タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

イナズマイレブン フットボールフロンティア編

| 2008年
見放題
今までの常識を打ち破るサッカーアニメが登場!必殺技がさく裂する超次元サッカー!
見どころ
「妖怪ウォッチ」などのゲーム会社・レベルファイブがゲーム、アニメ、漫画をほぼ同時期に展開した肝入り作。超人的な必殺技だけでなく、スポ根的な熱い展開も楽しめる。
ストーリー
弱小チームの雷門中サッカー部に所属する円堂守は、全国大会「フットボールフロンティア」への出場を夢に練習を続けていたが、部員は7人しかいないうえに練習をサボる始末。そんな中、校長から名門・帝国学園サッカー部との試合で負ければ廃部と告げられる。
2019年4月30日 23:59まで配信
©LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京

エピソード

  • 雷門中学サッカー部のキャプテンにしてゴールキーパー、円堂守はある日、河川敷ですごいシュートを放つ少年と出会う。彼の名は豪炎寺修也。円堂のいる雷門中への転校生だった。
    24 分
  • 円堂の勧誘になんとか10人集まった雷門中サッカー部の仲間たちだったが、豪炎寺の姿はなかった。帝国の練習に実力を見せ付けられながらも、最後のひとり、目金を加えた11人で試合を開始する。
    24 分
  • 夏未が発表した次の対戦校は尾刈斗中。この試合に負ければ廃部だが、勝てばフットボールフロンティアへの参加を認めると言う。はしゃぐ部員たちだが、尾刈斗中は怖い噂が絶えないチームだった。
    24 分
  • ついに雷門サッカー部に入部した豪炎寺。心強い仲間の登場に喜ぶ部員たちだったが、ただひとり染岡だけは納得がいかない様子。そこに春奈が尾刈斗中の試合を録画したDVDを持ってくるが…!?
    24 分
  • 「フットボールフロンティア」への出場が決定した雷門イレブン。1回戦の相手は強豪・野生中。すごいジャンプ力のこのチームには、豪炎寺と染岡のドラゴントルネードも歯が立たないかもしれない。
    24 分
  • 予選第1試合の相手となった野生中対策の特訓を繰り返す円堂たち。夏未に手渡された秘伝書を手掛かりに、新たな必殺技「イナズマおとし」を練習するが、なかなかうまくいかない。
    24 分
  • 予選1回戦を突破した雷門中イレブン。自然と周りからの注目も集まり、練習中には周りには見物の人だかりができるほど。しかし、その中には雷門中の実力を探るため、偵察にきた者たちもいた。
    24 分
  • 御影専農との試合が始まった。豪炎寺はその動きを予測されていたかのように徹底的にマークされ、ボールをつないだ染岡のドラゴンクラッシュもディフェンス陣と杉森に楽々止められてしまう。
    24 分
  • 足を負傷した豪炎寺は、地区予選準決勝に出られなくなってしまう。次の相手は秋葉名戸中。彼らが試合前にメイド喫茶に入り浸っていたと知り、目金がメイド喫茶への潜入捜査を提案する。
    24 分
  • ついに決勝戦に進出し、帝国学園との戦いを目前に控えた雷門中イレブン。勝てば全国大会出場。それぞれに力をつけ、練習に打ち込む彼らの中で、近頃、土門の様子がおかしかった。
    24 分
  • 監督の冬海を解任したことで、フットボールフロンティアへの出場資格を失ってしまう雷門中イレブン。代わりとなる監督探しを始めるが、なかなか思うように成果は出ず、暗礁に乗り上げてしまう。
    24 分
  • 雷雷軒の親父さん、伝説のイナズマイレブンとしてキーパーを務めた響木が雷門中の監督に就任した。あの帝国ともう一度戦える。響木は、彼らを自分たちのような悲劇にあわせまいと固く決意する。
    24 分
  • 影山の卑劣な罠は暴かれ、鬼瓦によって逮捕された。正々堂々戦いたいという鬼道の言葉を受け止めた円堂たち雷門中イレブンは、このまま帝国学園との決勝戦を戦おうと決意する。
    24 分
  • 雷雷軒では雷門中サッカー部の祝勝会が開かれていた。祝勝会が終わり、響木と円堂が残った雷雷軒に、ある男が姿を現す。彼の名前は浮島。伝説のイナズマイレブンのひとりだった。
    24 分
  • イナズマイレブンとの練習試合と影野の分析を通じて、豪炎寺と風丸の新たな合体必殺技・炎の風見鶏を手に入れた雷門中イレブン。そこへ、夏未の父で雷門中の理事長・総一郎が訪れる。
    24 分
  • 1回戦の対戦相手は秘伝の忍術を使って選手を鍛えていると噂の戦国伊賀島中学。どんな相手でもいつも通り戦うだけという円堂。風丸も陸上部の後輩にはサッカーで答えを見せると思いを新たにする。
    24 分
  • イナビカリ修練場で練習中の雷門中イレブンのもとに、衝撃の報告が届けられる。帝国学園が10対0のスコアで1回戦敗退。相手は開会式で突如出場の決まった世宇子中だった。
    24 分
  • ボールに触れる間もなく完敗した悔しさを胸に、雷門中イレブンのひとりとして再びフィールドへ戻ってきた鬼道。彼を加えた雷門中は「鉄壁のディフェンス」で無失点を続ける千羽山中を迎え撃つ。
    24 分
  • 千羽山中との試合を終えた雷門中イレブンの前に、ひとりの少年が現れる。華麗なシュートを見せた彼は、アメリカジュニアチームの代表候補として活躍している一之瀬、土門とアキの古い友人だった。
    24 分
  • フットボールフロンティア準決勝。Aブロックは相手チームを次々と試合続行不可能に追い込んで勝ち上がってきた世宇子中。Bブロックは、雷門中と、豪炎寺が所属していた木戸川清修の戦いとなった。
    24 分
  • 武方三兄弟の攻撃に先制点を許した雷門中は激しい攻撃になかなか本来の調子を出せない。しかし、追加点の上げられない武方三兄弟は焦りを隠せず、他のイレブンたちとの連携が狂い始めていた。
    24 分
  • ゴッドハンドでは武方三兄弟の「トライアングルZ」を止められなかった。今の自分の力で世宇子中のシュートが止められるのか。不安でやつれた円堂の姿に豪炎寺や鬼道、春奈や秋も心配を隠せない。
    24 分
  • 大空に浮かぶ巨大な要塞。その中にあるグラウンドには、練習する世宇子中イレブンの姿があった。そこに現れた影山は、自分が完全な勝利以外、何も望まないと宣言する。
    24 分
  • 世宇子中の必殺技のことを忘れるため、合宿をしようという響木。しかし、円堂だけは「マジン・ザ・ハンド」のことが頭を離れない様子。そんな折、トイレに行った壁山が、お化けが出たと騒ぎだす。
    24 分
  • 試合会場が空から舞い降りた世宇子中サッカースタジアムに変更された決勝戦。響木は円堂に、祖父の死に影山が絡んでいるかもしれないが、彼への憎しみでサッカーをするなら棄権すると告げる。
    24 分
  • 必殺技はすべて防がれ、世宇子中の圧倒的な攻撃の前に仲間は次々と倒れていく。そして、ゴールを守れない円堂は、まだ試合を続けるのかと聞くアフロディを前に、あきらめそうになるが…!?
    24 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ