観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

20件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

14件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【毎週更新】週間映画ランキング

10件

もっとも観られた映画は?先週の映画ランキング Top10 !

デュラララ!!
街をさまよう漆黒の首なしライダー!?予測不能なハイテンションのサスペンスアクション
| 2009年
見放題
第1話を再生(24分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
成田良悟作の同名小説をアニメ化。監督の大森貴弘を始め「バッカーノ!」のスタッフが集結。池袋を舞台に毎回主人公を変え展開される物語をスタイリッシュな映像で描く。
ストーリー
都会の非日常に憧れる帝人は、幼馴染の正臣の誘いもあり、池袋の来良学園に入学することに。だが正臣曰く、池袋に住む上で敵に回してはいけない存在がいるらしい。果たして上京初日、帝人は漆黒のバイクを駆る都市伝説・首なしライダーを目撃する…。
エピソード
全24話
非日常に憧れを抱く少年・竜ヶ峰帝人が、高校入学と同時に池袋で1人暮らしをすることになった。そこで帝人は、今まで知らなかった世界を目にする。そんな帝人に対し、親友の正臣は、ある忠告をする。
来良学園の入学式。数々の生徒が思いを新たに集まってくる。そこにいた、どこか影のある少女・神近莉緒は、平穏な日常にふいに生じた亀裂を覗いてしまい、本当なら2日前に死んでいたはずだったのだ。
ナンパに励む正臣に、戸惑いながらも帝人はついていく。その池袋では、カラーギャング「ダラーズ」に関する噂が飛び交っていた。そして、一度も登校していない園原杏里が絡まれているところを帝人たちが助けるが…。
池袋の街では、ナンバープレートのない漆黒のバイクに跨がり駆ける「首なしライダー」の噂が広がっていた。その姿を見た者も多い。その「首なしライダー」は、1人の老いた画家を探して街中を彷徨っていた。
雑誌記者の贄川が「池袋最強」を探していた。しかし進展性が乏しい。首なしライダー、ダラーズ、サイモン、平和島静雄、黄巾賊、切り裂き魔といった、一貫性がない情報しか、取材先で得ることができないからだ。
池袋から渋谷の間で失踪事件が増加。そしてこの日も、人間狩りをするために若者たちが、廃ホテルに侵入し、不法滞在者たちを追っていた。逃げ惑う人々を「商品」と呼び、彼らは楽しみながら捕まえるのだ。
「池袋で一番強い男」と呼ばれていた平和島静雄。そんな彼は、原因不明の苛立ちを抱えていた。その苛立ちの原因を探りながら街中を歩く静雄。その脳裏には、さまざまな過去の出来事が浮かんでいた。
自分の首を探し続けるセルティが、なかなか見つけられない苛立ちから、家を飛び出してしまう。その帰りを待つ新羅の元をある人物が訪ねてくる。一方、留学生のシリはプラカードなどを手に、人々に話し掛けていた。
最愛の弟。誠二の居場所が掴めない矢霧波江。その行方を捜すために情報屋の臨也を訪ねる。一方の誠二は首に傷のある女と池袋の街を彷徨っていて、「遠くへ行こう」と手を引く女に誠二は優しく微笑むのだった。
街角で首に傷のある女とぶつかる帝人。そして既視感をおぼえ驚く。その時、馬の嘶きのような音を耳にする。その女は「首なしライダー」に追われているようだ。帝人は匿うために、女を自宅に連れ込んだ。
行方不明になった杏里の親友、デュラハン、首に傷のある女、矢霧製薬、人身売買、ダラーズなど、バラバラだったピースが徐々に嵌まっていく。そして帝人は、池袋の雑踏の中で、波江と対峙する。
誠二が首に傷のある女を取り戻すため、帝人に襲い掛かる。その誠二に、女の口から真実が告げられる。その告白に誠二とセルティが驚き、誠二は呆然とし、セルティは怒りから、その場を去ってしまった。
ダラーズの集会から半年が経ち、池袋の街は一見平穏を取り戻したかに見えた。しかし裏では、斬り裂き魔、黄巾賊の活動が活発化してきて、穏やかな日々は掻き消されようとしていた。そんな中、とある人物が姿を現す。
杏里たちが、斬り裂き魔に襲われる。そしてチャットルームには「罪歌」という者が現れ、謎の言葉を書き込む。そんな中、斬り裂き魔がダラーズの一味だという噂が立ち、悩む帝人にセルティが協力を買って出る。
雑誌記者・贄川は、いまだに情熱を持ち続けていた。寿司屋を営む外国人、粟楠会幹部、情報屋、首なしライダーなどの情報を得るべく、取材活動を展開。そんな贄川に1つの人影が忍び寄り、惨劇が起こる。
斬り裂き魔に狙われる杏里の姿を目撃した門田たち。静雄やセルティも加わり、杏里を助けると、斬り裂き魔の正体が判明した。胸を撫で下ろしたのも束の間、セルティはチャットの書き込みに激しく驚かされる。
那須島を追い掛けて姿を消した贄川春奈を杏里が後を追う。そして罪歌を操り、斬り裂き魔の集団を統率する春奈と対峙し、杏里の過去が徐々に明るみになっていく。そんな中、静雄は切り裂き魔と戦っていた。
池袋の街は混乱し始めていた。その様子を臨也は楽しそうに眺める。臨也にはある企みがあった。それを知らない正臣は物思いに耽り、「過去からは逃れられないのだ」という臨也の言葉を頭に浮かべていた。
杏里は、正臣の様子がおかしいと感じていて、その原因を知るために行動を起こす。一方、池袋の街では斬り裂き魔の正体をめぐって、ダラーズと黄巾賊が闘争を起こしていた。2つの組織の対立は深まるばかりだ。
ダラーズの「首なしライダー」が、ある人物を助けたことで、黄巾賊はダラーズの中に斬り裂き魔がいると感じ始める。そして正臣は、黄巾賊の敵、ブルースクウェアの残党がダラーズに紛れているのではないかと疑う。