観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

ロボティクス・ノーツ
2019年の種子島で、廃部寸前のロボット研究部メンバーが大活躍する青春群像劇!
|2012年
見放題
#1を再生(23分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
ストーリー
ロボ部の存続をかけて万博出展のために巨大ロボの制作に奮闘する幼なじみ・あき穂に、仕方なく手を差し伸べる海翔。ある日海翔は公園で『君島レポート』なるA.R.アノテーションを発見、そこには君島コウによる、世界を巻き込む陰謀の告発が記されていた。
エピソード
全22話
2019年6月末、種子島。廃部寸前のロボット部部長・瀬乃宮あき穂とロボットには興味のない格ゲーオタクの八汐海翔は、旧種子島空港の車庫をハンガーにし、巨大ロボット・ガンつく1を制作していた。
ROBO-ONE優勝を目指し、あき穂は過去の優勝ロボット・タネガシマシン3を使おうとするが古過ぎて動かない。さらに周りの協力を得て、タネガシマシン3改を完成させるが、今度は操作方法が難しく…。
いよいよROBO-ONE当日。大会で勝負できるまでの完成度を得たタネガシマシンは、優勝決定戦へ進出した。そこで大会二連覇中の謎の仮面ヒーロー、ミスター・プレアデスと対面するが、海翔は体調が優れない。
あき穂はガンつく1建造計画を進めるべく、JAXA種子島宇宙センターに協力を依頼したが交渉は決裂。さらに昴からガンつく1の設計についてダメ出しを受ける。一方海翔は、昴にある話を持ち掛けられ…。
宇宙ヶ丘公園で海翔のポケコンを横切った少女の幽霊は、学校でも噂になっていた。海翔は、都市伝説に詳しい淳和と島中を探してみるも不発に終わる。夜には旧南種子島郷土館の中に潜入し捜索を続けるが…。
淳和とフラウがロボ部に加わり、昴、あき穂、海翔はそれぞれに忙しい日々を過ごしていた。そんな中、ホビーロボットの趣味を禁止されていた昴は、稼働テストをしているところを父親の宏武に見つかってしまう。
「昴が学校に来ない!」と焦るあき穂。それを横目に、海翔はチーター狩りのため、フラウの部屋を訪れた。そこで彼女から、母親がガンヴァレルの監督であること、そして最終回にまつわる事件について聞かされる。
謎の女性はJAXA職員の天王寺綯だった。綯はJAXAが巨大ロボット建造を支援することを条件に、ガンつく1ではなく別の巨大ロボットで万博出展を目指そうと提案するが、あき穂は想像もしなかった答えを出す。
ロボ部はガンつく1完成の前祝いとして“よいら~いき祭り”に来た。海翔はフラウを夏祭りに誘うために自宅を訪れるが、そのままチーター狩りへ。完成を目前に控えたあき穂は、みさ希へ思いの丈をメールする。
JAXAに再び招待されたロボ部だが、ガンつく1制作にこだわるあき穂と、新たなガンつく制作の可能性を話す昴の意見が対立する。さらにガンつく2についてドクへ相談するも一蹴されてしまい、あき穂は落ち込む。
海翔はフラウと共に君島レポート探しを続けていた。フラグ回収を進める中、とうとうチーター狩りに成功。しかしウイルスに感染してしまう。その頃東京では、パワードスーツの暴走事故が世間を騒がせていた。
海翔は、みさ希と君島コウとの繋がりを探るためレポート探しを続行する。そこへドクが病に倒れたとの連絡が。お見舞いに来た淳和の面会を断り、気弱になったドクはロボクリニックを畳むと言い出す。
ドクとJAXAの協力で制作が進むガンつく2。流出したガンヴァレル最終話の映像を調べていたフラウは、いくつかのサブリミナル映像から、母親の残したメッセージにたどり着く。残りのフラグ回収を急ぐ海翔は…。
東京は太陽嵐の影響で大停電。大混乱の中、サーバーを乗っ取られたサービスロボットが制御不能の暴走を始めていた。そしてフラウは偽者の書き込みにより、ロボット暴走事件の首謀者である疑いを掛けられてしまう。
太陽嵐以降、エラーを頻発させている“居ル夫。”の大規模サーバーメンテナンスが行われることになった。それをきっかけに、愛理が消える可能性を知った海翔は、君島レポートを見つけられなくなることを危惧する。
稼働テストにこぎ着けたガンつく2。しかし種子島のJAXAから5年ぶりのロケット打ち上げが決まり、ロボ部はJAXAの施設を使用できない状態に。そこでガンつく2をハンガーへ移動させ稼働テストを試みるが…。
昴の事故により、ロボ部はスペースアメ社、JAXAからの支援事業が打ち切られ、学校からは廃部を言い渡される。ガンつく2も解体が決まり、あき穂は思い悩む。一方海翔も、最後の君島レポートについて悩んでいた。
ガンつく2と共に、東京万博にやってきたあき穂と海翔。万博に姉も来ることを知り、久々の再会とガンつく2を見てもらえることに期待が膨らむあき穂だが、海翔は今のみさ希と会うことに不安を感じていた。
みさ希がSUMERAGIを操り、万博会場の破壊を開始。姉を止めようと、あき穂はガンつく2を起動させる。その頃“居ル夫。”上では、万博会場の水没と世界中の停電の様子が映し出されていた。
あき穂と海翔は、みさ希から真実を確認すべく調布空港へ向かう。だがそこには君島コウに操られた愛理が待っていた。彼がみさ希の意識を乗っ取っていることを知ったあき穂は、姉はまだロボットが好きかと尋ねる。