タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

戦姫絶唱シンフォギア

| 2012年
見放題
――少女の歌には、血が流れている。
見どころ
『覚醒の鼓動』は、すぐそこにまで迫りつつあった…。
ストーリー
認定特異災害『ノイズ』。それに対して攻撃手段を備え、撃退することを可能とする『シンフォギアシステム』。シンフォギアを身に纏い、当代トップのボーカルユニットである『ツヴァイウィング』の天羽奏と風鳴翼は誰に知られることなくノイズと戦っていた…。
2018年5月20日 23:59まで配信
©Project シンフォギア

エピソード

  • 立花響は、この春より親友の小日向未来と共に、私立リディアン音楽院に通うこととなった。それまで音楽とは無縁の生活をしていた響がなぜ音楽学校へと進学したのか?
    23 分
  • 胸に生じた衝動が収まると、響は自身に起きた変異に驚愕する。漲る力と身体に装着されたプロテクターは何か? 自分に向かって目を輝かせる少女を救うべく、この場からの逃走を試みるが…。
    23 分
  • 自分と同じ戦場に立つと申し出る響に対し翼は常在戦場の意志の体現、アームドギアを構えてみせろと詰め寄る。戸惑う響。装者同士が激突しかねない状況を回避できたのは弦十郎の活躍であった。
    23 分
  • 戦いの果てに翼は涙し、響もまた涙する。今はまだ、流した涙でしか明日を守れない。すれ違いの夜は激突の瞬間を迎える。突如現れし謎の少女が身に纏っているのは、かつて失われたネフシュタンの鎧。
    23 分
  • 防人の誇りをかけて解き放った絶唱は、鎧の少女「雪音クリス」の目的である立花響の拉致こそ阻止できたが、ネフシュタンの奪還には至らず、また翼も戦線離脱を余儀なくされるのだった。
    23 分
  • クリスと激突する響。本来であれば、翼にも匹敵する戦闘力のクリスを相手に、およそ勝ち目など無かったが、起動したデュランダルと共振した響は、半ば暴走した状態で破壊エネルギーを解き放つ。
    23 分
  • いまだその手に現れないアームドギア。それでも響はあきらめず、形成に必要なエネルギーを握りこみ、運用効率を度外視したままネフシュタンに向かって叩き込む。
    23 分
  • 彷徨うクリスを、ソロモンの杖でコントロールされたノイズが追い立てる。シンフォギアをその身に纏っても、間断なく続く襲撃と降り注ぐ冷たい雨に体力は殺がれ、疲労からクリスは路地裏に倒れ伏す。
    23 分
  • 絶唱使用による大ダメージも癒え、完全復活を果たした翼。防人として、アーティストとして激務を迎える前に、響はつかの間の休日を楽しむべきと提案する。とまどいつつも受け入れる翼。
    23 分
  • 叛意をうかがわせるフィーネより、聖遺物研究データを奪取せんとアジトを強襲する米国特殊部隊。そこには、いるはずのない櫻井了子の姿があった。撃ち抜かれ、血溜まりに呻く了子。
    23 分
  • ノイズの群れに襲撃される私立リディアン音楽院。それは櫻井了子の名を騙る、先史文明期の巫女フィーネの差し金であった。本部最深奥に格納されているデュランダルの元へと向かおうとするフィーネ。
    23 分
  • カ・ディンギルから撃ち放たれるは、炉心に据えられたデュランダルより無尽に抽出される高質量のエネルギー。それは月を穿ち、破壊せしめる必滅の一撃であった。
    23 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ