タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

タイヨウのうた

| 2006年
見放題
夢に向かって前向きに生きるヒロインを沢尻エリカがさわやかに演じあげた感動作
見どころ
YUI×塚本高史で大ヒットした同名映画のドラマ版。映画では描かれなかったエピソードを盛り込み、少年と難病の少女との純愛を山田孝之、沢尻エリカが瑞々しく演じる。
ストーリー
孤児院出身でフリーターの孝治は海辺の民宿でアルバイトを始め、そこでストリートミュージシャンの薫と出会う。紫外線で損傷した遺伝子を修復できない難病XP(色素性乾皮症)を患いながらも前向きに生きる彼女と触れ合う中で、孝治の心は感化されていく。
ここがポイント!
映画版の孝治は高校生だがドラマ版はフリーター。ほか、映画版との違いもチラホラ。
特集:音楽がもうひとりの主役!
太陽を避けて夜の街で弾き語りをする薫は、孝治と出会い、歌い手として輝きを増していく。薫を演じた沢尻エリカの歌声も必聴。
2017年12月31日 23:59まで配信
©TBS

エピソード

  • 路上で歌っていた薫は酔っ払いに絡まれ、孝治に助けられる。逃げる際に切れてしまったギターの弦を、手際よく張り替えてやる孝治。そんな孝治に、薫は次第に惹かれていくのだった。
    46 分
  • 薫は隆介と音信不通になった美咲を心配し、孝治に隆介を遊園地に連れてきて美咲と会わせるよう提案する。一方、麻美は音楽プロデューサー・工藤洋平から、歌詞についてある指摘をされ…!?
    46 分
  • 遊園地で観覧車に閉じ込められた一件以来、薫は部屋に引きこもるように。孝治への思いを断ち切るようにアルバイトに精を出す薫を気の毒に思った父・謙は、孝治に会うため「みうら」を訪れる。
    46 分
  • 工藤から会いたいと連絡が入り、薫はその喜びを孝治に伝えに行く。しかし、孝治は麻美から、新曲が書けない麻美の代わりに、工藤が薫をゴーストライターとして利用しようとしていると知り…!?
    45 分
  • 薫は孝治の伴奏で歌い、歌うことの楽しさを改めて実感する。孝治も一度は捨てたギターの楽しさに目覚め、孝治に感化された雄太、晴男、隆介は、それぞれキーボード、ドラム、ベースに挑戦する。
    46 分
  • 傷害事件を起こして少年院に入っていた過去を薫に知られた孝治は、麻美を守るための事件だったと告白。一方、過去を隠して嘘の人生を生きられないと頼ってくる麻美のことも放っておけず…!?
    46 分
  • バンドフェスティバルで改めて音楽の楽しさに目覚めた薫たちは、バンド「ムーンチャイルド」を続けることを決意。そんなある日、麻美の失踪で窮地に追い込まれた工藤が、薫のもとへやってくる。
    45 分
  • 薫と孝治と麻美が三角関係だという記事が週刊誌に載り、薫がXP患者であることも公になってしまう。工藤は薫にデビュー撤回を告げ、曲作りをしようとしていた薫は愕然とする。
    45 分
  • 薫は手術をしないと命にかかわると診断される。手術をすると歌えなくなると知った薫は迷っていた。そんな中、工藤から、麻美のコンサートで「ムーンチャイルド」を初披露したいと告げられ…!?
    45 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ