観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

21件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

18件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

14件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【毎週更新】週間映画ランキング

10件

もっとも観られた映画は?先週の映画ランキング Top10 !

アクセル・ワールド
電撃文庫×サンライズの強力タッグで贈る、仮想空間を舞台としたバトルアクション!
| 2012年
見放題
#1を再生(23分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
川原礫による同名小説を原作とするSFアクション。いじめられっ子の主人公が仮想世界で、姫を守る騎士として成長していく姿に勇気づけられる。
ストーリー
いじめられっ子のハルユキはあるキッカケから副生徒会長を務める校内一の美少女、黒雪姫から思考を1000倍に加速するプログラム“ブレイン・バースト”を受け取る。この日よりハルユキは、仮想世界の先にある加速世界での戦いに参加し黒雪姫を守る騎士となる。
エピソード
全24話
梅郷中学に通う一年生のハルユキは、肥満体型と内気な性格で、学内マウンテンの最底辺にいる少年だった。惨めな姿を幼なじみのチユリに見られてしまったある日、ハルユキは意外な人物に話し掛けられる。
ポイントを奪い合う格闘ゲーム、ブレイン・バーストで、ハルユキはバーストリンカーとして凶悪な骸骨ライダーと対戦し、敗れてしまう。そんなハルユキに対し、黒雪姫はブレイン・バーストの原則を伝授した。
チユリを挑発する黒雪姫にハルユキは戦々恐々だ。だが、その裏には黒雪姫がハルユキを加速世界に誘った真の理由が潜んでいた。そんな黒雪姫は、最近、学内ネットワーク上で、受けるはずのない対戦を挑まれ…。
ハルユキがチユリと直結したと聞いた黒雪姫は、機嫌が悪い。そして、シアン・パイルがチユリのニューロリンカーを通していたという推測を告げる間もなく、立ち去ってしまった。実は黒雪姫は嫉妬していたのだった。
加速の力を手に入れて変わってしまったハルユキに、黒雪姫は、自分の思いを、そしてチユリの思いをぶつけて戦うも、シアン・パイルには力が及ばなかった。ハルユキは黒雪姫を守れなかったことに後悔する。
シルバー・クロウとシアン・パイルとの戦いで黒雪姫襲撃事件は幕を閉じた。一方、タクムは青のレギオンから脱退し、ハルユキとタッグを組んでレベルアップに励んでいた。しかしハルユキはあるミスを犯し…。
用心棒バウンサー、アクア・カレントと合流し、ハルユキはポイントが安全域になるまでタッグを組んで戦うことに。対戦相手は巨大なサンド・ダクトと、その肩に乗ったニッケル・ドールという、かなりの強敵だった。
ハルユキは領土戦で役に立てず、早く強くなりたいと焦っていた。そんなある日、ハルユキは数日間、ハトコという可憐な少女を預かることに。親戚だが、可愛い娘との2人きりという生活にハルユキは心を弾ませた。
ハルユキの家で、黒雪姫と赤の王、タクムが会談していた。上月由仁子と名乗った赤の王は、ハルユキのリアルを割り出し、家に潜入した真意を語る。そして、あるものを破壊するために飛行アビリティを借りたいと言う。
ハルユキは、黒雪姫とニコが宿泊するという、心の休まらない夜を明かす。そして次の日、ハルユキ宅から登校する黒雪姫と幼なじみのチユリが遭遇してしまう。すると、チユリは仲間外れにされた気分になり…。
シルバー・クロウたちはクロム・ディザスター討伐に向かった無制限中立フィールドで、黄のレギオンに奇襲される。また彼らを率いる黄の王イエロー・レディオは、不可侵条約を盾にスカーレット・レインに報復を行う。
突如出現したクロム・ディザスターの圧倒的な力の前に、黄のレギオンは撤退を開始。そして戦いを諦めたシルバー・クロウに、ブラック・ロータスの檄が浴びせられる。そしてシルバー・クロウは再び立ち上がった。
新学期になり、ハルユキとチユリ、そしてタクムは同じクラスに。タクムはチユリの猛烈なアタックに押し切られ、ブレイン・バーストをコピーすることになってしまう。そして無事インストールに成功し…。
剣道の試合中、能美は加速の力でタクムを圧倒。間違いなくバーストリンカーであるはずなのに、マッチングリストに新たなアバター名は現れず、能美の目的も、その存在を隠す手段も分からなかった。
ハルユキは、秘密をばらされたくなければポイントを上納し続けろ、と理不尽な要求をする能美に対戦を仕掛ける。しかしハルユキは、彼のアバター、ダスク・テイカーを追いつめるも、奇襲を受けて敗れてしまう。
シルバー・クロウは、アッシュ・ローラーの師匠スカイ・レイカーの元に連れてこられる。スカイ・レイカーは、クロウにバーストリンカーの秘めた真の力、心意と、それを追い求めた者に残された傷痕について語りだす。
黒雪姫が見せた思いやりに、ハルユキは能美との因縁は自分だけで決着をつけなくてはならないと決意する。一方、タクムは事件を知り、独自に調査を始めていて、能美が加速の力を使った隙をついて対戦に持ち込む。
ハルユキが危機に立ち向かっている頃、黒雪姫は修学旅行先の沖縄で、何者かに対戦を挑まれていた。黒雪姫は危なげなく勝利するが、琉花、真魚と名乗った2人のバーストリンカーは、実は黒雪姫を試していて…。
琉花たちの師匠クリムゾン・キングが言うには、沖縄の無制限フィールドに出現した神獣級エネミーのため、エネミー狩りができなくなったらしい。しかもその飼い主がマッチングリストに表示されておらず…。
シルバー・クロウとの対決で衰弱したダスク・テイカー。それを救ったのはチユリのアバター、ライム・ベルだった。能美によるチユリへの凶行に怒ったシアン・パイルだが、無残にも返り討ちに遭ってしまう。