観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

21件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

18件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

14件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【毎週更新】週間映画ランキング

10件

もっとも観られた映画は?先週の映画ランキング Top10 !

無責任艦長タイラー
合言葉は愛と正義と…無責任!?宇宙戦争を悪運だけで出世していくお気楽SFコメディ
| 1993年
見放題
第1話を再生(23分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
吉岡平の小説を原作とするSFコメディ。お調子者の青年が悪運だけで成り上がる姿は痛快そのもの。主人公に巻き込まれていくサブキャラとのやりとりも軽妙で心地よい。
ストーリー
20歳の青年、ジャスティ・ウエキ・タイラーが惑星連合宇宙軍を志望したのは、楽がしたいから。神聖ラアルゴン帝国との開戦を控え、深刻な人材難に直面している宇宙軍は、適正試験の芳しくない結果にも関わらず採用。これがすべての始まりだった…。
ここがポイント!
原作小説のタイトル「宇宙一の無責任男」からも伺える通り、クレージーキャッツの「無責任シリーズ」をモチーフとしており、タイラーの名前も植木等扮する主人公が元ネタ。
エピソード
全26話
20歳の青年、ジャスティン・ウエキ・タイラーは、楽がしたいという理由から惑星連合宇宙軍に入隊志願をした。一方、地球と敵対する神聖ラアルゴン帝国では、16歳の少女であるアザリンが新皇帝に即位した。
年金課に配属となったタイラーは、支給漏れになっていた宇宙軍の英雄・ハナー元提督に年金を届けに向かう。すると、ラアルゴン帝国のスパイが起こした人質事件に巻き込まれてしまうが、持ち前の無責任さで…。
人質を救出した功績を認められ、少佐に出世したタイラーは駆逐艦・そよかぜの艦長として赴任。しかしそこは宇宙軍のはみ出し者の吹き溜まりだった。海兵隊員とパイロットのいざこざに対してタイラーは…。
いつものように反乱状態のそよかぜは、ランダムワープするとラアルゴン偵察艦隊に接近してしまう。かなわないと判断したタイラーはいきなり降参し、敵艦艦長にあるプレゼントを渡すと、敵艦隊は大混乱に陥る。
ラアルゴン偵察艦隊を撃破したそよかぜに、ハルミという看護兵が送り込まれてきた。彼女の美しさに艦内の男たちは上を下への大騒ぎになる。しかし、ハルミには人には言えない秘密があるようだった。
タイラーのあまりの無責任さに呆れ果てたミフネとフジは、タイラーを抹殺してしまおうと計画。そして、そよかぜもろともラアルゴン艦隊の標的になるように、タイラーに授与する勲章に仕掛けを施す。
ごみだらけになってしまったそよかぜの大掃除と24時間の規律厳守を懸け、ユリコは腕相撲で勝利。おかげで艦は見違えるようにきれいになった。そんななか、ドムが率いる敵巡洋艦・ドローメが接近してくる。
ドムから指令を受け、ハルミはタイラーを暗殺しようと躍起になっていた。さらにタイラーの命を狙うフジも、そよかぜの航行先に刺客を送る。そんなことを知らないそよかぜ乗組員はミスコンテストで盛り上がる。
そよかぜに左遷命令が下った。タイラーは下命後48時間以内で効力を発する命令変更申請をしようと、ユリコ、ハルミと共に最寄りの惑星へ向かう。しかし、タイラーはそこで出会ったハナー元提督と話し込んでしまう。
左遷されたにもかかわらず、コジローは日々の訓練を欠かさないでいた。そんな彼の影響か、ユミとエミが戦闘機に乗りたいと言いだした。パイロット適正レベルが最低な2人であるため、ヤマモトもユリコも猛反対する。
そよかぜは左遷空域を航行する日々が続く。ユリコは規律を保ち、1日も早い左遷解除を上層部に求めようとしていた。一方の乗組員は、この時とばかりに羽を伸ばしていた。特に通信士のキムの服装は派手になっていく。
そよかぜは、以前にも左遷された時があった。それに責任を感じた当時の艦長は午後11時59分59秒に自殺。その時間になると艦長の幽霊が現れるという噂が立ち始める。そして、11時59分59秒がやってくる。
左遷解除に大喜びのそよかぜ乗組員だが、なぜかタイラーだけは浮かない顔をしていた。全てに勝るラアルゴン帝国と再び一戦交えることが憂うつなのだ。その頃、タイラーへの復讐に燃えるドナンの艦隊が近づき…。
再びラアルゴン艦隊を撃破した功労として、タイラーは勲章を授かることになった。しかし、ドナンの猛攻を受けたそよかぜは修理中で航行もおぼつかない。そこでタイラーはガリレオで空母・鳳凰に向かう。
タイラーを捕獲するため、ハルミは作戦通り病原菌を艦内に散布。しかし、自分に信頼を寄せるクルーを見て心が揺れる。乗り込んできたシアハスは、躊躇するハルミを処分しようとするが、タイラーはハルミをかばう。
捕虜となってもじっとしていないタイラーが牢獄を抜け出すと、アザリンと鉢合わせする。2人はアザリンの思い出の世界で戯れる。翌日、アザリンは皇帝としてタイラーのペット化を宣言し、パコパコが誕生する。
愛玩用洗脳手術を施されたパコパコはふぬけ状態になっていた。一方、そよかぜの乗組員は菌の拡散防止を名目に連合宇宙軍で隔離監禁されていた。乗組員たちはタイラーの身を案じ、脱出してラアルゴンに向かう。
そよかぜは連合宇宙軍の追撃を振り切り、ラアルゴン艦隊に襲いかかる。そんななか、アザリンがタイラーに気持ちを打ち明けようとする瞬間、ワングが彼女を強襲。タイラーは盾となって瀕死の重傷を負う。
タイラーの洗脳を解くべく、ユリコとアザリンがタイラーの意識の中にダイブを試みる。アザリンは混迷する深層意識にシンクロして眠りに落ちてしまう。ところがタイラーはユリコに直接脳で怒鳴られ、ついに蘇る。
タイラーの全快祝いに沸くそよかぜでは、艦長室には次々と女性クルーが訪れ愛を告白。しかしタイラーは、野郎共から強制レンタルされたAVの誤作動を止めようと必死だった。アザリンはベッドの陰に隠れたままで…。