タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

名探偵ポワロ シーズン11

| 2008年 | イギリス
見放題
大胆なトリックと感動的なストーリーが魅力!円熟味を増した探偵ミステリー
見どころ
「第三の女」では、シーズン10以降の作品に度々登場するアリアドニ・オリヴァ夫人が大活躍。重厚なポワロとは反対の活発なキャラクターがテンポの良さを生んでいる。
ストーリー
ベルギーの元警察官という経歴を持つ名探偵、エルキュール・ポワロが、アーサー・ヘイスティングス大尉、ジェームス・ハロルド・ジャップ警部、秘書のミス・レモンらと共に、“灰色の脳細胞”をフル回転させて難事件を解き明かしていく。
特集:何から見てもハズレなし!「名探偵ポワロ」傑作選
名門私立女子校が舞台の、本シリーズで貴重な学園もの「鳩のなかの猫」。教師や生徒、父兄ら女性陣に囲まれたポワロを楽しんで。
2020年9月30日 23:59まで配信
© Agatha Christie Ltd (A Chorion Company) 2008

エピソード

  • ポワロを訪ねて来たスペンス警視が、彼が担当し、既に判決も出ている「マギンティ夫人殺人事件」の再調査を依頼してきた。被告が犯人だと思えないというのだ。
    93 分
  • 名門女子学園を訪れたポワロは、旧知の校長から「後継者として教職員の誰が適任か」を観察して欲しいと頼まれて、しばらく学園に滞在することになった。
    93 分
  • 人を殺したかも知れない―ある朝、ひとりの女性がポワロを訪ね、そう言い残し去っていた。彼女は、作家のオリヴァ夫人の家の下の部屋をルームシェアして住んでいるノーマだった。
    93 分
  • ポワロは、ボイントン卿のシリアの遺跡発掘現場を訪れた。そこには遺跡の見学者に加え、卿の再婚した妻とその子供たちや卿の息子も顔を揃えていた。
    93 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ