タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

Woman

| 2013年
見放題
「Mother」のスタッフと演技派キャストが、シングルマザーの闘いを描いた社会派ドラマ
見どころ
「Mother」のスタッフが民放連ドラ初主演となる満島ひかりを主役に、シングルマザーの苦難を描く。夫の死、貧困、病気と次々襲う不幸設定を、実力派俳優でじっくり魅せる。
ストーリー
夫・信の事故死で、2人の幼な子を抱えるシングルマザーになった小春。生活は困窮し、生活保護の申請を機に20年間絶縁状態だった母・紗千と再会する。自分を捨てた紗千を許せない小春だったが、ある時、骨髄の病と診断され、適合するドナーが必要となる。
ここがポイント!
満島ひかりと脚本・坂元裕二のコンビは、「さよならぼくたちのようちえん」「それでも、生きてゆく」に続き3度目。ほぼ毎回ある長ゼリフ場面も慣れたもの(!?)だ。
2018年11月5日 23:59まで配信
©NTV

エピソード

  • 小春は、夫の信を不慮の事故で亡くし、2人の子供・望海と陸を抱えるシングルマザー。小春は仕事を掛け持ちして必死で働くものの家計は苦しく、生活は困窮する。
    58 分
  • 仕事を終えた小春が帰宅すると、望海と陸を心配する近所の女性と児童相談所の職員が来ていた。近所の女性は、毎晩、子供たちだけで過ごしている望海と陸を見つけ、児童相談所に通報したのだった。
    58 分
  • 由季の家から東京に帰ってこようとして迷子になった望海を迎えに行った小春。彼女は同じく望海を迎えに来た栞と初めて会うことに。栞に「お姉ちゃん」と呼ばれ、小春はぎこちないやりとりをする。
    46 分
  • 陸に言葉の遅れがあるのではないかと託児所の職員に指摘された小春。そんな中、小春は、陸が犬に興味を持っていることを知り、犬が散歩で立ち寄る早朝の公園へ陸と望海を連れていく。
    46 分
  • 精密検査の結果、再生不良性貧血と診断された小春。 医師の澤村と藍子からは、命にもかかわる病気だけに治療を真剣に考えるように勧められるが、小春は誰にも病気のことを打ち明けられないでいた。
    46 分
  • 自身の病状の悪化を自覚した小春は、望海と陸を連れて植杉家へ向かい、一緒に住まわせてほしいと紗千に頼み込む。病気のことは告げずに、ひたすら懇願する小春。頑なに拒否する紗千だったが…!?
    46 分
  • 小春は海と陸を連れて、信の生まれ故郷へ向かった。そこは、山に囲まれた小さな村だった。小春は、土産物屋の店主を訪ね、4年前の夏に信が置いていったという手紙を受け取る。
    46 分
  • 栞が信にしたことを知り、激しく動揺する小春は植杉家を出ていく決意をする。紗千は、2人の娘の間で苦悩する。母たちの葛藤を知らない望海と陸は、まもなく行われる町の夏祭りを楽しみにしていた。
    46 分
  • 小春は数日間入院することに。その間、紗千が望海と陸の面倒を見る。望海の姿に子供のころの小春を重ねる紗千。彼女は小春と骨髄が適合するかを調べる検査を受けるために病院へ向かう。
    45 分
  • 望海は、小春に異変が起こっていることを敏感に察する。小春は、望海が受けるショックの大きさを考えると、自分の病気について絶対に知らせたくないと考えていたが…!?
    45 分
  • その日、小春、望海、陸、紗千、健太郎はいつものように明るく穏やかな朝食の時間を過ごす。しかし、紗千と健太郎は内心、気が気ではなかった。栞が受けた骨髄適合検査の結果が出る日だったからだ。
    57 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ