タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

とある科学の超電磁砲S

| 2013年
見放題
「とある」シリーズの科学サイドの物語が描かれる第2シーズン
見どころ
特殊な授業を受け、能力を得たお馴染みのメンバーたちと平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活を送っていた美琴に、突然、学園都市の「闇」が迫る――。
ストーリー
東京都西部に広がる「学園都市」では超能力の開発が行われていた。その学園都市で最強と謳われる7人の中の1人・御坂美琴。「超電磁砲(レールガン)」の異名を持つ彼女と、その仲間たちのもとにある日突然、学園都市に隠された闇が迫る。
2019年5月4日 23:59まで配信
©鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S

エピソード

  • 180万人を超える学生が集い超能力開発が行われている「学園都市」。教師によるボランティア組織「警備員」や学生による「風紀委員」が都市を守る一方で、路地裏にはいたいけな少女に絡む不良学生たちがいた。
    23 分
  • 「広域社会見学」を前に買い物に出掛ける美琴たち。ショッピングモールへの近道を選ぶと、狭い裏路地に多くの学生たちがいた。不思議に思う美琴たちは、その原因となっている「マネーカード」の入った封筒を拾う。
    23 分
  • 忍び込んだ研究所で美琴は「クローン製造計画の中止」を知った。自分のDNAマップが悪用されなかったことを確認し、晴れやかな気持ちになった美琴は、初春や佐天たちと一緒にショッピングに出掛ける。
    23 分
  • 中止されたはずの計画が続行されていた。「妹達」を運用した絶対能力者・レベル6への進化法だ。予想以上の実験内容に大きなショックを受けながらも、突き止めた実験場に着いた美琴を、無残な光景が待ち受けていた。
    23 分
  • 「実験」の名のもとに次々と命を落としていく「妹達」。殺される運命を受け入れた彼女たちの姿と、何よりも過去の自分の行動によって「実験」が成立している事実に対し、美琴は深い罪の意識を抱いた。
    23 分
  • 「妹達」とそれに関わる「実験」を中止に追い込む決意をした美琴により、次々と稼働不能にされた研究施設も残すところあと2カ所。だが、「実験」を行う者たちも、ただ手をこまねいていたわけではなかった。
    23 分
  • 施設防衛の依頼を受けた暗部組織「アイテム」の1人、フレンダによって張り巡らされたわなを突破し彼女を追い詰めた美琴。そんな時、「アイテム」のリーダーで第4位の超能力者・レベル5の麦野沈利が現れた。
    23 分
  • 「原子崩し」と「能力追跡・AIMストーカー」。これら「アイテム」の強力な連携で美琴は追い詰められる。追う側である麦野は、現在戦っている相手を学園都市第3位の「超電磁砲」と認め、一騎討ちを挑む。
    23 分
  • 関係していた研究機関の稼働を全て停止させ、「実験」を中止に追い込むという自分の目的は達せられた。孤独な戦いを終え、ようやく日常へと戻った美琴の前に、ツンツン髪の少年・上条当麻が姿を現す。
    23 分
  • 「実験」こと「絶対能力進化・レベル6シフト計画」という巨大な闇を調べるうち、美琴はどうしようもない無力感にとらわれそうになる。しかし、自分の全てを懸けてでも、この計画を終わらせねばならない。
    23 分
  • 「樹形図の設計者」とは、学園都市が誇る「未来予測」すら可能な超高速演算装置。全ての始まりであるそのハイテクコンピュータをハッキングし、忌まわしい計画を阻止すべく施設に赴いた美琴は衝撃の事実を知る。
    23 分
  • 「お姉様から何か言ってくださるまではじっと待つ」と決意しながらも、黒子は連日美琴が不在にしていることに不安を募らせる。そんな彼女のもとに意外な人物が現れた。お姉様にちょっかいをかけていた上条だ。
    23 分
  • 「全ての始まりの原因となった自分が死んでも計画を止めなくてはならない」と決意する美琴を懸命に止めた上条。彼は「みんなが笑っていられる幸せな結末」を掴み取るため、ミサカたちがいる次の実験場へと急ぐ。
    23 分
  • 上条により地面に沈んだ一方通行が見せた秘策は、空気、風、大気、そのベクトル全部を手中に収め上条にぶつけるというものだ。「最強」を超える「無敵」にたどり着こうとしている一方通行によって上条は倒される。
    23 分
  • 「最弱」の右拳により美琴のクローン「妹達」をめぐる事件に幕が引かれ、再び平穏な日常が戻ってきた。そんなある日、寮監の厳しいチェックをくぐり抜け、美琴と黒子は時間外の外出許可を取った。
    23 分
  • 「乱雑開放」事件以来、入院してリハビリに励んでいた枝先の退院が決まる。春上はひとり暮らしをしたことがない彼女を案じ、2人で同居することを決めた。春上の引っ越しの準備を進める初春はどこか寂しそうだった。
    23 分
  • 美琴たちは、公園の花畑で倒れている見知らぬ子供を見つけた。フェブリと名乗るその少女は、なぜか美琴の名前を知っていた。美琴には心当たりが全くなく、風紀委員にも該当する迷子の情報は届いていない。
    23 分
  • 学園都市の非能力系発表会、通称「学究会」会場内で、フェブリが警備ロボットの暴走事故に巻き込まれそうになる。大事には至らなかったものの、誤作動するはずのないロボットが動き出したという不審な点が残された。
    23 分
  • フェブリを回収しようとしている何者かの存在があった。そして、フェブリが「科学的に作られた人造物」であると、エル顔の医者が発言。フェブリをめぐる状況は、にわかにきな臭さを増してきていた。
    23 分
  • フェブリに残された時間は72時間。彼女を救う手掛かりを得ようと、美琴は収監されているテレスティーナのもとに向かう。テレスティーナは、学園都市で暮らす子供たちは全て実験用のモルモットだと吐き捨てた。
    23 分
  • 学園都市では能力のレベルだけで価値を判断する。また能力の開発は先天的資質に負うところが大きかった。そして、わなにはめられた美琴と布束に向けて、有冨の口から「ケミカロイド計画」の全貌が語られる。
    23 分
  • 有冨たち「スタディ」による「革命」。それは2万体もの駆動鎧を使ったテロだった。これを阻止すべく学究会各会場で奔走する黒子、初春、佐天、婚后たち。さらに多くの風紀委員たちの力を得て、テロに立ち向かう。
    23 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ