タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

BLEACH

| 2004年
見放題
「週刊少年ジャンプ」連載の人気コミックをアニメ化した剣戟バトルアクション!
見どころ
原作は累計発行部数8600万部を超える大人気漫画。アニメ化に加え舞台化、さらに実写映画の展開も。今なお多くのファンを魅了し続けている。
ストーリー
幽霊が見える以外は普通の高校生・黒崎一護。死神・朽木ルキアから力を譲渡されたことで死神代行として虚(ホロウ)退治を請け負うことに…。死神の力を手にした一護は尸魂界(ソウル・ソサエティ)の動乱に巻き込まれ、し烈な戦いのなか成長を遂げていく。
2019年5月1日 23:59まで配信
©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
  • 幽霊が見える高校生・黒崎一護。ある日、一護は化け物が女の子を襲う光景を目の当たりにする。そこで、女の子をかばって逃がそうとするが、化け物は一護に襲い掛かってきた。その時、黒装束の少女が現れ…。
    22 分
  • 死神と化した一護がホロウを撃退した翌朝、一護の家族は昨夜の事件を少しも覚えていなかった。一護は不思議な感情を抱きながら登校し、転校生してきた昨夜の死神・朽木ルキアと再会を果たすのだった。
    22 分
  • ホロウとなった織姫の兄が、妹・織姫の魂を狙っていた。一護は、急いで織姫の家を目指すが、すでにホロウは織姫の家に現れていた。織姫は無理やり肉体から魂を抜かれてしまう。また、たつきも組み伏せられ…。
    22 分
  • 一護のクラスメイトのチャドが呪いのインコを学校に持ってきた。一護はインコに霊的な気配を感じ、魂葬をすることにした。ルキアは文句を言いながらも、自ら死神の仕事を全うする一護に脱帽するのだった。
    22 分
  • 呪いのインコに取り付いていたホロウ・シュリーカーとルキアとチャドが挑みかかる。力が戻っていないルキアとホロウを見ることができないチャドは、協力し合いながら、何とか互角の戦いを繰り広げた。
    22 分
  • 死神としての活動に必要な物資を買うため、ルキアは浦原商店を訪問する。店長の浦原喜助は飄々として掴みどころのない人物であるが、この店には彼がソウルソサエティから買い付けた魅力的な商品が揃っていた。
    22 分
  • 改造魂魄に体を乗っ取られた一護は、ルキアと一緒にその行方を追いかける。そして近所の小学校に現れた改造魂魄を見つけた一護だが、強化された足技に苦しい戦いを強いられ、捕まえることはできなかった。
    22 分
  • 6月17日は一護の母・真咲の命日で、黒崎家では墓参りするのが毎年の習慣だ。一護は死神代行も休むつもりでいたが、霊園にはルキアが姿を見せていた。そしてルキアは「おふくろは殺された」と聞かされる。
    22 分
  • 一護たちの前にグランドフィッシャーが現れた。このホロウは疑似餌を使って攻撃してくる。一護はその疑似餌を見て驚愕する。それは母の死の際に一護の前に現れた少女だったのだ。一護は怒りに任せて切り掛かり…。
    22 分
  • カリスマ霊媒師・ドン観音寺が悪霊を退治するテレビ番組のロケが空座町で行われる。しかし一護は心霊番組が大嫌いで、関心を示さない。しかし、ひょんなことからロケ見学に行くことになり、ある地縛霊に遭遇する。
    22 分
  • ルキアは、一護の仲間たちとも打ち解けていた。一護は毎日死神の仕事をしていて、この日も指令に従ってホロウ退治に奔走していた。しかし、今回指示を受けた場所にはホロウの姿はなく、一護たちは戸惑う。
    22 分
  • 死神を憎む最後の滅却師・石田雨竜が、一護に戦いを挑んできた。それは「撒き餌を使ってホロウを街におびき寄せ、どちらがより多くのホロウを倒せるか」という、考え得る中で最もひどいと思われる方法だった。
    22 分
  • 学校に現れたホロウは、種子を飛ばして人間を操り、ほかの人間を襲わせる卑劣な技の使い手だった。織姫とたつきは、操られた生徒たちに囲まれ、何とか逃げ出そうともがく。しかし、たつきにも種子が撃ち込まれ…。
    22 分
  • 押し寄せるホロウの大群に、一護と石田はそれぞれ立ち向かう。石田は死神を見返すために意地を張って1人で戦い続けていたが、多過ぎるホロウを前にして内心焦りを感じていた。しかも、巨大な力を持つ敵も現れ…。
    22 分
  • 一護の妹・遊子に洗ってもらったコンは、ついでに人形用のドレスや花飾りを付けられてしまう。怒るコンだが、一護は気にする様子もない。コンは、一護たちに大事にされていないと思い、家を飛び出してしまう。
    22 分
  • ルキアの前に尸魂界からの使者である死神の部隊・6番隊隊長の朽木白哉と副隊長の阿散井恋次が姿を現す。恋次は斬魄刀を振るい、ルキアから死神の力を奪った人間の居場所を聞きだそうとしていた。
    22 分
  • 恋次は斬魄刀の真の力を解放して、一護に切り込む。その猛攻の前に一護は防戦一方だった。しかしルキアは一護が強敵を前にしても逃げないことを知っていた。ルキアは、このままでは一護が殺されると悟り…。
    22 分
  • 一護は圧倒的な白哉の攻撃に手も足も出ず、ルキアを尸魂界に連れ戻されてしまう。浦原によって何とか一命を取りとめた一護は、ルキア奪還のために尸魂界に行くことに。翌日、学校の誰もがルキアを覚えておらず…。
    22 分
  • 一護は試練に臨んでいた。肉体から霊体を切り離された状態になり、72時間以内に死神の力を取り戻さないとホロウになってしまうのだ。その頃、織姫とチャドも一護とともに尸魂界に行ってルキアを助ける決心をする。
    22 分
  • 尸魂界では、白哉のルキア処刑の対応をめぐり、3番隊隊長・市丸ギンが白哉と対面していた。その頃、死神の力を取り戻した一護は、浦原とともに斬魄刀の訓練を開始。そして、尸魂界に出発する日がやってくる。
    22 分
  • 穿界門に突撃する一護や石田たち。現世と尸魂界を繋ぐ通路に生息する拘突に飲みこまれそうになるが、何とか尸魂界に到着。一行は、死神が住む瀞霊廷を目指して走り出す。しかし、空から巨大な壁が降ってきて…。
    22 分
  • 一護は、白道門の前に立つ護廷13隊の3番隊隊長・市丸ギンにいきなり切り掛かる。ギンは一護の名前を耳にすると、斬魄刀を解放して攻撃を開始。一護は斬月で防御する中、門は閉ざされてしまう。
    22 分
  • イノシシに乗った男たちに攻撃される一護たち。そのリーダーの志波ガンジュと名乗る男と戦う一護だが、決着がつかないまま目覚まし時計が鳴り響いて、戦いが終わる。そしてイノシシ軍団はその場を去っていった。
    22 分
  • 瀞霊廷に突入する方法を知る志波空鶴は、腕のいい花火師だった。さらに先日イノシシに乗って現れたガンジュは空鶴の弟だったことが判明。一護たちは驚くが、空鶴は淡々と突入方法を解説するのだった。
    22 分
  • 一護たちはガンジュのアドバイスの下、霊力のコントロールに成功。突入のめどが立ち、夜一は瀞霊廷内での心得を解説しようとする。しかし砲弾形成の練習で疲れ果てていた一護は眠りこけてしまうのだった。
    22 分
  • 霊力の砲弾と化し、一護たちは瀞霊廷に突入。しかし、一護が霊力のコントロールに失敗したため、瀞霊廷の上空を覆う霊力を遮断する遮魂膜のわなにはまってしまう。それでも無理やり突入を試みるが…。
    22 分
  • 瀞霊廷に落下した一護とガンジュは、偶然その場にいた十一番隊第三席の斑目一角と、第五席の綾瀬川弓親とそれぞれバトルを開始。防戦気味の一護だが、チャンスを逃さずに反撃に転じ、必殺の一撃を喰らわす。
    22 分
  • 瀞霊廷のあらゆる場所で騒動を起こす一護たち。十一番隊第三席の一角を退けた一護だったが、今度は十一番隊の隊員たちの標的にされていた。一方、ガンジュも十一番隊第五席の弓親に追い詰められていた。
    22 分
  • 石田と織姫の前に七番隊第四席の一貫坂慈郎坊が姿を現す。そして自らの斬魄刀・劈烏を解放して攻撃を仕掛けてくる。しかし石田は反撃に出て、慈郎坊を圧倒。その頃、一護とガンジュは、死神の大群に迫られていて…。
    22 分
  • 一護とガンジュは、成り行きで四番隊の山田花太郎と行動を共にすることになる。2人は花太郎の先導により、瀞霊廷全域に張り巡らされた地下水道を通り、ルキアの捕らわれている懺罪宮に向かっていた。
    23 分
  • 一護と恋次の戦いが始まる。斬月を振りかざす一護に対して、恋次は蛇尾丸を解放して反撃。互角の戦いを展開していたが、徐々に一護は形勢を悪くしていった。恋次の霊力は現世で戦った時よりも強力になっていた。
    22 分
  • 一護の一撃で恋次は吹き飛び、薄れゆく意識の中、遠い過去を思い起こしていた。ルキアと過ごした少年時代。霊力がない仲間たちは次々と亡くなり、ルキアと恋次はこの生活から抜け出すために死神になったのだった。
    22 分
  • 一護たちが尸魂界に旅立って数日、担当死神がいなくなった空座町では怪奇現象が多発していた。そんなある日、一護の妹・遊子と夏梨は、空から降ってきた一護と似た子猫と出会い、可愛がり始める。
    22 分
  • 一護は恋次と決着をつけた後、意識を失ってしまう。そんな一護を花太郎とガンジュが地下水道に移動させ、花太郎は四番隊の死神だけが持つ治癒能力で一護を治療する。一方、恋次の敗北は隊長たちに衝撃を与え…。
    22 分
  • 藍染が変わり果てた姿で発見される。驚愕する副隊長の雛森桃だが、市丸ギンは笑みを浮かべていた。市丸の姿を見て雛森は逆上し、襲い掛かる。そこに三番隊副隊長・吉良が割って入り、雛森と吉良の戦いが始まる。
    22 分
  • 雛森は十番隊隊長の日番谷に捕まえられ、牢屋に入れられてしまう。その雛森の元に、死んだ藍染からの手紙を届けに十番隊副隊長の松本乱菊がやってくる。手紙には、恐ろしい陰謀の真相が記されていた。
    22 分
  • チャドは1人で、ルキアが捕らわれている懺罪宮に向かっていた。そして八番隊第三席の円乗寺辰房と対峙するが、一撃で倒す。チャドの戦いの様子を見ていた八番隊隊長の京楽春水は、すかさずチャドの前に行き…。
    22 分
  • 十一番隊隊長・更木剣八との戦いで敗勢に陥った一護。その時、一護はチャドの霊圧が消えたことに気付いて愕然とする。一方、倒れたチャドの前に立つ八番隊隊長の京楽春水たちの元に、藍染死亡の知らせが届く。
    22 分
  • 一護は斬月を折られ、剣八の斬魂刀の一撃も喰らってしまう。意識が遠のく中、勝ちたいと願う一護の前に斬月のおっさんが姿を現す。そして一護を精神世界に連れて行き、白い死覇装を着た一護と対面させる。
    22 分
  • 剣八と戦い終わった一護は、倒れ込んでしまう。斬魂刀を折られた剣八は、さらに強くなることを決心する。その頃、ガンジュと花太郎はルキアが閉じ込められている牢にたどり着く。しかし、ガンジュはルキアを見て…。
    22 分
  • ルキアはガンジュの兄を殺した死神だった。ガンジュは愕然とするが、一護や花太郎のために白哉に挑む。だが軽くひねられてしまう。また白哉はガンジュが志波家の者であるということを知り、千本桜の力を解放する。
    22 分
  • 戦っている一護と白哉の間に夜一が割って入る。実は夜一こそが百余年前に姿をくらまし、死んだと思われていた先代の隠密機動総司令官だった。夜一の助けを絶って白哉に挑む一護。その時、夜一が一護を攻撃し…。
    22 分
  • 織姫と石田は死神に変装し、ルキアが閉じ込まれている牢に向かっていた。しかし途中、最悪の死神・十二番隊隊長及び技術開発局2代目局長の涅マユリに遭遇してしまう。早速マユリは2人を殺そうとし…。
    22 分
  • マユリは石田の祖父・宗弦を実験材料にしてなぶり殺しにした憎むべき相手だった。石田は怒りに燃え、マユリを倒そうと挑む。クインシー究極の最高戦闘術・乱装天傀を使い、マユリに対して果敢に攻撃するのだった。
    22 分
  • 斬魄刀の力を最大限に解放する卍解を自分のものにする訓練は、才能がある者でも10年は掛かると言われているが、夜一は3日で済ますと豪語。一護はそんな夜一に協力し、夜一の命懸けの修行が始まった。
    22 分
  • 護廷十三隊に入隊する前、雛森や吉良、恋次たちは、死神の学校・真央霊術院の特進クラスで立派な死神を目指して競い合っていた。ある日ダミー虚を使った戦闘訓練が行われることになり、雛森たちは現世に向かう。
    22 分
  • 雛森、恋次、吉良が相次いで牢から抜け出した。知らせを聞いた日番谷は雛森が市丸を倒しに向かったことに感づく。雛森が返り討ちにされることを恐れた日番谷は、自らが先に市丸を見つけようと意気込む。
    22 分
  • 斬魂刀に血がにじむほど握り締めて、雛森はグッタリしていた。日番谷は市丸が雛森と自分をつぶし合わせようとしていると見て、激怒。そして氷雪系最強の斬魄刀・氷輪丸を使って、市丸に襲い掛かる。
    22 分
  • ルキアは十三番隊副隊長・志波海燕の夢を見ながらまどろんでいた。十三番隊にいたルキアはほかの隊員たちになじめないでいたが、海燕だけには心を許していた。そんなある日、海燕の妻・都に虚の偵察任務が下り…。
    22 分
  • コンは遊子に散々な目に遭わされていてピンチに陥っていたが、逃げることに成功。そして偶然出会ったドン観音寺の誘いに乗り、カラクラスーパーヒーローズの一員・カラクラキングとなるのだった。
    22 分
  • ルキアの処刑当日、護廷十三隊の死神たちの多くは今回の処刑に納得していなかった。一方、剣八の手引きで織姫、チャド、石田、岩鷲は牢から抜け出す。そして一行は一護と合流するために奔走するのだが…。
    22 分
  • 一護は卍解を身に付けるための特訓に励んでいた。その頃、恋次はルキアの処刑阻止を目指して、懺罪宮に向かっていた。しかし恋次の前に強大な霊圧が立ちはだかる。それは朽木白哉の霊圧だった。
    24 分
  • 処刑の地に護送されるルキアの前に市丸ギンが現れ「この場から助けてやろうか?」と言い放つ。しかし、ルキアを動揺するのみだった。一方、剣八は東仙と狛村の2人を相手に凄まじい気迫を発揮して戦っていた。
    24 分
  • ルキアの処刑が始まり、護廷十三隊の隊長や副隊長たちが見守る中、双きょくが開かれる。双きょくの磔架にルキアの体は固定され、双きょくの矛である燬こう王が真の姿を現す。ルキアは覚悟を決め…。
    24 分
  • 一護と白哉が再び戦っていた。一護は、自分の妹を処刑しようとするのかと白哉に問うが、納得の答えは返ってこなかった。一方、護廷十三隊を裏切った浮竹たちは、一番隊隊長・山本元柳斎重國に挑んでいき…。
    24 分
  • 元柳斎と戦っている浮竹と春水は、尸魂界にただ2つの二刀一対の斬魄刀・双魚理と花天狂骨の力を解き放つ。2人は真央霊術院出身の初めての隊長で、師弟対決となった。一方夜一は、二番隊隊長・砕蜂と激突し…。
    24 分
  • 夜一の放った瞬閧の攻撃に砕蜂はたじろぐ。その頃、双極の丘では一護と白哉が激闘を繰り広げていた。白哉に対して「卍解を出して攻撃してこい」と一護はけしかけるも、彼は始解状態のまま戦いを続けて…。
    24 分
  • 斬月の放つ技・月牙天衝で千本桜を叩き落とした一護は、白哉に卍解を出して戦えと挑発する。そして白哉はついに卍解・千本桜景厳を出して一護を責め始めた。一護は必死でしのぐが、千本桜の刃を全身に受けてしまう。
    24 分
  • 一護の卍解・天鎖斬月の攻撃に苦戦する白哉。一護の力を認めた白哉は、防御を捨てた千本桜の真の姿・殲景を発動して、全力で戦うのだった。2人の戦いは互角の様相だったが、徐々に白哉がリードしていく。
    24 分
  • ソウルソサエティの最高司法機関・中央四十六室に潜入する日番谷と乱菊。そこで皆殺しにされた四十六室の惨状を目の当たりにする。今まで四十六室から発せられていた命令は、全て嘘だと発覚し…。
    24 分
  • 藍染は雛森と日番谷を倒した後、ルキアの元へ足を運ぶ。死んだはずの藍染と対面した恋次とルキアは驚愕する。一方、四番隊副隊長・勇音は、藍染が生きていたことと中央四十六室を全滅させたことを吐露する。
    24 分
  • 突然姿を見せた狛村が、藍染に不意打ち攻撃を見舞う。しかし攻撃を交わした藍染は、逆に狛村をやり込める。一護、恋次、狛村など、その場にやってきた者を藍染は次々と片付けて、ルキアにも迫るのだった。
    24 分
  • 藍染たちが去り、ソウルソサエティには平和が訪れていた。しかし藍染の反乱で、ソウルソサエティは深刻な傷を負っていた。一方、傷の癒えた一護の元に織姫が訪れ、ルキアが行方不明になったことを伝える。
    24 分
  • 一護たちはソウルソサエティから戻り、ルキアがいないことを除いては出発前の生活を送っていた。そんな中、学校に70年代ファッションに身を包んだ恋次が姿を現す。一護は恋次と共にホロウ退治をすることになる。
    24 分
  • 織姫が消えた翌日、一護たちは学校で情報を整理していた。学校ではクラスメートたちから織姫の記憶が消えていて、深刻な事態となる。そこで一護たちは織姫の部屋に侵入し、現場の調査をすることにした。
    24 分
  • 織姫に続き、チャドまでさらわれてしまった。一護たちは浦原商店に戻って浦原に状況を説明。その時、りりんから連絡が入り、「みんなを返してほしかったら空座博物館に来て」と言う。一護たちは博物館に向かい…。
    24 分
  • 迷宮を突破した一護たちの元にチャドと織姫が帰ってきたが、ゲームはまだ続いていた。迷宮の中で一護、恋次、石田、チャド、織姫の5人の中の1人が蔵人の変身した偽者とすり替わっているらしく…。
    24 分
  • 一護は、チャドに化けていた蔵人の正体を突き止める。しかし本物のチャドは解放されておらず、一護たちは次のゲームに挑戦することに。それは空座町に出現した巨大な門を30分以内に突破するというものだった。
    24 分
  • ソウルソサエティと浦原たちは、不穏な動きを見せるバウントと呼ばれる特殊な一族の動向を追っていた。バウントは人間を襲い始めているらしく、浦原は一護たちが狙われる可能性があると忠告する。
    24 分
  • バウント・相馬芳野の操るドール・ゲーテの攻撃で、一護とりんは窮地に立たされる。それを救ったの、現世にやってきたルキア。しかしルキアは、現世行きを急遽命じられたため、まだ死神の力は回復してはいなかった。
    24 分
  • 一護たちは、再び現れた宇田川が人間を襲っている現場に急行。一護たちに取り込まれても宇田川は余裕を見せる。宇田川は自らのドール・フリードの能力で数の不利を補っていて、一護たちの攻撃を交わすのだった。
    24 分
  • バウントの攻撃で負傷した石田は、空座総合病院に運び込まれた。敵の狙いがクインシーであることを知った一護たちは、石田を守るために病院に待機する。そんな中、石田の病室の水道から水が流れ出し…。
    24 分
  • 石田は芳野の隠れ家でバウントの歴史の話を聞く。そこに、バウント・古賀が突如攻撃を仕掛けてくる。必死で戦う2人だが、芳野のゲーテの炎の攻撃は、鉄でできたダルクにはまったく通用しなかった。
    24 分
  • バウントの屋敷に侵入した一護、ルキア、りりん、之芭、蔵人の5人は、屋敷の中で狩矢とその仲間のバウントたちと初対面する。狩矢は不気味な迫力に一瞬ひるむが、一護はバウントたちに戦いを仕掛けるのだった。
    24 分
  • 狩矢を裏切った宇田川は、一之瀬真樹によって殺害された。そして一之瀬は、そのまま斬魂刀を解放して、今度は一護に戦いを挑む。一進一退の攻防が続くが、始解した虹霞の特殊能力の前に一護は追い詰められる。
    24 分
  • 夜一の奇襲で狩矢の屋敷から間一髪、逃げ出した一護たち。また夜一は、ソウルソサエティからバウントとクインシーに関する新情報を入手していた。一方、一護は狩矢の圧倒的なパワーの前に自信を喪失してしまい…。
    24 分
  • 早朝、芳野は浦原商店を抜け出し、狩矢の屋敷に足を運ぶ。芳野がいないことに気付いた石田は、りりんを連れて芳野を探しに行く。一方、一護たちは何も気付かず、浦原商店で和気あいあいと朝食を食べていた。
    24 分
  • 狩矢との戦いで芳野が命を落とす。一護たちが受けたダメージは甚大で、浦原商店に結界を張ってバウントから見つからないよう用心することにした。しかし一護は、バウントの気配を察知できるりりんを連れて帰宅する。
    24 分
  • 狩矢が作り出した新しいドール・ビットが人間を襲い、その魂魄を集積させる。ソウルソサエティもひそかに隠密機動を配置して現世の警備を強化するが、被害は収束しない。狩矢たちは力を増していき…。
    24 分
  • ビットの大群に襲われた恋次の霊圧が消滅する。一護たちは恋次の行方を追う中、ビットに襲われる啓吾を発見。一護はビットをあしらうも、啓吾は重傷を負っていた。そこで治療を施そうとするが、古賀が立ちはだかる。
    24 分
  • ヨシの猛攻に苦しい戦いを強いられるルキアたち。追い込まれたルキアたちは、蔵人と織姫がおとりになってルキアが強力な鬼道を放つ時間を稼ぐ作戦に出る。一方、一護は古賀のドール・ダルクの攻撃に屈し…。
    24 分
  • 瀕死の一護を救ったのは、ソウルソサエティから派遣されてきた吉良イヅルだった。傷ついた一護に変わり、イズルはダルクと戦闘を繰り広げる。その頃、ヨシとルキア・織姫の戦いに馬橋が割って入り、大混乱に。
    24 分
  • リズに操られたルキアは、馬橋の命令通り織姫に攻撃を仕掛ける。織姫は戸惑いながらも、瞬盾六花で必死にしのぐ。そして馬橋は、リズの能力で眠っていたルキアの死神の力を強制的に引き出し、織姫を襲わせる。
    24 分
  • バウント・沢渡と公園で戦うチャド、之芭、ウルル。その場に十番隊副隊長・松本乱菊がやってくる。まったく緊張感のない乱菊は、目の前にいる老人・沢渡がバウントだと言われても鵜呑みにすることはなかった。
    24 分
  • 激闘の末、バウラに敗れた之芭。戦っている乱菊とチャドも追い詰められるが、その瞬間、之芭が最後の力を振り絞って一同を別の場所に移動させる。バウラにやられるのは時間の問題だったが、ある妙案が浮かび…。
    24 分
  • 戦闘を終えたルキア、チャド、織姫、之芭、蔵人が浦原商店に戻ってきて、治療を受ける。その頃、先行して調査していた弓親は狩矢たちの隠れ場所である洞窟を突き止め、乱菊たちは突入を試みるのだった。
    24 分
  • 一行がバウントたちが隠れる洞窟に乗り込むと、ドール・ゲゼルの目が突如姿を現す。それを追ってさらに広い部屋に入ると、そこには想像以上の大量のゲゼルの目が潜んでいた。一護たちはそのまま乱戦に突入する。
    24 分
  • ゲゼルの迷宮の最深部にたどり着いた一護と恋次の前にドール・ゲゼルの本体が登場する。そこで恋次は「ここは俺1人でやらせてくれ」と言って、本体を出現させたゲゼルとの激戦に臨むのだった。
    24 分
  • バウントの真の目的はソウルソサエティを壊滅させることだと狩矢は宣言。その言葉に一護は驚愕する。卍解できない一護は狩矢の猛攻に圧倒され、月牙天衝も通しなかった。狩矢は一護から斬月を奪い…。
    24 分
  • ソウルソサエティにやってきた狩矢たちバウントは、早速、二番隊副隊長の大前田と七番隊副隊長の射場との戦いに臨む。霊子に満ち溢れたソウルソサエティにやってきたバウントは、さらにパワーアップしていった。
    24 分
  • 流魂街を奔走するルキアは、目の前に現れたバウント・ヨシと戦うことになる。しかし、霊力の戻っていないルキアは、あっという間に劣勢に立たされる。そこにバウントの気配を感じたりりんが登場し、ルキアを救う。
    24 分
  • 狩矢たちによって破壊された瀞霊廷の建物を日番谷たちは調査。一方、ヨシとの戦いで重傷を負ったルキアは、朽木の屋敷に運ばれて治療を施されていた。また一護は白哉に「一緒にバウントと戦ってくれ」と頼むが…。
    24 分
  • 草鹿の森で白哉と狩矢が互角のスピードで激突していた。白哉は斬魂刀を解放するが、狩矢も鋭く反撃。その最中、白哉は狩矢のドールの秘密に気付く。その頃、古賀は草鹿の賭場に流魂街のならず者を集め…。
    24 分
  • 白哉と狩矢の戦闘の場にやってきた一護は、卍解して狩矢に襲い掛かる。さらに白哉も卍解して狩矢を攻撃するが、2人の息が合わず、狩矢への攻撃がうまくいかない。こう着状態の中、強力な霊圧の攻撃が始まる。
    24 分
  • バウントがならず者たちを集めているという情報を得た日番谷は、乱菊と恋次を引き連れて自ら草鹿の森に乗り込み、状況を探ろうとする。一方、十一番隊隊舎では剣八とやちるが出陣するための準備を整えていた。
    24 分
  • 日番谷たちがバウントたちが隠れていた場所にたどり着くと、一之瀬が1人で待ち構えていた。一之瀬は狩矢たちのために1人で日番谷たちを足止めしようとしていたのだ。そして斬魂刀・虹霞の能力を解き放つ。
    24 分
  • 草鹿のならず者たちを使って瀞霊門を開けることに成功した狩矢たちだが、警備の死神を攻撃した後、ならず者たちまで倒してしまう。そして一護たちは狩矢たちの後を追い、混乱する廷内を突き進んでいく。
    24 分
  • リズが操る刑軍の部下が砕蜂に毒を打ち込んだ。その上、砕蜂の前で刑軍が同士討ちを開始。毒が全身に回り始めた砕蜂は、力を振り絞ってその混乱から抜け出す。そんな中、檜佐木が狛村の七番隊と共に事態収拾を図る。
    24 分
  • 瀞霊廷に侵入した沢渡の前に十二番隊隊長の涅マユリが現れる。そこでマユリは「実験材料にならないか」と持ち掛けるが、沢渡は拒否。そしてバウラを召還してマユリに攻撃を仕掛ける。マユリも迎え撃つが…。
    24 分
  • 死神とバウントの戦闘が激化する中、技術開発局に狩矢がやってきて、局の最深部に向かう。技術開発局にあるオリジナルのバウントの紋章を探している狩矢は、ネムを捕まえて詰め寄る。そこに一護たちが駆け付け…。
    24 分
  • ニーダーの攻撃で大きなダメージを負った石田は、隙を突いて何とか反撃を開始する。だが、石田は安定しない装身具の力に苦戦する。一方、ヨシは思う存分暴れられるソウルソサエティでの戦いを楽しんでいた。
    24 分
  • 日番谷は蔵人のバウントセンサーの能力を借り、十番隊の死神を使って古賀を捕まえようとする。そして追い詰めていくが、古賀はダルクを使って状況をかく乱させた。そこで日番谷は1人で古賀と戦うことを決意する。
    24 分
  • 古賀を倒した日番谷が十番隊隊舎に戻ると、傷ついた石田を連れた一護たちがいた。彼らは治療の場所を貸してほしいと言う。そんな中、狩矢は浄界章に力が満ちるのを待とうとして、身を隠していた。
    24 分
  • 戦闘の最中、狩矢は自らのドールが蘭島から与えられたものだと聞かされる。そして蘭島は「浄界章の力を使ってバウントを助けたい」と狩矢に話す。しかし狩矢は攻撃の手を緩めず、蘭島を追い込んでいく。
    24 分
  • 力尽きた石田と蘭島を救った一護は、そのまま卍解して狩矢との戦いに臨む。その後、日番谷たちも一護の後を追おうとするが、蘭島が引き止め、狩矢の浄界章の解放に連動して全てが誘爆する危険があると話した。
    24 分
  • 双きょくの丘で一護と狩矢の最後の戦いが始まった。一護は狩矢の戦闘スタイルが驚異的な回復力に頼った返し技であることを突き止めた。そして、天鎖斬月のスピードで反撃の隙を与えない作戦に出て優位に立つ。
    24 分
  • 一護たちは狩矢を倒して浄界章を全て封じることに成功し、現世へ帰るための準備を進めていた。そんな中、一護は恋次とルキアの見舞いに朽木の屋敷に行く。そこで狩矢のこだわったバウントの歴史の話をする。
    24 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ