観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

私のあしながおじさん
孤児院出身のジュディが謎の紳士の援助を得て、名門女学園に通うハートフルストーリー
|1990年
見放題
第1話を再生(23分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
学院生活を通じてジュディの成長とあしながおじさんとの交流を描く物語。名作劇場では珍しい恋愛要素が強い作品。原作はジーン・ウェブスターの「あしながおじさん」。
ストーリー
ジョングリア孤児院で育ったジュディ・アボットはジョン・スミスという名の紳士の援助を受け、夢だった名門リンカーン記念女学院へ進学することになった。ジュディは援助してくれた紳士を「あしながおじさん」と呼び、月に1度、お礼の手紙を書くことにする。
エピソード
全40話
アメリカ東部の片田舎にあるジョン・グリア孤児院に、ジュディ・アボットという少女が暮らしていた。生まれてすぐ両親に捨てられた彼女は、外の世界に憧れながら14年間、ここで過ごしてきたのだ。
ジュディは、ユニークな反省文の内容を匿名の運営委員であるジョン・スミス氏に認められたため、彼の援助でリンカーン記念女子学園へ入学することになった。
孤児院の仲間に見送られ、寮に到着したジュディは、ルームメイトのサリーとジュリアに出会う。学園では、新入生の入寮を記念して、パーティーが開かれることになっていた。
孤児院から出てきたばかりのジュディには、学園で見聞きするものすべてが新鮮に感じられるのだった。そしてジュディは、入学式の日には、後見人のあしながおじさんに会えるだろうと、期待に胸を膨らませていた。
ある日、スミス氏の秘書・グリグスから彼女宛てに手紙が届いた。中にはジュディの毎月のお小遣いとして、35ドルの小切手が同封されていた。ジュディは生まれて初めて自由に使えるお金を得る。
ジュディはハーマン教授から、今まで読んだこともない本や著者の名前を質問されて、すっかり恥をかいてしまう。しかしその後、サリーに図書館へ案内されたジュディは、夢中で本を読み続ける。
リンカーン記念女子学園にクリスマス休暇が近づいていた。サリーやジュリアは実家に戻る予定だが、ジュディにはこの寮以外に、居場所はない。ジュディの生い立ちを不審に感じていたジュリアは…
ジュディは、自分の詩が校内誌に掲載された喜びを伝えようと、スミス氏に本と手紙を送る。しかしスミス氏からの返信は来なかった。わかっていたことだったが、ジュディは気落ちしてしまう。
ジュディは、急に学園を訪ねると言いだしたジュリアの叔父・ジャーヴィスを出迎えることになった。約束の時間になっても一向に現れる様子がないジャーヴィスを待ち疲れたジュディが、芝生でうたた寝をしていると…
ジャーヴィスと知り合えたよろこびをスミス氏への手紙にもつづり、すっかり舞い上がったジュディ。しかし調子に乗り、勉強がおろそかになったジュディは、学年末の試験で落第点をとってしまう。
ジュディは夏休み中、ロックウィロー農園で過ごすことになった。慣れない生活に戸惑うジュディだが、農園での仕事を積極的に手伝っているうちに、持ち主のセンプル夫妻にも気に入られる。
ジュディが、ジャーヴィスと知り合いだったと聞かされたセンプル夫妻は、前にも増してジュディと打ち解けるようになる。夫妻は、幼いジャーヴィスがこの農園で暮らしていた頃のことなどについて話してくれた。
2年生に進級したジュディたちの新学期が始まった。ジュリアは大学への進学を目標に、本格的な勉強にとりかかる。ジュディも、自分なりの新しい目標を見つけようと迷っていた。
ジュディは学園の懸賞小説へ応募するための作品を書いた。しかし、これを批評したハーマン教授は、ジュディの作品は盗作だと指摘する。ショックのあまり、一度は小説を書くことをあきらめるジュディだったが…
学園で、創立記念パーティーが開かれる。その日はダンスパーティーも行われるため、パートナーの招待に大わらわ。当日ジュディは、サリーから彼女の兄のジミーという青年を紹介してもらう。
学園のパーティーでジミーと再会して以来、すっかり落ち着かない様子のジュリア。ジミーが大学のフットボール選手だと知ったジュリアは、フットボールの勉強を始めることに。
孤児という境遇を隠すジュディは、そのために親切な友だちの好意さえ素直に受け入れられないことを悩んでいた。そんな時ジャーヴィスは、ジュディとサリー、ジュリアをピクニックに誘った。
ある日ジュディたちは、孤児院の子供たちが町で聖歌を歌い、寄付を募っている姿を見かける。感動したサリーは、感謝祭の日に手供たちを学園へ招待しようと考え、孤児院の先生と計画を立てる。
ジュディは、ランバート先生と面会する。ジュディは自分が孤児として体験した事を思い出しつつ、子供たちがお金持ちの虚栄心を満足させるために、寄付を募っているのではと問いかける。
ジュディたちのクラスに、レオノラという学生が編入してきた。ジュディは、レオノラから自分の詩を批判されたため彼女に反発していたが、レオノラの詩の才能はすばらしく、次第に彼女のことを尊敬するようになる。