 単なるカメレオンではなく“俳優・山田裕貴”としての存在感を示したい
“ニドナツ”の現場ではずっと「変態」で過ごしていた “ニドナツ”の現場ではずっと「変態」で過ごしていた

ライトノベルを原作とする青春音楽映画「 二度めの夏、二度と会えない君 」、通称“ニドナツ”(以下同)。劇中バンド「Primember」の個性的なベーシスト・石田六郎役を演じるのは、若手実力派俳優として注目を集める山田裕貴だ。最初に役のオファーがあった時、六郎役を“自分にピッタリだ”と感じたという。

山田
「原作を読んで、僕にかなり近い部分があると思ったので、正式にキャスティングされた時はうれしかったです。それと同時に、キャストに若い子たちが多かったので、コミカルでテクニカルな部分を任されているのかなとも思いました」

山田が演じる六郎は、髪は銀髪、服装は白衣、美術作品で受賞歴があるような、芸術家肌の人物。バンドメンバーの中でも、飛びぬけて変わり者だ。

山田
「オタクっぽい人独得の喋り方があると思うので、声のトーンやセリフのスピード、全て計算して演じました。ただ、見る人にとっては『この人、芝居をやってる』とわかった瞬間、急につまらなくなると思うんです。だから、六郎の人間性を、声や話し方にまで落とし込むという作業も必要でしたね」

毎回、「役を演じる」のではなく、「役を生きている」という山田。その時演じている役によって、普段のふるまいや性格まで変わってしまうという。作品内でも、「ベースは変態。だから、変態を探しましょう!」というヒロインのかけ声のもと、バンドにスカウトされるという役柄。それもあってか、「現場ではずっと変態でしたね」と笑う。

山田
「みんなには、ずっと『この人、変』って言われていました。演じる役によって、私生活でもキャラクターが変わってしまうので、『闇金ドッグス』を演っていた時なんて、ガラが悪くなって友達が大変でした(笑)。腹が立ったときにキレるタイミングまで変わりますね」
吹き替えナシの演奏シーンでキャストの心もひとつに 吹き替えナシの演奏シーンでキャストの心もひとつに

プロ意識の塊だが、決して自分だけの世界に入り込むタイプではない。ヒロイン・燐役の吉田円佳はガールズバンド「たんこぶちん」のボーカリスト。ミュージシャンとしてはプロだが、演技は初挑戦だ。彼女が伸び伸びと演じられるよう、現場の空気を和ませるのも、彼の役目だったという。

山田
「彼女は本当に役にピッタリ。小手先一切なしでピュアにやるというのが、燐にシンクロしていたと思います。また主演の村上虹郎くんは、表情だけであんなに引き込む力のある役者さんもいないなと思って以前から注目していました。どんな役をやっても彼の良さがにじみ出る。そこが魅力ですよね」

映画の一番の見どころは、バンドの演奏シーンだ。主人公たちが次第に気持ちをひとつにしていく、ストーリーの要となるシークエンスでもある。楽器未経験のメンバーも含め、全編吹き替えナシで挑んだというから驚く。山田も未経験のベースを3カ月間猛特訓したという。

「死ぬ気でやれば、なんでもできるもんですよ」と軽やかに笑うが、この時期は主演舞台「宮本武蔵」と、さらに岸善幸監督のボクシング映画「 あゝ、荒野 」の撮影も重なっていた。そのプロ根性は、計り知れない。

ジムトレーナーも引いたプロ顔負けのトレーニング ジムトレーナーも引いたプロ顔負けのトレーニング

その「 あゝ、荒野 」では、菅田将暉演じる主人公・新次の宿命のライバル・裕二役を熱演した。

山田
「キャストの中でトレーニングに入るのが一番遅かったので、2カ月くらいの急ピッチで身体を作りました。ジムのトレーナーさんが『役者さんってここまでやるんですか』って引いたくらいです。菅田くんとのボクシングのシーンでは、本気で殴り合っているんですよ。当てても大丈夫な身体を、お互い作っていましたから」

ドキュメンタリー出身の岸監督の現場は、これまで体験したことのない迫力に満ちていたという。

山田
「もちろん、どの役もそのつもりで挑んでいますが、生きたんですよね、役を。僕はただ新次を倒すということだけを考えてランニングをして、トレーニングをしていた。相手がこう来たらこう演じようという、作為が一切ない。その究極を体験できた現場でした」

常に現場で出会う人とのつながりを大事にしている印象があるが、本人は役者だから、と考えてのことではないと語る。

山田
「人との関わりを大事にしますね。人の気持ちがわからない人には絶対、芝居はできないと思うので。“ ニドナツ ”も、裏でちゃんと山田裕貴としてのつながりがあったから、みんなが安心してセリフを投げかけてくれたんだと思います」

昨年は12作の映画に出演した売れっ子俳優でもある。それでも、自身の知名度に関しては、まだ満足していないという。「本当に売れていたら、電車なんかに乗れないはずですよね?」と、貪欲に目標を語る。

山田
「『え、この役山田くんがやっていたの?』と、よく言われます。そういう、いわゆるカメレオン俳優になりたいとは思いますが、カメレオンのままじゃダメだなと。そこにちゃんと“俳優”がついて『山田裕貴が出ているから、この作品を見たい』と言ってもらえる役者になりたいですね」
Profile

やまだ・ゆうき/愛知県出身。2011年に「海賊戦隊ゴーカイジャー」(EX)で俳優デビュー。「僕たちがやりました」(CX)「おんな城主 直虎」(NHK)などのドラマのほか、「あゝ、荒野」「亜人」「トモダチゲーム 劇場版FINAL」「HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION」などに出演する若手注目株。2018年も「となりの怪物くん」(4月27日公開予定)「闇金ドッグス8」(今春公開予定)、「あの頃、君を追いかけた」(今秋公開予定)など多数の公開作が控えている。

山田裕貴クロニクル 山田裕貴クロニクル

「あゝ、荒野 完全版」(2017)

菅田将暉演じる主人公の宿命のライバル・裕二役。迫力のボクシングシーンに注目。U-NEXT独占配信中。

「あゝ、荒野 完全版」(2017)
「亜人」(2017)

死ぬことのない“亜人”であることを楽しみ、殺戮を繰り返す高橋役で登場。4月4日(水)配信スタート!

「亜人」(2017)

直筆サイン入りプレスシートプレゼント 直筆サイン入りプレスシートプレゼント

山田裕貴直筆サイン入り「二度めの夏、二度と会えない君」マスコミ向けプレスシート(非売品)を抽選で10名様にプレゼント!どうぞお見逃しなく。
期間:2018年2月9日(金)〜2018年2月23日(金)正午まで

応募方法

  • STEP1

    公式アカウント「 @watch_UNEXT @watch_UNEXT @watch_UNEXT 」をフォローします。

    ※キャンペーンの参加にはTwitterアカウントが必要になります。既にフォローしている方はステップ2からお進みください。

  • STEP2

    キャンペーンツイートをリツイートします。

    ※ツイートの際に指定のハッシュタグをつけていない場合は、抽選対象外となります。

  • STEP3

    応募完了!当選された方にはダイレクトメッセージでお知らせいたします。

    ※フォローをはずされた場合は応募は無効となりますのでご注意ください。

リツイートして応募する
リツイートして応募する

キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

名称
山田裕貴特集プレゼントキャンペーン
期間
2018年2月9日(金)〜2018年2月23日(金)正午まで
賞品
山田裕貴直筆サイン入り「二度めの夏、二度と会えない君」プレスシート(10名様)
応募条件・方法
上記の期間内に、「応募方法」に従ってご応募ください。
当選発表
ご当選者にはU-NEXT公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。当選発表は、ご当選者への当選連絡をもって代えさせていただきます。
個人情報の取り扱いについて
本キャンペーン要項に基づきお預かりする個人情報の保護方針は、当社「個人情報の取り扱いについて」 に記載しておりますので、必ずご一読の上、ご応募ください。
注意事項
  • Twitterアカウントを非公開にしている場合、ダイレクトメッセージを受信拒否している場合、応募対象外となります。
  • 賞品の写真はすべてイメージであり、実際の賞品とデザイン・仕様が異なる場合がございます。
  • 当社は、賞品の品質、目的適合性について何ら保証するものではありません。賞品の使用に当たっては、賞品に記載の注意事項をご確認の上、ご使用ください。賞品の使用中に生じた事故等のトラブルについての責任は、当社では負いかねます。
  • 万が一賞品に破損・不良があった場合、同じ賞品をご提供できない場合がございます。予めご了承ください。
  • ご応募に関して不正な行為があった場合、または、賞品発送以前にTwitterのアカウントを削除、またフォローを外されますと当選の権利は無効となります。
  • ご応募可能回数は、1回までとなります。
  • 賞品は2018年3月末日までにご登録の住所に発送いたします。当選者の登録情報が不足している場合、連絡させていただく場合がございます。
  • 賞品は、ビデオ見放題サービスのご利用にあたりご登録されたご住所、または、当社からの連絡により確認させていただくご住所宛に発送いたします。ご登録締切日までに登録がない場合、またご登録やご申告内容の不備などにより、2017年8月末日までに賞品を受領いただけない場合、当選を辞退されたものとみなし、当選の権利は無効となります。
  • 当選により獲得された権利は、ご応募された当選者ご本人のものとし、第三者に譲渡等することはできません。当選された賞品に関しても第三者に譲渡・転売することを固く禁じます。また、返品、交換、紛失等による再送付、当選者ご本人の事情による変更、その他クレーム等には一切応じることができません。
  • 賞品の発送先は日本国内に限ります。
  • 関係者は応募できません。
  • 応募状況、当選発表に関するお問い合わせには、一切お答えできません。
  • 本キャンペーンは、予告なく変更、終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

独占先行配信「ニドナツ」情報 独占先行配信「ニドナツ」情報

あの夏に戻りたくて、あの日を許せなくて、くりかえされる夏。もう一度、あの日をやり直す。今度こそ、君を好きにならない…。
村上虹郎、吉田円佳(たんこぶちん)、加藤玲奈(AKB48)、金城茉奈、そして山田裕貴。フレッシュな顔合わせで贈る、音楽と青春に彩られたSFラブストーリー“ニドナツ”。
U-NEXTでは、この作品を2月23日(金)より独占先行配信!

©2017赤城大空・小学館/ 『二度めの夏、二度と会えない君』パートナーズ ©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ ©2017映画「亜人」製作委員会 ©桜井画門/講談社 ©原作・こやまゆかり漫画・草壁エリザ・DeNA/テレビ朝日・MMJ ©金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ ©TBS ©山口ミコト・佐藤友生/講談社 ©2017年「トモダチゲーム」製作委員会 ©NHK © 2017「破裏拳ポリマー」製作委員会 ©2016「HiGH&LOW」製作委員会 ©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社 ©MMJ/TBS ©2016「ふきげんな過去」製作委員会 ©TBS ©2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 ©咲坂伊緒/集英社 ©2014「ライヴ」製作委員会 ©2013映画「奴隷区/僕と23人の奴隷」制作委員会 ©2011劇場版「オーズ・ゴーカイジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映