タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ういち・ヒカルのパチンコ天国と地獄

| 2013年
見放題
#130あと4日で終了
人気パチスロライター2人が挑む、革新的(?)行き当たりばったりパチンコ番組
見どころ
特に演出に詳しいわけでもなく、勝利を追及している訳でもないパチスロライター、ういちと沖ヒカルが、行き当たりばったりにパチンコを打つ。この自由な感じが楽しい。
2019年3月20日 23:59まで配信
©JAB

エピソード

  • 「極閃ぱちんこCRうしおととら3200ver」前半戦、ういちはライトミドルを引いたが、うしおととらを打つ。その後は悪代官で勝負。一方、ヒカルは前半戦で、大海4を実戦した。後半戦、両者共に気合が入る。
    59 分
    あと4日で終了
  • 「CR天龍∞」変則スペックが大好きなういちの狙いは、スペック抽選を行う前から天龍だった。一方、沖ヒカルは、ライトミドルの海、ということになり、海JAPAN金富士199で勝負する。対照的な機種選びとなった。
    59 分
  • 「CRスーパー海物語 IN JAPAN 金富士 199ver.」前半戦、ヒカルは海JAPAN金富士を打ち、少ない投資で1万発超の出玉をゲット。一方、ういちは天龍で勝負。だが、3段クルーンに心を奪われ、投資がかさんでしまった。
    59 分
  • 「CR天下一閃~完全突破1600ver~」朝一は、予想に反してういち、ヒカル共に天龍や天下一閃ではなく、ライトミドルから実戦をスタートさせる。今回は、Fクィーン2018ZERO、Fパワフル2018ZEROなども実戦する。
    59 分
  • 第67節の後半戦。前半戦のおさらいから。普段とは異なる二人の台選び。いつもの変則スペックを選ばずライトミドル機のういち。意外な台選択したのは「天龍」を打つヒカル。
    59 分
  • 「CR天龍∞ 7000VS」第68節の前半戦。朝一のスペック抽選では、ういちがマックス、ヒカルは1パチとなった。ういちの大当たりが少なければヒカルの低投資が有利となる。ういちが王道のデジパチに移動すると…。
    59 分
  • 「CR天龍∞」前回、ヒカルは1パチの後、ライトミドルで勝負。ういちはMAXで勝負。後半戦、Zガンダムで多くの出玉を得ているういちは、どうにかして好調を維持させようとする。ヒカルは巻き返しを狙い…。
    59 分
  • 「CRF戦姫絶唱シンフォギア」ういち、ヒカル共に朝一はライトミドルという抽選結果になった。ヒカルは前節で3回の初当たりが全て単発だったシンフォギアのリベンジに燃える。一方、ういちはドラム海物語を選択。
    59 分
  • 「CR翠星のガルガンティア」前回、ういちはドラム海、ヒカルはシンフォギアでそれなりの勝負はしたが、大きな見せ場を作れなかった。後半はういちは台移動で勝負を懸ける。ガルガンティアなどを実戦する。
    59 分
  • 「CRF戦姫絶唱シンフォギア」ヒカルはライトミドルを引き、シンフォギアを選択。ういちは犬夜叉から実戦を始める。前節では、互いに初当たりは引くものの、今一歩な展開が多かったが、今回は前半から飛ばしていく。
    59 分
  • 「パチスロ攻略マガジン」などで活躍するしんのすけが、毎回ゲストを招いて、トークを繰り広げる。準レギュラーは、ヘミニク、銀太郎、勝平だ。初回は、導入間近の設定付きパチンコの可能性を語りあう。
    59 分
  • 「CRぱちんこ冬のソナタRemember」神奈川県大和市のホールで実戦。前試合はデッドヒートとなったが、その立て役者となったのがういち。どんなスペックを引くのか注目が集まる。沖ヒカルは望み通りの機種で勝負。
    59 分

キャスト・スタッフ

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ