タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

花咲くいろは

| 2011年
見放題
突然の夜逃げ、突然の告白、そして突然の別れ――。
見どころ
今までとは違う自分になりたかったという夢は、急に現実となる。松前緒花の平凡な日常は1日にしてドラマチックな展開を迎える。
ストーリー
通い慣れた、それでいてあまり愛着のない街を出て、話したことや会ったこともない祖母の元で暮らすことに。大正浪漫あふれる温泉旅館・喜翆荘。そこで出会う人たち。花の芽が地上に出て新たな世界を知るように、今までとはまったく違う、新しい生活を始める。
2018年9月30日 23:59まで配信
©花いろ旅館組合

エピソード

  • 突然、母、皐月から「夜逃げをすることになった」と伝えられた松前緒花。母親から手渡されたのは「喜翆荘」という名と、電話番号が書かれた1枚の紙切れだけだった。
    24 分
  • 「従業員として働きながら高校に通うこと」と、祖母である四十万スイから厳しく言われ、スイが経営する温泉旅館「喜翆荘」で働き始めた緒花。それは思い描いていた生活とはほど遠い世界だった。
    23 分
  • 喜翆荘で長逗留をしている売れない小説家、次郎丸太郎。彼の書きかけの原稿をゴミだと勘違いして捨ててしまった緒花は、次の朝、まかないの支度途中に姿を消してしまう。
    23 分
  • 民子、菜子と同じ学校に通うことになった緒花。東京から来たということで女生徒たちには質問攻めに、実は男子に人気のある民子と一緒に住んでいるということで男子生徒から興奮気味に詰め寄られる。
    23 分
  • 喜翆荘の板前であり民子を指導する先輩でもある宮岸徹。緒花と民子は、彼がホットパンツ姿の結名をバイクに乗せ走り去るのを目撃する。驚く2人だったが…!?
    23 分
  • ある朝緒花が玄関を掃除していると、車に乗った女性が現われる。彼女こそ、経営が苦しい喜翆荘を立て直すべく、叔父であり番頭である四十万縁が雇った経営コンサルタント川尻崇子だった。
    23 分
  • 母からの電話でお見合いを勧められる巴。すでに相手の写真も送ったと言われ、実家に帰ってこいと迫られる。今の仕事を続けるか、それとも結婚か。これからの人生について悩む巴。
    23 分
  • 旅行雑誌で喜翆荘のある湯乃鷺温泉街が特集されることを知った緒花。旅館ランキングで上位になればお客も増え、スイからも労ってもらえるのではと妄想する。
    23 分
  • 突然倒れ病院に運ばれたスイ。菜子や徹の不在。そして覆面記者宿泊の疑い…。女将不在の中、右往左往する喜翆荘の面々は、崇子の提案で覆面記者と思われるお客を優先に接客しようとする。
    23 分
  • 緒花は無理がたたり熱を出して倒れてしまう…。落ち着いて寝ている緒花を心配そうに見つめる民子や菜子、巴たちは、今日1日ゆっくり寝かしておこうと決める。
    23 分
  • 湯乃鷺温泉街の特集が載った旅行雑誌の発売日。緒花は旅館ランキングでの喜翆荘の高評価を期待するが、現実は10点満点中の5点。またランキングの結果を受けてか予約キャンセルが相次いでいた。
    23 分
  • 雑誌の旅館ランキングで喜翆荘に悪い点数をつけられたのは大人の事情が絡んでいたと知ってショックを受ける緒花。心配で迎えに来た徹と民子に慰められ、3人は小さなビジネスホテルで一夜を明かす。
    23 分
  • スイと緒花は皐月と距離を取っていたのだが…。仕事を通してスイ、皐月、緒花それぞれの気持ちが交錯。四十万の女たちの物語に新たな1ページが加わる。
    23 分
  • 今日は緒花たちが通う香林高校の修学旅行。水着姿の緒花が完全防備姿の民子の手を引き海へ誘っていた。旅館の番頭であり跡取り息子の日渡洋輔は、何か結名と関係がありそうな雰囲気だが?
    23 分
  • 結名の遠い親戚の日渡洋輔。彼の実家が経営する旅館「福洋」に修学旅行で泊まることになった緒花たち。しかし番頭である洋輔の厳しい指導や彼の態度に我慢できずバイトの仲居4人が突如辞める。
    23 分
  • 結名の実家である「福屋旅館」に集まった湯乃鷺温泉の女将、組合員たち。不況の時世、どうやったら温泉地を盛り上げられるかと話し合っていた。その中には緒花、菜子、民子、そして結名の姿も。
    23 分
  • 喜翆荘の螺旋階段では、緒花と菜子に追い詰められ進退窮まった結名の姿があった。喜翆荘を舞台にして、さらに現地の人も積極的にキャスティングすることとなった映画製作だが…!?
    23 分
  • 夜、次男をおぶりながら台所で夕食を作っていると、長男と次女の「お腹空いたー」という声が響き、居間からは小学校の教師である両親の討論が聞こえてきた。
    23 分
  • 文化祭で「姫カフェ」を企画することになった緒花たちのクラス。主に男子からの強い支持で、接客チームのリーダーは結名姫、料理チームのリーダーは民子姫ということに決まり…!?
    23 分
  • 文化祭の「姫カフェ」のメニューについてクラスメイトと言い合いになってしまった民子。売り言葉に買い言葉、材料の買い出しや準備を自分だけでやると言い、準備当日も朝早くから出かけていた。
    23 分
  • 縁と崇子から突然の結婚宣言を聞かされる喜翆荘の面々。結婚式があげられなくても2人の力で旅館を盛り返すと息巻く縁だったが、スイから必ず式は挙げること、と条件を出される。
    23 分
  • 緒花、菜子、結名は手作りのウェディングドレスを、蓮二から初めて宴会料理を任された徹は当日のメニュー作りに、次郎丸はオリジナルの寸劇の準備にと、それぞれが縁と崇子の結婚式準備を進める。
    23 分
  • 40年欠かさずつけてきた業務日誌を誰かに引き継いでほしいという電六の申し出。それを了承したスイは、ある重大な決心を緒花に告げる。後日スイの気持ちを知ることとなった喜翆荘の人々は…!?
    23 分
  • 偶然にも東京で出会った緒花と孝一。突然のことに驚く2人だったが、孝一はあらためて自分の気持ちを緒花に伝えようと、ゆっくりと話し出す。しかし孝一の気持ちを汲み取った緒花はそれを遮り…!?
    23 分
  • 湯乃鷺温泉にある神社や湖では、ぼんぼり祭の準備が着々と進む。結名から渡されたのぞみ札を持って緒花が戻ると、縁たちが、いつもより多くのお客さんをどうやってもてなすかとバタバタしていた。
    23 分
  • 神社を目指して徐々に集まるぼんぼりの灯り。暗闇の中で輝くその灯は、空に輝く天の川のようにも見えた。初めて目にするその様子に感動する緒花。そのとき、携帯電話に孝一からのメールが入る。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ