観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
またみんなで一緒に麻雀を打ちたい!本格美少女麻雀アニメのスピンオフ!
|2012年
見放題
第1局を再生(24分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
女子高生の麻雀対決を題材とした「咲-Saki-」の外伝作品で、アニメとしては2作目。主人公も舞台校も変わるが、第1作のメインキャラも登場し前作ファンも楽しめる。
ストーリー
幼い頃の麻雀仲間・原村和が全国中学生麻雀大会で優勝したことを知った高鴨穏乃。「また和と一緒に麻雀を打ちたい」という思いを胸に、阿知賀女子学院に入学。そして憧や玄らとともに奔走、麻雀部を復活させ、インターハイを目指していく。
ここがポイント!
「咲-Saki-」の2作目だが外伝作品を原作としており、直接の続編ではない。
エピソード
全16話
東京から転校生してきた小学生の原村和は、同級生の高鴨穏乃と新子憧に誘われて赤土晴絵が開いている麻雀教室に通い始める。クラブでは年上の松実玄とも知りあい、楽しい日々が続いていたが…。
和の活躍に刺激を受けた穏乃、憧、そしてひとり麻雀教室を守っていた玄の3人は、インターハイで和と会うために、阿知賀の麻雀部を復活させようとしていた。だがそのためには、部員があと2人必要だった。
戻ってきた赤土晴絵をコーチに迎え、本格的に始動した阿知賀女子麻雀部。晴絵による猛特訓の末、ついにインターハイ県予選を迎えた。そして1回戦で優勝候補・晩成高校の大会10連覇を阻止し、全国大会出場を決めた。
ついに全国の舞台を踏んだ阿知賀女子麻雀部。しかし、和がいる清澄高校はトーナメント表の逆サイドに位置しているため、和と相対するには決勝進出しか道はない。そしてインターハイ第1回戦は、玄が実力を発揮する。
第2回戦の先鋒戦。玄の相手は、東京へ向かう途中のサービスエリアで出会った千里山女子のエース・園城寺怜。対局中、玄はドラが多く集まり、不自由になったところを、怜に不思議な打ち回しで和了られる展開が続く。
阿知賀のエースで先鋒の玄が、まさかの大量失点で最下位になってしまった。初めて迎える状況だが、姉の宥が妹・玄の雪辱を果たすべく次鋒戦に挑む。対する千里山女子の二条泉は、宥との対戦に自信を持っていた。
一度は最下位まで落ち込んだ阿知賀女子麻雀部だが、次鋒の宥、中堅の憧が意地を見せて2位まで浮上。しかし、副将戦では劔谷の選手が絶好調で勢いのある和了が炸裂。灼は3位に後退するが、2位との差はわずかである。
清澄高校の応援に来ていた鶴賀学園の東横桃子に偶然出会ったことから、阿知賀女子麻雀部は蒲原の祖母の家に招待されることになった。そこで穏乃は、「明日までに強くなりたい」と加治木ゆみに告げる。
阿知賀女子、千里山女子、新道寺女子、そして前年度優勝校の白糸台高校による準決勝が始まった。最強の高校生・宮永照が和了を重ねるなか、その連荘を止めたのは、2回戦で照に大敗した新道寺女子・花田煌だった。
前半戦が終了したインターハイ準決勝先鋒戦。チャンピオン・宮永照が圧倒的な実力を見せつけ和了を続ける。何とかその和了を止めようと千里山のエース・園城寺怜も1巡先を読むが、追いつくことができない。
準決勝先鋒後半戦。千里山の園城寺怜は、新道寺の花田煌との暗黙の連携プレイによって白糸台の宮永照の連荘を止めにかかる。一方、阿知賀女子の松実玄は、いまだドラに縛られ自由に打つことができずにいた。
チャンピオン・宮永照の圧倒的リードでオーラスを迎えた準決勝後半戦。仲間の思いを受け、最後の賭けに出る怜は煌と玄を巻き込んで照へ反撃の一打を狙う。そんな怜のプレイを受け、玄もある決断を下す。
波乱含みの準決勝先鋒戦が終了し、戦いは次鋒戦へと突入。千里山女子・二条泉は倒れた怜を思いつつ、堅実な打ち回しで2位キープを狙う。しかし、新道寺女子・安河内美子の初和了りから試合は混迷を極めていく。
インターハイAブロック準決勝中堅戦が終わり、阿知賀女子は原点復帰を果たした。副将を務める鷺森灼は多くの人の想いを胸に秘めて試合に臨むが、白糸台高校2年の亦野誠子に先制を許してしまう。
点数に大きな動きがあった波乱の副将戦を受け、いよいよ大将戦がスタート。それでも余裕の表情を崩さない白糸台高校1年・大星淡に対し、新道寺女子2年・鶴田姫子と千里山女子3年・清水谷竜華が牙をむく。
舞台はインターハイ準決勝Aブロック大将戦。決勝への2枚の切符を懸けた最後の半荘が始まった。本気になった大星淡に支配される卓上で、阿知賀女子1年・高鴨穏乃が吉野の山々を思い出し、静かな微笑みを浮かべた。