タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

じょしらく

| 2012年
見放題
5人の女子落語家のどうでもいい日常会話から広がる壮大なトークは爆笑間違いなし!
見どころ
「さよなら絶望先生」の久米田康治作のコミックを原作に、女子落語家たちのゆるゆるトークを描くコメディ。桃黒亭一門ことももいろクローバーZが歌うEDも楽しくて必聴!
ストーリー
落語の出番を終えた落語家ガールズは、5人集まって楽屋でひと息。そんな時、誰かが何気ない日常に感じた疑問やどうでもいいひと言をつぶやくと、いつもみんなで真剣に考え始める。話はどんどん面白おかしく転がっていき、やがて収拾がつかないスケールに!?
ここがポイント!
彼女たちが私服を披露する1話「ふく違い」や、水着回の11話「親子芝居」は必見。
2019年8月31日 23:59まで配信
©久米田康治・ヤス・講談社/女子落語協会

エピソード

  • “普段どおり”というのがこの日の話のテーマ。普段していること、普段着ている服、普段食べている物などに話は転がる。しかし、最後にはなぜか魔梨威があることをされてしまい…。(「普段問答」)
    24 分
  • もし宝くじに当選したらどうするかという問いに、借金の返済、行方不明の母親の捜索などが挙げられた。本来なら夢のある話だが、皆の抱える深刻な事情が次々と明らかになって…。(「楽屋の富」)
    24 分
  • バレンタインまでは、あと6カ月も先のこと。まだまだ先の話だが、皆で誰にチョコをあげるかという話題で盛り上がっている中、魔梨威だけはチョコはもらう物だと言いだして…。(「無情風呂」)
    24 分
  • 雨が降っていた、ある日。丸京は立て続けに「眼鏡が曇って大変だね」と言われてしまう。何度も言われ、とうとうキレてしまった丸京は魔梨威を殴ってしまった。魔梨威もそれに抗議し…。(「眼鏡小娘」)
    24 分
  • 苦来は高座から戻ると、いつも以上に情緒不安定な様子で取り乱し始めてしまう。そのことから暗くなってしまった場の空気を換えようと、手寅は皆でクリスマスパーティーをしようと提案する。(「娘ほめ」)
    24 分
  • 丸京は前回で無理やり卒業させられてしまったのだが、何とか楽屋に戻ろうと考える。しかし、丸京は魔梨威たちが4人のほうが楽しいと、笑い合っているところを目撃してしまう。戻り損ねた丸京は…。(「四枚起承」)
    24 分
  • ひな人形を片付け忘れていた5人は、嫁に行き遅れると大慌てだった。何とか早く結婚しようと、あの手この手を使っていた。そんな中、なぜか魔梨威が引きこもりになってしまい…。(「ヤンキー怖い」)
    24 分
  • 新年を迎えた魔梨威たちは、お年玉の入ったポチ袋を5つも貰って喜んでいた。まだポチ袋の中身は分からないということで、皆であみだクジを使ってお年玉を選ぼうということに。(「こがね袋」)
    24 分
  • 5人は子供でも楽しめる寄席を考えて来てもらおうと、子供向けサービスを考える。試行錯誤した結果、子供にはお尻が受けるということに。どうにか魔梨威にお尻を出させようと企むが…。(「しりとてちん」)
    24 分
  • なぜ日本でハロウィンを祝うのか、5人は疑問に思う。すると、5人は日本風のハロウィンを模索し始めるのだった。しかし、色々考えていくうちに変な方向へと迷走してしまい…。(「唐茄子屋楽団」)
    24 分
  • 魔梨威たちはバカンスを楽しみたいという気持ちから、楽屋に海グッズを無理やり持ち込んで満喫することに。それぞれで水着談義も始まり、そのうち丸京と木胡桃が2人羽織をし始めて…。(「親子芝居」)
    24 分
  • 手寅たちは年明けから不幸に見舞われている苦来を励まそうと考える。良い初夢が見られるようにと、夢芝居を打つことに。しかし、その芝居の内容から苦来は逆に脅えてしまう。(「夢見の仇討ち」)
    24 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ