観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

母をたずねて三千里
涙なくしては見られない!高畑勲・宮崎駿の両巨匠が生み出した、世界名作劇場の傑作!
|1976年
見放題
第1話を再生(25分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
「フランダースの犬」に続き製作された世界名作劇場の第2弾。苦難の旅を続けるマルコと、マルコに関わる人々のドラマを、高畑勲監督が深い洞察に裏付けられた演出で描く。
ストーリー
出稼ぎに発った母を追って、少年マルコはジェノバを旅立つ。リオからブエノス、バイアブランカ、ロサリオ、コルドバ…。マルコは行く先々でさまざまな人たちと関わる。手を差し伸べてくれる者、冷たく拒絶する者。時には希望を失いかけるマルコだが…。
エピソード
全52話
ジェノバに住む9才の少年マルコは、家族で出かけるピクニックに心弾ませる。だが、それが遠いアルゼンチンへと出稼ぎに行く母親との最後のひと時であることを、まだ知らなかった。
アンナの旅立ちから、はや1年が経っていた。今日は、鉄道学校へ行っているマルコの兄・トニオがひさしぶりに帰ってくる日だ。マルコは市場へごちそうの買い出しに走る。
マルコはジーナおばさんから急ぎの手紙の配達を頼まれる。手紙の宛先はジェノバの端から端。午後を回ってようやく戻ったマルコにジーナは、父たちが先に行っているとの伝言を教えてくれた。
マルコは早く一人前の仕事をして、母・アンナが家に帰れる事に役立ちたかった。だが父は、いつも自分を子供扱いして話を聞いてくれない。そんなある時、マルコは同級生が、家計を助けるため働いていた事を知る。
マルコはエミリオに、瓶洗いのジロッティさんを紹介してもらい、瓶洗いの仕事を始める。父ピエトロは、最近のマルコとの関係を修復しようと、世界地図を買ってきた。思わぬ贈り物に喜ぶマルコだった。
母が不幸に見舞われる夢を見たマルコ。夜明け前、入港する定期船の汽笛を聞いたマルコは港へ走る。ところが、定期船の船荷にアンナからの手紙はない。マルコは母の身を案じる。
マルコは学校を休んで引っ越しを手伝うという。父たちは、自分の手でしたいという気持ちを汲み、承知する。海が見える建物まで行こうと考えたマルコは、人形を操っている女の子に出会う。
人形芝居のペッピーノ一座に参加したアメディオは、客の喝采を浴びる。ペッピーノはお礼にと、マルコを夕食に招待。ペッピーノは、軽率にもアルゼンチンへ連れて行ってくれるとぶち上げる。
母のいる南米へ行こうと考えるマルコだが仕事を失ってしまう。一座もコンチェッタが風邪に倒れ、南米行きは無理という。父の親友を案内するため病院に行った時、重体の患者が運び込まれる。
風邪をおして街頭に出た一座のコンチェッタは倒れ、病状も悪化してしまう。通り掛かったマルコは、苦しむコンチェッタ、そして熱を出したペッピーノのために、診療所に相談に行く。
働き者の母親の葬式を見たマルコは、遠い地の母を案ずる。フィオリーナは、家族を助けようとひとり人形芝居に取り組む。客に野次られる彼女をマリオネットで励ますマルコ。やがて起こる歓声。
エミリオが飛行船の興業に、アイスクリームを作って売ろうと持ちかけた。突然の雷雨で、一時は興業中止と思われたが天候回復。アイスクリームの売り上げの一部をマルコに渡すエミリオ。
フィオリーナは、マルコもアルゼンチンに行けると嬉しそうだった。だがレナートは、金をだまし取る目論見で、約束は破られてしまう。ペッピーノ一座旅立ちの時、ぎりぎりで見送りに間に合う。
父にアルゼンチンへ行かせてほしいと頼むマルコは、移民船に乗るつもりだったと明かす。父は自分が行くべく、仲間の医師たちに相談する。その頃マルコは、フォルゴーレ号への密航を決意する。
ジーナに港の定期船を調べてもらうピエトロ。翌朝マルコの部屋の世界地図がないことに気付き、愕然となった。一方、マルコの密航は、トイレを我慢仕切れなくなってレオナルドに発見される。
健気さに心打たれたコック長のもとで働く事になったマルコ。初めて見た船上での夢は、母と家族が再会する素晴らしいものだった。ロッキーは、マルコに船の生活や習慣、幼い頃の話をする。
フォルゴーレ号は、大西洋に乗り出していた。マルコも次第に船での生活に慣れて、船員たちと厳しくも楽しい旅が続いていた。そんなある夜、船の赤道通過を祝した赤道祭が行われた。
リオデジャネイロ到着は目前。ブエノスアイレスへの貨物船へマルコが乗り換える日が近付いている。マルコをいたく気に入っていたコック長は、手放したくないとチェーザレに当たり散らす。
マルコの気持ちを察したロッキーたちは、ブエノスへ向かう別の船を探してくれた。だがマルコは、船内の疲れ果てた人々の姿に驚いた。船は病人続出のため、リオに立ち寄っていたのだった。
出航して6日目、マルコはブエノスアイレスを想像していた。レナータの体調も回復して、今日の日も何事も無く終わるかに思えていた。ところが天候が一変し、強風と波は容赦なく船を襲う。