タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

MONSTER

| 2004年
見放題
「20世紀少年」の浦沢直樹の傑作ミステリーコミックをアニメ化。
見どころ
深夜枠では珍しい全74話という長期放映で、原作に限りなく近い形でアニメ化された本作。浦沢直樹がリアルに描いた東西ドイツ統一前後の空気感も見事に表現されている。
ストーリー
ドイツの病院に務める日本人天才医師・天馬賢三は重傷を負って搬送されて来た少年・ヨハンの命を救う。しかし、それは病院上層部の意思に背いた行動だった。テンマは病院内で政治的窮地に立たされるが、彼を失脚させようとした幹部たちが次々と怪死し…。
2018年2月16日 23:59まで配信
©浦沢直樹(Studio Nuts)/小学館・VAP・NTV
  • アイスラー記念病院の脳神経外科医・テンマは、瀕死の重傷を負った双子の1人・ヨハンという名の少年を手術する。ところがその行為は、入院した市長を優先しろと言う院長の意思に背くものだった。
    23 分
  • 天才と称される腕前のテンマはヨハンの手術を無事に成功させたが、市長の死によって政治的窮地に追い込まれてしまう。院長の娘・エヴァとの婚約も破棄されたテンマは、ヨハンの担当も外された。
    23 分
  • テンマを失脚させようとした幹部たちが次々と怪死するという事態が発生し、テンマは逆に外科部長に昇進する。ルンゲはテンマに疑惑の目を向けるが証拠は何も出てこない。そして9年が経過して…。
    23 分
  • 誰かに追われるようにユンケルスが病室を抜け出した。追いかけたテンマは、そこで9年前に命を助けた双子の兄・ヨハンと再会する。ヨハンは、病院幹部たちを殺害したのは自分だと衝撃の告白をした。
    23 分
  • ニナは勉強、サークル活動、アルバイトに励む明るい大学生だった。ある日、彼女の元に差出人不明のメールが届く。その頃、ヨハンの手掛かりを追っていたテンマは、ミュンヘンで1人の老人と会っていた。
    23 分
  • テンマは新聞記者・マウラーの協力を得て、9年前にヨハンがフォルトナー家にいた事実を掴む。一方、ニナは10歳以前の記憶を思い出すため、メールの差出人に会うべくハイデルベルク城へと赴くが…。
    23 分
  • テンマとニナはフォルトナー宅にて夫妻の死体と対面。悲しむ間もなく、通報を受けた2人の刑事が現れる。保護されて警察署に向かうが、刑事たちの挙動を不審に思ったテンマはニナを連れて川に飛び込んだ。
    23 分
  • ニナがテンマに書き置きを残して姿を消した。テンマは病院勤務に戻ったが、ある決意を胸に秘めていた。そんな中、エヴァの証言からテンマへの疑惑をさらに強くしたルンゲはテンマの逮捕に向かう。
    23 分
  • 自らの手でヨハンとの決着をつけるため、テンマはフランス外人部隊出身の傭兵・ベルンハルトに銃の撃ち方を習う。ベルンハルトは東洋人の少女と共に暮らしていたが、彼女の母親は自分が射殺したのだと言う。
    23 分
  • ヨハンの足跡を追ってフェルデンのシュプリンガー市議会議員邸に侵入したテンマは、そこでコソ泥のヘッケルと出会う。犯人の家を知っていると言うヘッケルに案内されたテンマは、銃を手にした中年の男と対面する。
    23 分
  • ベルリンに来たテンマは、ヨハンとアンナの育て親だったリーベルト夫妻の屋敷を訪ねる。夫妻は双子を「511キンダーハイム」から引き取ったと夫妻から教えてもらうが、現在そこはすでに廃墟と化していた。
    23 分
  • ハルトマンは里親として預かっている少年・ディーターを虐待していた。ディーターを救出して引き取り先を探すテンマは、アンナのことを知る女性と出会う。彼女は「511キンダーハイム」の恐るべき過去を語った。
    23 分
  • ディーターを伴い旅を続けるテンマはポーザー村で診療所を営むシューマンに出会う。村人を診療する中で、テンマはシューマンのけんか友達にくも膜下出血を見つけた。設備の無い診療所で緊急手術を始めるが…。
    23 分
  • 売春婦殺人事件である議員秘書に接触したルンゲだが、強引な捜査方法のため、その秘書を自殺に追い込んでしまう。一方、エヴァは遊びで誘った庭師に引かれていたが、クリスマスの夜、予期せぬことが起こる。
    23 分
  • ヨハンの居場所を知るという極右の大物「赤ん坊」に会うため、ニナはフランクフルトの酒場に潜入した。一方、フォルトナー夫妻を殺害した元刑事・メスナーからこのことを聞き出したテンマは、ある組織の存在を知る。
    23 分
  • 赤ん坊一味に拘束されたテンマはヴォルフの部下に助けられる。そして、ヴォルフはヨハン殺害をテンマに依頼。ゲーデリッツの屋敷に連れ込まれたニナは、極右の組織がトルコ人街を焼き払おうとしていることを知る。
    23 分
  • テンマはトルコ人焼き討ち計画を阻止すべく、ヴォルフの意に反しフランクフルト市内へ向かう。ニナもまた市内へ急ぎ、やがてヘッケルの情報から、火を放つ場所は川べりの工場跡が本命だとにらむが…。
    23 分
  • ニナの身元保証人として警察に現れた男・ロッソは、以前ニナが働いていたイタリアンレストランの店主だった。ニナのことを調査したというロッソは、自分に近づいた真意をニナに尋ねた後、自らの過去を語る。
    23 分
  • ヨハンの手掛かりを追うテンマは大学の同級生で犯罪心理学の権威、Dr.ギーレンを訪ねるが、ギーレンはテンマを連続殺人事件の犯人と断定して警察に通報する。ギーレンは、怪物は人の心の中にいると主張するが…。
    23 分
  • フライハムへ向かうテンマとディーターは、イギリスから来た老夫婦・ジョーンズとレイアの車に乗せてもらう。元警官だと言うジョーンズを警戒するテンマとディーターだが、旅を続けるうちに4人は打ち解けていく。
    23 分
  • ニースの豪邸で優雅な日々を送る元刑事のミュラーは、探偵にテンマやニナの足取りを調べさせていた。そんな中、ミュラーはボディーガードのロベルトに「自分の人生を変えたのは1本の電話だった」と打ち明ける。
    23 分
  • ハンブルグで連続中年夫婦殺害事件と思われる出来事が発生。連邦捜査局のルンゲ警部は一連の事件とは無関係だと確信していたが、地元有力紙の取材に対し、「犯人は一連の事件と同一だ」と答えるのだった。
    23 分
  • 酒びたりの日々を過ごすエヴァの前に現れた男・ロベルトの目的は、エヴァの持つアルバムにあるヨハンの子供の頃の写真だった。ロベルトは、「その写真を渡したらテンマの居場所を教える」と言う。
    23 分
  • テンマはフュッセン近くの山荘で、男の傷の手当てをしていた。彼は5年前に裏社会で起きたある事件のことを話す。その事件にテンマはヨハンの影を見ていた。一方、山荘へ続く道にエヴァとロベルトの姿があった。
    23 分
  • 目の不自由な大富豪・シューバルトは、曜日ごとに違う男子大学生を雇って本を朗読させていた。火曜日担当のカールは、シューバルトが自分の父親かも知れないと思っていた。やがて彼はある事実を突き止める。
    23 分
  • 木曜日の青年・ファーレンは自殺していた。シューバルトからファーレンの調査打ち切りを命じられた元刑事の探偵・リヒャルトだが、死因に疑問を抱いて調査を続ける。一方、ヨハンもこの件で行動を起こし…。
    23 分
  • リヒャルトには刑事時代に酔っ払って殺人犯の少年を刺殺した過去があった。彼はアル中から立ち直るため、ライヒワインのカウンセリングを受ける日々を送っている。現在の楽しみは別れた娘に会うことだけだった。
    23 分
  • リヒャルトはシューバルトから調査の中止を宣告されるが、息子候補だったファーレンの自殺に疑問を抱いて未解決事件のファイルを調べる。そこで、テンマが犯人とされている中年夫婦殺人事件に関して疑念が浮かぶ。
    23 分
  • ヨハンの動向を監視するリヒャルトから一連の事件に関する相談を受けたライヒワインは、大学教授時代の教え子であるDr.ギーレンに協力を頼む。一方、ヨハンはある方法でリヒャルトを誘い出す。
    23 分
  • リヒャルトは酒に酔って事故死したとされたが、これに疑問を抱き調査を始めたライヒワイン。ギーレンは彼に、テンマを探し出せば謎が解ける可能性があると告げた。やがて事件当夜のリヒャルトの行動が明らかとなる。
    23 分
  • テンマはロベルトに襲われたライヒワインを間一髪で助け出し、彼の案内でシューバルトの秘書をしているヨハンを確認する。一方、ギーレンを訪ねたルンゲは、テンマがミュンヘンにいることを掴んだ。
    23 分
  • ロッテは大学の図書館で、未解決の殺人事件を調査中のニナと出会う。彼女はニナの顔がヨハンの顔にそっくりだと気付く。その頃、テンマは高性能の狙撃銃を手に入れ、トレーニングの日々を送っていた。
    23 分
  • 子供の転落死事件が相次いだ。命を取りとめた少年・マルティンは、ビルの屋上での遊びはヨハンから教わったとディーターに告白する。ヨハンは、「自分はもうすぐ日本人に撃ち殺される」と語っていたと言う。
    23 分
  • ヨハンの元に、マルゴット・ランガーに成り済ました「赤いヒンデンブルグ」と名乗る娼婦から脅迫状が届いた。一方、テンマはヨハンの手掛かりを掴むべく、ルンというベトナム人のモグリの女医に会う。
    23 分
  • ルンゲはテンマと親交のあった日本人たちと会い、テンマ自身に成り切ろうとする。一方、ライヒワインとギーレンはついにヨハンの正体に気付く。その頃、テンマは狙撃銃を手に大学図書館の本棚の上に潜んでいた。
    23 分
  • ライヒワインからヨハンの正体を聞いたシューバルトは、「怪物を倒せるのはさらなる怪物だけだ」と言う。大学図書館へ向かうシューバルト、ニナ、ライヒワイン、ルンゲ、ヨハン。ついに、セレモニーは始まる。
    23 分
  • ヨハンが読んでいた絵本をロッテがニナに見せた。ニナには昔誰かに読んでもらった記憶がある。自分が誰なのか自問するニナはヨハンに会うため大学図書館へ向かう。同じ頃、銃を構えるテンマがヨハンの姿を捉えた。
    23 分
  • ロベルトを倒したテンマはヨハンを探し、猛火に包まれる階下のセレモニー会場へと急ぐ。壇上には、シューバルトに向かって「自分が見えるか」と迫るヨハンの姿があった。テンマとヨハンがついに対峙する。
    23 分
  • ヨハンに銃弾を放ったのはテンマでなくニナだった。ヨハンは猛火に紛れて再び行方不明となり、彼が借りていた部屋にもその姿はなかった。一方、シューバルトはテンマに向けた衝撃的な伝言をカールに託す。
    23 分
  • 511キンダーハイムでの虐待事件を調査しているジャーナリストのグリマーは、かつてスパイ活動をしていた。プラハ行きの急行列車にテンマと乗り合わせたグリマーは、警察から追われるテンマのために一肌脱ぐ。
    23 分
  • 511キンダーハイムの元院長・ペドロフから実験結果の行方を聞き出そうとするグリマーは、見知らぬ男たちに襲われる。再びペドロフを訪ねたグリマーは、そこで多くの子供たちと暮らすペドロフの姿を確認した。
    23 分
  • 殺されたペドロフの第1発見者として、グリマーが事情聴取を受ける。警部のゼマンは、ペドロフが死ぬ直前に何か言い残したのではないかと疑う。実は、グリマーは実験データがある貸し金庫の鍵を託されていた。
    23 分
  • ゼマン警部の殺害現場を捜査するヤン・スークは、刑事ドラマに憧れて警察官になった新米刑事だ。尊敬していたゼマンを殺した犯人を捜すスークは、行きつけのバーで金髪の美しい女性と知り合いになるが…。
    23 分
  • プラハ署の署長以下3人が毒殺された。ゼマンや署長までもが旧チェコスロヴァキア秘密警察との癒着事件に関わっていたとの事実にスークは落胆するが、一連の事件の鍵を握ると思われるグリマーを探し始める。
    23 分
  • チェコ警察は、一連の殺人事件の容疑者としてグリマーとスークに疑いの目を向けていた。疑われているとは知らないスークは真実を知るためグリマーと再会し、ペドロフの貸金庫の中にあった録音テープを一緒に聞く。
    23 分
  • スークの部屋でプラハ警察の刑事が殺され、スークは容疑者として追われる身となる。その記事を読んだテンマは全てヨハンの仕業だとにらむ。その頃、スークは少年の頃に遊んだ廃屋に隠れていたが…。
    23 分
  • ニナは見知らぬ人たちに「アンナ」と呼びかけられて困惑する。一方、病院から消えたスークを探すテンマとグリマーに、旧チェコスロヴァキア秘密警察のランケ大佐が接触し、テープと資料を渡せばスークを戻すと言う。
    23 分
  • テープは入院中のスークの母親に預けてあった。そこへ金髪のロングヘアの女性が面会に来たことを知らされ、テンマたちは慌てる。しかし、テープはスークの母が持っており、録音されている内容が明らかとなる。
    23 分
  • グリマーの無実を晴らそうと養護院の子供たちが「金髪の女」の行方を追うが、ミローシュが行方不明になった。テンマとグリマーはミローシュを探すが、その頃ミローシュは金髪の女と会っていた。
    23 分
  • 「赤いバラの屋敷」に到着したルンゲは屋敷の中に何かを塗り込めた壁があることに気付く。壁を壊し、隠されていた部屋に入ったルンゲは、双子の母親の肖像画を発見。この部屋で何があったのかを考える。
    23 分
  • 行方不明になっているマルゴットを探すシューバルトは、「3匹のカエル」の看板の部屋を訪ねる。そこでマルゴットの親友と思い出を語り合ったシューバルトは、その女性の陰に双子がいることに気付いた。
    23 分
  • 12回の脱走歴を誇る脱獄王のミルヒ。留置所に収監されたテンマはある日ミルヒを診察するが、一目で仮病を見抜いた。一方、テンマの弁護を引き受けた弁護士・ヴァーデマンには複雑な過去があった。
    23 分
  • テンマに接見した弁護士・パウルの正体はロベルトだった。彼はテンマに「エヴァを殺す」と告げる。脱走しようと言うミルヒの申し出を了承するテンマは、一連の殺人事件に関して全てを認める供述を始めた。
    23 分
  • ミルヒが脱走計画を立てていた中、テンマとミルヒを乗せた護送車が拘置所に向かう途中、ミルヒの弟分、グスタフをひいてしまう。一方、ロベルトは弁護士のパウルに成り済ましてエヴァに近づこうとするが…。
    23 分
  • テンマはロベルトからエヴァを守るため護送車から脱走するが、エヴァが宿泊していたホテルの部屋は無人だった。ヴァーデマンを訪ねたルンゲは、彼の父親と旧チェコスロヴァキア秘密警察との関係を問う。
    23 分
  • テンマはヴァーデマンからのメモを頼りにチェコ国境の「赤いバラの屋敷」へ向かう。ニナはかすかな記憶を頼りテンマより先に赤いバラの屋敷にたどり着くが、壁に隠された部屋の扉を開け、その場に倒れてしまう。
    23 分
  • 「赤いバラの屋敷」で気を失ったニナを助けたのは人形使いのリブスキーだった。ニナはリーベルト夫妻が殺された日の出来事を思い出す。一方、テンマもたどり着いたが、赤いバラの屋敷は焼け落ちていた。
    23 分
  • 銃で撃たれたマルティンは車の後部座席で瀕死の状態だった。彼はこの仕事を引き受けたことを後悔していた。2カ月前、赤ん坊に連れられ眼鏡の男を訪ねたマルティンは、エヴァの護衛を依頼されたのだった。
    23 分
  • マルティンは自らの意思でエヴァの護衛を決意するが、組織から依頼されたエヴァの仕事は終わった。エヴァを殺すことのできないマルティンは、エヴァがパーティー会場で指差した金髪の若い男を尾行するが…。
    23 分
  • マルティンはエヴァに銃を向けるが引き金を引くことができない。すでに2人には組織の追っ手が迫っていた。駅で落ち合う約束をし、マルティンはエヴァを逃がす。やがて銃で撃たれたマルティンはテンマの元へ向かう。
    23 分
  • 「赤いバラの屋敷」を訪ねては記憶を取り戻そうとしたニナはミュンヘンに戻り、催眠療法により全てを思い出す。プラハでは、ヴァーデマンとスークが、かつて「朗読会」に参加していた5人に事情聴取を試みていた。
    23 分
  • フランクフルトでチャペックを監視するテンマだったが、警察に見つかり逃走する途中、トラックにはねられてしまう。意識を失ったテンマを助けたのは旧トルコ人街に暮らすミランという歯科医の男だった。
    23 分
  • 定年間近のヴァイスバッハ警部の最後の仕事は、連続殺人犯・ディンガーの護送だった。ヴァイスバッハは移動中の列車の中で、ディンガーから「頭に包帯を巻いた男の子に後押しされ犯行に至った」と聞かされる。
    23 分
  • フランクフルトの極右の大物「赤ん坊」が浮かない顔をしている。把握できなくなったヨハンの行動、そして組織の統率者の後釜に座ろうとしているのは無能なクリストフ。これらが彼を憂鬱にさせていた。
    23 分
  • ヨハンの居場所を掴むため、ニナはチャペックの元へ赴く。チャペックと行動を共にしていた青年・クリストフを追うテンマはあるアパルトマンにたどり着く。その部屋でクリストフを待っていたのはエヴァだった。
    23 分
  • チャペックと共にヨハンの元へ向かうニナ。その車中でチャペックはヨハンとニナの出生の秘密を語る。2人はある計画に基づいて産まれてきたこと、その計画の首謀者がフランツ・ボナパルタであることを明かした。
    23 分
  • ニナがヨハンに銃口を向ける。そして、「3匹のカエル」の部屋から連れ去られ、「赤いバラの屋敷」の真っ暗な部屋に監禁され、パーティー会場で多くの死体の中に立ち尽くしていたことを彼に話した。
    23 分
  • 1枚の絵葉書を頼りにルーエンハイムという田舎町にたどり着いたルンゲはホテルに部屋を取り、地元の警察署を訪ねて重大事件が起きる可能性を示唆する。一方、ルンゲが泊まるホテルに、ある男が訪ねてきて…。
    23 分
  • 町に銃声が響く。怒りに支配された人々に銃を配っていたのはルンゲと同じホテルに宿泊する老夫婦だった。一方、プラハにいるテンマはボナパルタの息子・リブスキーに会い、ボナパルタの居場所を尋ねた。
    23 分
  • ルーエンハイムで人々が殺し合いを始める中、ルンゲとグリマーは、ヨハンの目的はボナパルタであることを本人に突き付ける。ミュンヘンではヨハンと思われる人物からニナへ、ルーエンハイムで待つとのメールが届く。
    23 分
  • 殺戮をあおる一味に指示を出している人物の居場所を突き止めたルンゲは、向かう途中で再会したテンマに謝罪した。その頃、ホテルに立てこもっていたグリマーやボナパルタたちは激しい銃撃を浴びせられていた。
    23 分
  • ルンゲはロベルトを逮捕するため突入した。グリマーの最期を看取ったテンマは、ボナパルタを伴い全てを終わらせるべく、ルンゲの元へ向かう。その間、ボナパルタはリーベルト夫妻が殺された夜の出来事を語る。
    23 分
  • ヨハンに銃口を向けるボナパルタを瀕死のロベルトが撃つ。ロベルトは、終わりの風景を見せてくれと言って息を引き取る。やがてテンマはついにヨハンと対峙。銃を向けるテンマに対し、ヨハンは自らの額を指差す。
    23 分
  • 事件に関わった人々はそれぞれ新たな生活を始めていた。潔白が証明されたテンマは国境なき医師団に参加しつつ、双子の母の消息を突き止める。その後、テンマは一命を取り留めて眠り続けるヨハンを病院に訪ねるが…。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ