観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

ハヤテのごとく!
ハートフルというにはブラックすぎる?老若男女誰もが楽しめる傑作コメディ!
|2007年
見放題
第1話を再生(24分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
ひょんなことから執事になった少年と大富豪の美少女を中心に描くラブコメディ。
ストーリー
両親のせいで多額の借金を背負った綾崎ハヤテは、借金取りから逃げだしたその先で、超がつく大金持ちの三千院ナギと出会う。偶然が重なり彼女に惚れられたハヤテは、借金の肩代わりをしてもらう代わりに三千院家の執事として雇われるのだった。
エピソード
全52話
クラスメイトから誘われたクリスマスイブパーティーにお金がなくて参加できない綾崎ハヤテ。そんな彼に突然のバイトクビ命令…。綾崎ハヤテの波乱の日々が幕を開ける!
メイドのマリアにハヤテを自分の執事にしようと相談を持ちかけるナギ。昨日、ハヤテが悪い人たちから自分を守ってくれたこと、告白されたことが影響していた。だが、それは大いなる誤解だった。
ハヤテの両親が作った借金1億5千万は、ナギが肩代わりすることになった。無利子、無担保、出世払いとはいえ、三千院家の執事として働き、完済するのはいつのことやら…!?
ナギはお金持ちが通う有名名門校である白皇学院の生徒だった。そんなナギが、お弁当を忘れてしまった。ナギにお弁当をお届けに向かったハヤテは、果たしてナギに無事渡すことができるのか?
学校にナギを送り出すため、執事の仕事をするハヤテ。朝食を済ませ、制服を着替えて学校に登校するかと思いきや、二度寝宣言をして部屋に戻ってしまったナギ。そこに一本の電話がかかってきた。
伊澄がナギの家に遊びに来た。ナギは、伊澄が迷子になると予想していたのだが、意外と早くに遊びに来れた。伊澄は迷子になったのに来れたというのだ。ハヤテが連れて来てくれたらしい。
ワタルは、ナギの許婚であった。そのことを必死にハヤテに否定するナギ。一方、ナギではなく伊澄のことが好きなワタルも許婚という関係だけで、ナギに対して恋愛感情を持ってなかった。
学校に向かう咲夜に対し、ナギはまだ伊澄が寝ているという理由で、学校をサボろうとしていた。その気持ちの裏には、少しでも多くハヤテと一緒にいたいという気持ちの表れだったのだ。
何と、ハヤテがナギの送り迎えをすることになった。ハヤテの自転車の後ろに座り、まんざらでもない様子のナギ。そんなとき、ナギが学校にノートを忘れて、ハヤテが夜の学校に取りに行くことに。
部屋でレトロゲームをしているナギと、そばに座っている咲夜。その「レアなゲーム」のひどさを突っ込むと…、ゲーム画面にふたりを逆なでするメッセージが! ゲーム機から煙がたち昇り…!?
三千院家の本宅に行くことになったナギとハヤテとマリア。なぜかヘリコプターに乗り込んでいた咲夜と共に本宅に向かった。本宅にいるナギのおじいいさまとは一体どういう人物なのか?
小学校の頃、自分の将来について書いた作文を読み上げている夢を見たハヤテは、マリアに将来の夢を尋ねる。そんなハヤテの様子を心配するマリア。一体、ハヤテの将来の夢とは何なのか?
ハヤテは西沢さんに変な断り方をした自分を反省していた。そんな中、届いた郵便物をナギへ届けに行くハヤテ。その郵便物はハヤテの白皇学院編入手続きの書類だった。驚きを隠せないハヤテは…!?
白皇学院の編入試験も終り、早くも合格祝いパーティーをやることに。雪路の試験妨害など様々なことがあったが、ハヤテには合格している自信はあった。
マリアのおかげで白皇学院に編入できたハヤテ。一夜明け、生徒手帳を見て改めて夢ではないと確認し、思わず喜ぶハヤテ。そんなハヤテにナギは自分のクラスと同じになれるかの心配をしている。
東宮と剣道勝負をすることになったハヤテ。自分は戦わないという軟弱な姿勢に対し、野之原に怒られる東宮。東宮の情けなさにヒナギクは止めに入るが、それが功を奏して、自らも戦う決意をする。
ナギはマンガ賞に落選してしまった。賞の審査員からは「人生経験が足りない」とコメントされていた。マリアは、お金だけではどうにもできないことがあるということを学べるいい機会だという。
白皇学院の臨海学校に行くことになったハヤテ。そして着いたのが白皇学院の臨海学校専用の島である白皇島。参加者たちは雪路の命令で水着に着替えてプールサイドに集合する。
ナギが借りたDVDを取り立てるついでにワタルは、サキが元気がないことをハヤテに相談した。自分がサキの誕生日を忘れていたことに落ち込んでいたのかも、と思い当たるものがあったのだ。
夏休みに必殺技を取得しようと考えていたハヤテ。そこで、何か必殺技に関する本がないかと屋敷の書庫に行ってみると、ふと目にした棚に「三千院家の奥義書」という本が置かれていた。