観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

男も惚れる男、ロック様!

14件

今やアクション映画に欠かすことのできないロック様こと、ドウェイン・ジョンソンにフォーカス!

CLANNAD ~AFTER STORY~
家族の愛を描いた恋愛アニメの代表作「CLANNAD」シリーズ堂々の完結編
|2008年
見放題
第1回を再生(24分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
Key×京都アニメーション「CLANNAD」の続編。前作以上に、テーマである家族愛が問われる内容に。多くのファンが涙した大人気シリーズ、ついに完結。
ストーリー
当初の目標であった、文化祭での演劇も無事に終わり、大きく前進した朋也と渚。ふたりは周りの人間に背中を押されながら、ゆっくり互いの思いを確認していく…。そして季節は巡り、卒業の時を迎える。しかしふたりには、大きな試練が待ち受けていた。
エピソード
全22話
夏休みが終わり、2学期が始まった。3年生の朋也たちはそろそろ卒業後の進路を決めなければいけない時期を迎える。しかし、朋也は自分の将来がまるで見えなかった。そして相変わらず渚の家に居候していた。
サッカー部を退部して自堕落な日々を送っている春原は、いまだ進路が決まっていない。そんな彼を心配する妹・芽衣は、しばらく古河家に居候することになった。朋也は芽衣を安心させようと、春原にある提案をする。
渚の母親・早苗は外見が若く、渚の姉とよく間違われる。そして、春原の恋人役が早苗に決まり、いよいよデートの当日を迎えた。芽衣は早苗の正体に気づいていない。一方、春原は早苗を渚の姉だと信じている。
朋也と芽衣がついた嘘について何も言わない春原。変わってしまった兄に対し、芽衣は「またサッカーを始めれば、以前の兄に戻ってくれる」という思いを抱く。春原の現状に頭を悩ませながらも、兄を慕っていた。
春原の住む男子寮の寮母になった美佐枝。春原は美佐枝のネコを勝手に売ろうとして、美佐枝にお仕置きされてしまう。名前もないそのネコは、いつの頃からかずっと美佐枝のそばにいるようになっていたのだ。
志麻は美佐枝の真剣なお願いを聞きたいがために、今日も学校の校門で待っていた。しかし前日のことがあってか、美佐枝は学校を休んでいた。志麻の様子から美佐枝の失恋を知ったサキとユキだったが…。
性格は温厚で、成績は優秀、さらにスポーツも得意な有紀寧。朋也と渚と春原は、資料室に今日もいる有紀寧を訪ねる。いつものように有紀寧のもてなしを受けていると、そこへ突然けがをした男がやってきた。
今日も図書室に付属する資料室に駐留する有紀寧は、須藤たちの喧嘩のことで寝不足気味だった。「誰かに膝枕をしてもらうと、ぐっすり眠れるというおまじないがある」ということで、渚は朋也の膝枕を提案する。
みんなが本格的に進路を考える時期が訪れ、三者面談が始まった。そんななか、渚は進学せずに就職を希望していた。一方、朋也は、渚から進路について聞かれるのだが、ごまかすばかりなのだった。
渚を残したまま卒業を迎えた朋也。進学も就職もせず、やることが何も見いだせない朋也に対し、秋生と早苗は古河パンで働かないかと声をかける。一方、留年した渚は、3度目の3年生を迎えていた。
朋也は電気工事会社で仕事を始め、芳野の厳しい指導を受けながら毎日頑張っていた。渚はそんな朋也が心配になり、毎日様子を見にきている。朋也は、渚がそばにいるということが心の支えになっていた。
一念発起して芳野を頼って電気工となった朋也は、仕事にも慣れてきた。そんな朋也を温かく見守る渚だが、ひとつだけ気がかりなことがあった。それは、朋也の父親のこと。しかし、朋也は父親の話題を避けようとする。
朋也は古河家を訪れると、父親の件を謝った。そんな彼を早苗は温かく迎えてくれた。自分のことを心配し、変わらずに接してくれる渚の母・早苗の優しさに、朋也は改めて感謝の気持ちでいっぱいになる。
留年して通っていた高校を無事に卒業した渚は、朋也と2人の生活をスタートさせた。2人は互いに支えあい、助けあっていこうと誓う。渚は少しでも役に立ちたいからと、仕事を探すと言いだすのだが…。
互いに支えあって暮らしている朋也と渚。そんな2人に訪れたニュースを聞いた渚の父・秋生と母・早苗は祝福する。朋也は自分の責任の重さを改めて実感するのだった。そして、めまぐるしく時間が経過する。
渚には早苗が付き添っていたが、秋生も頻繁に様子を見にきていた。みんなが渚のためにできる限りのことをしている。そんななか、朋也も不安な気持ちを隠し、日々の仕事に精一杯打ち込んでいた。
朋也は朝起きて仕事先に出かけ、仕事が終わると食べて寝る、その繰り返しの毎日を送っている。平日は仕事に打ち込み、休日には暇を潰すために金を使う朋也は、今はただ惰性のように生きていた。
愛娘の汐と2人で旅行に行くことになった朋也だが、2人きりで過ごすのは汐が生まれてから初めてのことだった。気まずい空気が漂うなか、落ち着かない朋也は列車の中で騒いでいる子供を怒鳴りつけてしまう。
初めて2人で出かけた旅行を終え、朋也と汐は古河家に帰ってきた。渚の部屋に入ると、朋也は早苗にそれまでのことへの謝罪と、感謝の気持ちを伝える。そして、朋也と汐は2人で暮らし始めるのだった。
温かい周囲の人々の助けを借りながらも、それまでの時間を埋めるように、朋也は汐との時間を大切に過ごしている。そんなある日、汐の担任の先生へ挨拶をするため、2人は幼稚園へ向かうことにした。