タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

リベンジ シーズン1

| 2011年 | アメリカ | 324円〜
ポイント 1話無料
美と知性を武器に、父親の無念を晴らしていく女性の壮大な報復劇の幕開け!
見どころ
冷徹なヒロインを演じるエミリー・ヴァンキャンプと、仕返しの標的グレイソン家の女帝役マデリーン・ストーのダブル主演。劇中でふたりが憎悪の火花を散らす姿が見もの。
ストーリー
高級住宅地ハンプトンの有力者グレイソン家の隣に、謎の美女エミリー・ソーンが越してくる。彼女は幼いころ、この地で何不自由なく暮らしていたが、父親に無実の罪を着せたグレイソン夫妻や関係者に仕返しするため、身分を偽って街に戻ってきたのだった。
ここがポイント!
主役エミリーの師匠タケダ役で、真田広之が出演している。
2018年7月12日 23:59まで配信
© ABC Studios

エピソード

  • 無料 
    ハンプトンで暮らしていた少女・アマンダの人生は、父親が無実の罪で投獄され一変。父親を陥れたのは、グレイソン家だった。10数年後、アマンダはエミリー・ソーンと名前を変え、ハンプトンへと戻ってくる。
    42 分
  • グレイソン家の長男・ダニエルと親しくなったエミリーは、彼が出場するポロ競技の会場へ向かう。会場でエミリーの視線の先にはグレイソン夫妻と、ヘッジファンドの代表、ビル・ハーモンの姿があった。
    43 分
  • トム・キングズリー上院議員は2度目の選挙に出馬することにした。グレイソン家では、彼のためにパーティーが開かれようとしていたが、エミリーは素知らぬ顔でキングズリーと対面。彼を狙ってあるわなを仕掛ける。
    42 分
  • ハンプトンで開業した精神科医のミシェル・バンクスは、セレブな婦人御用達のカウンセラーだ。エミリーも患者として彼女の元へ通い始めていた。エミリーが施設にいたことと、彼女は深く関係していたのだ。
    42 分
  • ヴィクトリアは護衛のフランクから、夫のコンラッドが愛人だったリディアとの関係を保ち続けていると知らされる。その後、ヴィクトリアはハンプトンの街からリディアを追放。だが彼女は、また戻ってくると宣言する。
    42 分
  • マンションの屋上から転落したリディアは、昏睡状態に。ある日、コンラッドのパソコンに匿名でリディアと護衛のフランクが争っている映像データが送られてきた。コンラッドはフランクに危機を感じて…。
    42 分
  • リディアは昏睡状態、フランクは行方不明という不穏な空気が漂う中、グレイソン家では、ヴィクトリアとコンラッドの結婚25周年を祝うディナーが計画されていた。だが、夫妻の仲はすでに修復不可能な状態にだった。
    42 分
  • ヴィクトリアとコンラッドが別居生活を開始。その後、リディアが意識を取り戻した。だが彼女は、最近の記憶を失っており、ヴィクトリアに不倫関係が知られたことも、なぜ入院しているのかも覚えていなかった。
    42 分
  • 母親・ヴィクトリアの横暴さに我慢ならなくなったダニエルは、家を出てエミリーとの生活を始める。そんな折、グレイソン・グローバル社では新規投資家を集めたパーティーが開催されることになった。
    42 分
  • フランクが殺害されて以降、エミリーの復讐劇は想定外のできごとばかり。窮地に立たされたエミリーは、復讐の師・タケダから「目の前の敵に全神経を集中させろ」「最大の敵を利用しろ」と指導を受ける。
    42 分
  • 復讐劇が混乱を極める中、エミリーは唯一の味方・ノーランと決別してしまう。意を決してノーランの家を訪れた彼女は、初めて彼に謝罪して関係を修復する。そして2人は、目下の敵であるタイラーを潰すことにした。
    43 分
  • 伝記作家、メイソン・トレッドウェルへの復讐に着手するエミリーとノーラン。メイソンは、かつて刑務所にいる父・デヴィッドを取材し、幼いアマンダにも話を聞きいていた。だが、本の内容は全てねつ造されていた。
    42 分
  • メイソンの取材ビデオで驚愕の事実を知ったエミリー。ダニエルの妹・シャーロットの実の父親は、デヴィッドだった。彼女は、デヴィッドがシャーロットについて語る場面を、コンラッドにメールで送ろうとする。
    43 分
  • エミリーはダニエルからのプロポーズを復讐のために承諾。またエミリーは、シャーロットの実の父親が誰かを暴露する方法を見出す。ある晩、ダニエルの祖父・エドワードを招いてのディナーが、開かれる。
    42 分
  • 祖父・エドワードは、グレイソン・グローバル社のCEOに孫・ダニエルの就任を目論む。だがダニエルはグレイソン家に辟易して、婚約披露パーティーが済み次第、エミリーとパリへ向かう計画を立てていた。
    42 分
  • 婚約披露パーティーの夜、タイラーが銃殺体で見つかる。また死体発見現場に放心状態で現れたのは、血染めのシャツを着たダニエルだった。警察に連行される彼にヴィクトリアは「大丈夫よ」と囁き、抱きしめる。
    42 分
  • ヴィクトリアとコンラッドは一緒に生活を始め、ライカーズ島の刑事施設に勾留されたダニエルを救おうとしていた。そんな2人にエミリーは、メディアアドバイザーとして伝記作家・メイソンを招こうと提案する。
    42 分
  • ダニエルの裁判が始まって15日目が経過。ヴィクトリアは陰でリーという男を雇い、犯人をでっち上げようとしていた。また、その頃ヴィクトリアは過去の恋人、ドミニク・ライトと再会し、密会を続ける。
    42 分
  • 父・デヴィッドの死因を調査していたエミリーは、父はコンラッドに殺されたと確信していたが、決定的な証拠を掴むことはできずにいた。ある日、ノーランが父の手帳を一冊隠していたことが発覚する。
    42 分
  • 2002年12月28日。出所して半年のアマンダは、荒れた生活を送っていた。出所する時、ノーランから渡された株券も、父・デヴィッドの手記にも手を付けずにいたのだ。そこへ再びノーランがやって来て…。
    42 分
  • エミリーは「CM」の証言により、父が白髪の男に殺されたと確信。そこでエミリーは、コンラッドのオフィスと住居にカメラと盗聴器を仕掛け、行動を監視する。その目的は白髪の男の正体を突き止めることだった。
    42 分
  • 白髪の男に拉致されたノーランを助けようと、エミリーは男に正体を明かして勝負を挑む。そんな中、逃げ出すことに成功したノーランは、コンラッドの証拠品を持ち、証券取引委員会の捜査官の元へと向かうのだった。
    42 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ