タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

NARUTO‐ナルト‐

| 2002年
見放題
自分の言葉は曲げねえ…それがオレの忍道!大人気忍者バトルアクション第1部!
見どころ
岸本斉史の漫画を原作に、落ちこぼれ忍者ナルトの成長を描くバトルアクション。キャラ、ストーリーなど見所は多いが、やはり迫力の忍者アクションは見逃せない!
ストーリー
木ノ葉隠れの里の落ちこぼれ忍者、うずまきナルトは里一番の忍者「火影」を目指して日々奮闘中!個性豊かな忍たち、過酷な戦いを通じて芽生える友情、そして己の忍道を貫くために避けられない別れ…。自分と仲間を信じ、数々の試練に立ち向かう!
ここがポイント!
原作漫画の第1部を元にしつつ、後半はアニメオリジナルのストーリーを中心に構成、その旅立ちまでを描く。ナルト以外にスポットを当てたエピソードが多いのも魅力的。
特集:独特のかわいさが魅力…女性が演じる男性キャラ
ナルト役で広く知られているの竹内順子。落ちこぼれから頼もしく成長した疾風伝の青年版まで、長年ナルトを演じ続けている。
2018年10月31日 23:59まで配信
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
  • 忍者学校の落ちこぼれ・ナルトは、またも卒業試験に落第。そんなある日、初代火影が残した「封印の書」が盗まれるという事件が発生した。その犯人はナルトだったが…!?
    23 分
  • 木ノ葉の里長は「火影」と呼ばれ、忍者の「心技体」をきわめた者がその地位につくとされている。忍者学校を卒業できたナルトは忍者登録書を提出しに行ったとき、三代目火影の孫・木ノ葉丸と出会う。
    23 分
  • 「下忍」として晴れて忍者となったナルトは、3人1組の班を組むことに。ナルトと同じ班になったのは、春野サクラとうちはサスケ。ナルトはサクラにゾッコンだったが、サクラはサスケに夢中だ。
    23 分
  • ナルト、サスケ、サクラを指導する担当上忍・はたけカカシがやってきて、厳しい試練を言い渡した。それは、3人のうち1人しか合格できないといわれている「サバイバル演習」だった。
    23 分
  • 試練に苦戦するナルトたち。3人の前に立ちはだかったカカシは今までとは全くの別人。本気のナルトを軽くあしらい、里一番のエリートと言われるサスケでさえも歯が立たなかった。
    23 分
  • 本格的に忍者の任務を受け持つことになったナルトたち。しかしその任務はといえば、迷子のネコを探すなど退屈な仕事ばかりだった。次第に不満がたまるナルトは、ついに三代目火影に猛抗議し…!?
    23 分
  • 波の国にたどり着いたナルトたちは、この国が「ガトー」という悪徳商人に支配されていることを知る。先ほどの追手も、タズナの命をねらうガトーの放った刺客だったのだ。しかも次に現れたのは…!?
    23 分
  • 再不斬の裏をついたカカシが、ついにそのノド元に切先をつきつける。背後から再不斬を封じたカカシの勝利は間違いないものに思えた。しかしそれは水分身によって作られた偽者であった!
    23 分
  • 水牢が破られ自由になったカカシが再び再不斬に立ち向かう。「写輪眼」の真の力が発揮されるときが来たのだ。カカシは、再不斬の術「水遁大瀑布」を一瞬にしてコピーし、再不斬に叩きつけた。
    23 分
  • タズナの家に着いたナルトたち。写輪眼でスタミナを使い果たしたカカシは身動きがとれない。再不斬を倒した安心感からナルトたちには余裕ができていたが、カカシにはひとつの疑問があった。
    23 分
  • ナルトとサスケは、チャクラを使った木登りの修業に励んでいた。ボロボロになって帰ってきたふたりに、タズナの孫・イナリが冷ややかに「ガトーには勝てっこない」と言い捨てる。
    23 分
  • チャクラコントロールの修業を続けるナルトは、女のように見える謎の少年と出会う。「大切なものを守るためにはどこまでも強くなれる」と語る少年。それは、ナルトが抱いていたものと同じだった。
    23 分
  • ガトーの部下が、タズナの娘・ツナミを人質にしようと家に乗りこんできた。連れ去られる母親を前に、恐怖に震えるイナリ。しかしナルトの言葉を思い出し、勇気を振り絞って悪党たちに立ち向かう!
    23 分
  • 白の「魔鏡氷晶」により、ピンチに陥ったサスケ。そこにナルトが飛びこんできた。しかし、魔鏡氷晶を内と外から崩そうと考えていたサスケの作戦はナルトの行動で台なしになってしまう。
    23 分
  • カカシは知っていた。今のナルトたちでは再不斬とともに何度も死線を越えてきた白を倒せないと…。あまり時間をかけられないと悟ったカカシは、再び写輪眼を使う決意を固めるが…!?
    23 分
  • 白の猛攻を受け続けるナルトとサスケ。ナルトはすでに立ち上がることもできなくなっていた。しかしサスケは、この戦いの中で、自分自身が秘めた血継限界「写輪眼」の能力に目覚めつつあった。
    23 分
  • ついにナルトが覚醒した! サスケを傷つけられた怒りが、封印された「九尾の妖狐」の力を呼び覚ましたのだ。ナルトの圧倒的な力の前に敗北を悟った白は、「ボクを殺してください」と告げる。
    23 分
  • 再不斬とカカシの戦いにも終止符が打たれようとしていた。カカシの「口寄せの術」で動きを封じられる再不斬。そして、勝利を確信したカカシの最強の術「雷切」が唸りをあげて再不斬に襲いかかる!
    23 分
  • 白を思い、怒りにまかせて再不斬を問い詰めるナルト。それに何も感じていないように見える再不斬だったが実はそうではなかった。言葉とは裏腹に、再不斬は白を誰よりも大切に思っていたのだ。
    23 分
  • ナルトは木ノ葉隠れの里に続々と他里の忍が集まっていることを知る。彼らこそ各里を代表して送り込まれた下忍で、今回木ノ葉で行われる「中忍選抜試験」、通称「中忍試験」の受験生たちであった。
    23 分
  • 木ノ葉の里からも中忍試験に受験生を送ることになった。その中にはナルト、サスケ、サクラたちも含まれている。だがナルトたちの参加にイルカは強く反対。まだナルトたちは未熟すぎるというのだ。
    23 分
  • サクラの危機に現れたリーが3人の音忍にたったひとりで立ち向かう。必殺「表蓮華」で戦うリーだが、音忍たちの音速攻撃を受けついに倒されてしまう。そんなリーの姿を見てサクラは…!?
    23 分
  • つかの間の休息についていたナルトたち。しかし試験のタイムリミットまではあとわずか。そんな中、ナルトがある提案をする。別の巻物を使って、もう1本の巻物を偽造しようというのだ。
    23 分
  • サスケの呪印を封印するカカシの前に、突如現れた大蛇丸。「野望達成のためにうちはの力がほしい」と自らの目的を語る。一方、試験会場では音忍、ザクと、木ノ葉の油女シノが戦っていた。
    23 分
  • 木ノ葉崩しの傷跡は深く、里は復興の作業を急いでいた。そんな中、里に2つの人影が。かつて里を抜けたサスケの兄、うちはイタチと手配書Sランクの重罪人、干柿鬼鮫だ。
    23 分
  • アスマと紅のピンチをギリギリのところで救ったカカシだが、これまで戦いを見守っていたイタチがついに戦闘に参加。カカシとイタチ、写輪眼を持つ者同士の戦いが始まった。
    23 分
  • イタチと戦うため、ナルトたちがいるという宿場町へとひた走るサスケ。かつてはサスケの自慢の兄だったイタチ。しかしある夜、たったひとりで木ノ葉の名門と言われたうちは一族を滅ぼしてしまう。
    23 分
  • 鬼鮫の攻撃に万事休すのナルトは、間一髪、自来也に救われる。イタチたちはナルトの中に封印されている九尾の妖狐の力を狙っていた。イタチと鬼鮫の前に立ちはだかる自来也。
    23 分
  • いよいよ自来也によるナルトの修業が始まった。習得しようとしている術は、あの四代目火影が遺した忍術であり、「天才」といわれた四代目でも習得に数年を要したというものだった。
    23 分
  • 思わぬヒントから修業の第1段階をクリアしたナルト。だが、ゴムボールをチャクラで破裂させるという第2段階に行きづまる。そんな中、ナルトは忍者学校での出来事を思い出す。
    23 分
  • 綱手とその付き人、シズネの前に突然、大蛇丸とカブトが現れた。三代目火影の封印術によって負傷した大蛇丸の腕を治療させようというのだ。大蛇丸は綱手の悲しい過去を利用して…!?
    23 分
  • 今は亡き、綱手の弟と恋人を禁術で生き返らせてやるという大蛇丸。だが腕が治った場合、大蛇丸はただちに木ノ葉崩しを再開するという。綱手は木ノ葉の里への思いと、誘惑の間で揺れ動く。
    23 分
  • 歴代の火影をバカにした言葉に耐え切れず綱手にケンカを売ったナルトは、修業中の術で挑むもあえなくかわされてしまう。腹を立てたナルトは「すぐにでも術をマスターしてやる!」と宣言して…!?
    23 分
  • 綱手との賭けに勝つため、約束の期限までに術をマスターしようと必死になるナルト。一方、綱手は大蛇丸の誘惑にまだ迷っていた。すぐに返事をしない綱手にカブトは疑念を感じていたが…!?
    23 分
  • 大蛇丸の誘いに乗ったかに見えた綱手。だが“火の意志”は消えることなくその心に燃え続けていた。交渉は決裂した。カブトとの戦いで追い詰められる綱手、そこにナルトと自来也が駆けつけた…!
    23 分
  • 大蛇丸との戦闘が始まった。口寄せの術で大蛇を呼び出す大蛇丸とカブト。それに対し、まだ薬の作用でチャクラをうまく練れない自来也が呼び寄せたのは小さなガマ吉だった。
    23 分
  • 「オレは火影になるまで、ぜってェ死なねーからよ!!」と言うナルトは、ついに螺旋丸を完成させた。縄樹やダンと同じ夢を持つナルトに綱手は最後の望みをかける。そして綱手が取った行動とは…!?
    23 分
  • 自来也、綱手、大蛇丸の死闘が始まった。大蛇丸にマンダ、綱手にカツユ、そして自来也にガマブン太! 「伝説の三忍」と、巨大な3匹による天地も裂けんばかりの攻防で、決戦は終局へと向かう。
    23 分
  • 里に戻る途中、温泉街に立ち寄るナルトたち。そこに待ちかまえていたのは、綱手が借金をしていた「赤城一味」だった。初代・火影の首飾りを盗む赤城一味に気づいたナルトは追いかけるが…!?
    23 分
  • 綱手から、忍をやめるか、生死を懸けて手術を受けるかを問われたリー。悩むリーは恩師のガイとの出会いを思い出す。同じ頃、木ノ葉丸は祖父である三代目・火影との別離から立ち直れずにいた。
    23 分
  • 忍術も幻術も使えず、周りから見下されていたリー。しかしガイだけは「熱血さえあればいい」と、努力と体術を教えてくれたのだった。しかし、今回ばかりはすべて無力だと悟るリーに、ガイは…!?
    23 分
  • 山葵一家とわがらし一家が争う茶の国。国の覇権を巡るレースが始まった。だが、走者のイダテは、開始早々なぜかコースを大きく外れる。突然のルート変更に戸惑いながらも後を追うナルトたち。
    23 分
  • かつては忍者をめざしていたイダテ。中忍試験で、試験官として現れたイダテの兄、イビキが出した10問目の問題。それは3人1組で課題を競い合い、その中のひとりが落第するというものだった。
    23 分
  • とうとう始まったナルトとサスケの真剣勝負。2人は激しくぶつかり合い、ナルトは螺旋丸を、サスケは千鳥を発動する。そのとき、2人の間にサクラが飛び出した! 間一髪でカカシが止めに入り…!?
    23 分
  • 自らの力不足に悩むサスケの前に、大蛇丸からの使者、「鬼童丸」、「左近」、「次郎坊」、「多由也」の音の四人衆が現れる。呪印による強さを見せつけた四人衆は、サスケを大蛇丸の下へと誘う。
    23 分
  • サクラの言葉も届かず、音の四人衆とともに木ノ葉を抜けたサスケ。それを知った綱手はシカマルを呼び、緊急任務を言い渡す。シカマルは素早い判断でナルト、チョウジ、ネジ、キバを集める。
    23 分
  • 呪印の力を覚醒させる薬「醒心丸」を飲み、仮死状態となるサスケ。四人衆はサスケを棺桶に入れて封印し、大蛇丸の元へと運ぶ。一方、任務から帰還中のゲンマたちがその不穏な気配に気付く。
    23 分
  • シカマルの作戦とチョウジのパワーで結界から脱出したシカマル小隊。サスケに追いつくため、シカマルは二手に分かれる決断を下すが、チョウジは「ひとり残って食い止める」と次郎坊の前に立ち…!?
    23 分
  • 音の四人衆に接近し、奇襲をかけようとするナルトたち。しかしシカマルが鬼童丸の「忍法蜘蛛縛りの術」に捕らえられてしまう。硬度自在の糸を操る鬼童丸に、白眼の使い手ネジが挑む…!
    23 分
  • 互いに一歩も引かないネジと鬼童丸の攻防。接近戦に持ち込み、柔拳での攻撃に勝機を見出そうとするネジ。いっぽう鬼童丸は、口寄せした大蜘蛛が生み出す無数の子蜘蛛を使って攻撃を仕掛ける。
    23 分
  • ネジの白眼に存在するわずかな死角を、鬼童丸は見逃さなかった。状態2に変化し、力を解き放った鬼童丸に追いつめられたネジ。その脳裏に中忍試験でのナルトとの戦いが蘇る。
    23 分
  • 「新しい器」となるサスケを届けるため、大蛇丸の元へ急ぐ左近と多由也。だが深手を負った大蛇丸の苦痛は、頂点に達していた。サスケの到着が間に合わないと判断したカブトは、ある決意をする。
    23 分
  • 音の四人衆への急襲により、一度はサスケを取り戻したナルトたち。しかしその背後に、左近と多由也が迫る! キバと赤丸は左近とともに谷へと転落。さらに最強の刺客、君麻呂の影が…!!
    23 分
  • 崖下で繰り広げられるキバと左近の戦い。キバの放った新術、「牙狼牙」が左近の体を引き裂いたかと思いきや…。一方、シカマルは、多由也が口寄せした三体の巨大な怒鬼に苦しめられていた…
    23 分
  • 窮地に陥ったキバと赤丸に、更なる脅威が迫る。細胞を分解できる右近が、いつの間にかキバの体内に侵入していた。一方、君麻呂と対峙するナルト、多由也を相手取るシカマルも危機を迎えていた。
    23 分
  • 必死の策も決め手にはならず、音の忍の圧倒的な強さに絶体絶命となるシカマル、キバ、リー。その前に現れたのは、かつての敵である我愛羅、テマリ、カンクロウの砂の三姉弟だった。
    23 分
  • 呪印を開放し、変貌する君麻呂。その血継限界の力で我愛羅を追いつめる。さらに最強硬化した骨で我愛羅の絶対防御、守鶴の盾を貫こうとする。互いに最硬を誇る、「矛」と「盾」の激突の行方は…!?
    23 分
  • 火の国国境付近の峡谷で、ついにサスケに追いついたナルト。しかし、サスケはすでに以前のサスケではなかった。仲間の想いを踏みにじるサスケに怒りを爆発させたナルトは、激しくぶつかり…!?
    23 分
  • ナルトの影分身に、火遁・豪火球の術で応戦するサスケ。火遁術はうちは一族に代々伝わるもので、幼いサスケが初めて父から教わった術だった。当時、サスケは必死に修業を重ね術を会得したが…!?
    23 分
  • サスケの記憶に残る忌わしき映像…、血まみれになったうちは一族。親しい人々、そして両親の命さえも奪ったのは、イタチだった。恐怖にすくむサスケに、イタチは一族を滅ぼした理由を語り…!?
    23 分
  • サクラに相談され、2人が本当に殺し合いかねないと考えたカカシは、忍犬軍団を放つ。一方、万華鏡写輪眼の開眼条件「最も親しい友を殺す」ために、サスケは持てる力の全てをナルトにぶつける。
    23 分
  • ナルトの九尾のチャクラは、まるで意志を持つように動き、サスケに強烈な攻撃を加える。ナルトの力に対抗すべく、サスケは呪印を解き放ち、状態2へと覚醒。2人は最後の激突に向かう…!
    23 分
  • 任務で傷つき、木ノ葉に護送された奪回チーム。大きな犠牲を省み、シカマルは自らの力不足を悔やんでいた。一方、奪還チーム帰還の報せを聞いたサクラは、ナルトの病室を訪れるが…!?
    23 分
  • 「ふうま一族」のカミキリ、ジグモ、カゲロウに襲われるナルト、サクラ、ササメ。そこに自来也が参戦。カミキリたちはまたたく間に逃げ去る。ササメの案内で一同は大蛇丸のアジトへ向かうが…!?
    23 分
  • 大蛇丸のアジトを進むナルト、サクラ、自来也。三差路に行き当たった3人は、二手に分かれることに。自来也と別れたナルトとサクラは、様々な仕掛けが待ち受ける通路を進んでいく。
    23 分
  • 追いつめられたサクラにカブトのクナイが振りおろされようとしたとき、やっとのことでナルトがかけつけた。ナルトは影分身でカブトを翻弄するが、カブトは火遁の術で応戦、分身たちを消し去る。
    23 分
  • ジグモ、カミキリと融合し、不気味な姿に変貌したササメの従兄、アラシ。「昔のアラシはもう死んだ」と言いサクラに襲い掛かる。サクラをかばい攻撃を受けたナルトは次第に追いつめられて…!?
    23 分
  • 自来也の任務についていくことができずにふてくされるナルト。その頃、重罪人を収容する「木ノ葉厳重警戒施設」に収容されていたミズキがフウジン、ライジンの兄弟とともに脱獄する。
    23 分
  • ナルトたちが出会ったミズキの婚約者である椿は、「ミズキを引きとめるため一緒に連れていってほしい」と願い出る。以前、ミズキは「大蛇丸の力を手に入れて彼の元に行く」と語っていたという。
    23 分
  • カタバミ金山に、「黒鍬ファミリー」と名乗るならず者が入り込んでいた。綱手は、ナルト、リー、ネジ、テンテンに「黒鍬ファミリーを排除せよ」と命じる。シンプルな任務に思われたが…!?
    23 分
  • カタバミ金山の墓場に生き埋めにされた仲間を掘り返すロクスケ。しかし黒鍬ファミリーに捕われてしまう。一方、ナルトは鉱山で労働者たちにいばりちらす黒鍬ファミリーに怒りをおさえられない。
    23 分
  • 「霧隠れの術」でカタバミ金山にひそみ、ナルト、ネジ、リー、テンテンの様子を探る雷牙と蘭丸。ネジが白眼を用いても彼らの姿は見破れず、雷牙の「雷葬・いかづちの宴」をうけ倒されてしまう。
    23 分
  • 雷牙が倒れ、黒鍬ファミリーが退散したカタバミ金山には平和が訪れたかのように見えた。しかしリーの恩人である山椒ばあさんの元に連れて帰るはずの彼女の息子、芥子は何かをたくらんでいて…!?
    23 分
  • 雷牙を蘇らせた蘭丸は、力尽き、死んだようにその場に横たわっていた。それを見て絶望した雷牙は、やり場のない怒りと悲しみに大暴れする。そんな雷牙を止めようと応戦するテンテン。
    23 分
  • 美しい小国、鳥の国では「呪い武者」と呼ばれる幽霊が現れて困っていた。鳥の国の青年、チシマの懸命の頼みに綱手はしぶしぶ幽霊退治を引き受ける。選ばれたのはナルト、ネジ、リー、テンテン。
    23 分
  • 鳥の国では大名の後見役である高僧「孟宗」と策士の「紅明」が対立していた。呪い武者の出現は何かの陰謀と考えたネジは、事件の背景を探るために現大名のサギに会おうとするが…!?
    23 分
  • 呪い武者を操っていたのは紅明だった! 紅明の野望は孟宗によって次々と暴かれるが、その手際のよさに違和感を覚える木ノ葉の忍たち。任務は終了するも、ナルトは納得いくまで謎を探ることに。
    23 分
  • カカシに促され、仕方なく里に戻るテンテンとネジ。その3人を密かに見張る謎の忍者の影…。カカシは尾行者にいち早く気づき、里に戻るふりをしてひと芝居打つ。果たして謎の忍の正体とは?
    23 分
  • 真犯人がわかり、己の手で孟宗を討ち取ると宣言するサギ。ナルトはそんなサギの姿にサスケを重ね見る。「復讐のための復讐は心を闇に落とす」という紅明の言葉もサギの心には届かない。
    23 分
  • 孟宗はついに「渡りの忍者ホウキ」としての真の姿を現し、チシマたちを亡き者にしようとする。鳥の国の平和を願いつつ、倒れていくチシマ。ホウキの多様な攻撃に追い詰められるナルト。
    23 分
  • 辺境の海の国から木ノ葉に、「海魔」と呼ばれる賊退治と御用金船警護の依頼。一説によると海魔は人間ではないというが…。命を受けたのはアンコをリーダーにナルト、いの、シノの3人1組。
    23 分
  • ナルトを探せぬまま、海の国の役人と面会するアンコたち。警護する御用金船の出発は明日に迫っていた。一方、漁火の看病でナルトはすっかり快復するが、漁火が「海魔に近づくな」と忠告をする。
    23 分
  • アマチ一味による御用金船の襲撃が始まる。鬼界島を脱出し、ようやく追いついたナルトたちが見たものは壊滅寸前の海の国の船団だった。ナルトの叫びも届かず、人間に戻るため戦いを挑む漁火。
    23 分
  • 熊の国、星隠れの里より「星」の警護依頼が木ノ葉に届く。「星」とは昔熊の国に落ちた隕石で、神秘の力を持つという。任務に向かったネジ班+ナルトは、迎えにきた少年忍者スマルと出会う。
    23 分
  • 星の行方を追うナルトたち。星を奪った忍者が星隠れの里の秘術「孔雀妙法」の使い手であったことから犯人は里の関係者ではないかと当たりをつけるが、里長のアカホシは何かを隠している様子。
    23 分
  • スマルを攫ったのはアカホシとその一味だった。アカホシはスマルを使い星を奪った忍者を誘い出そうとしていたのだ。星の修業の恐るべき実態と、隠されたアカホシの本意が徐々に明らかになる。
    23 分
  • 覆面忍者の正体は死んだはずのスマルの母、ナツヒだった。星の修業により多くの仲間を失ったナツヒは、禁じられた修業が再開されることのないよう、外部から星隠れの里を見守っていたのだ。
    23 分
  • ナツヒの身体は既に星の副作用に蝕まれていた。ナルトたちに介抱され、親子の再会を果たしたスマルとナツヒ。「これ以上悲しい母と子を作りたくはない」と考えるナツヒは星の破壊を決意する。
    23 分
  • 遠く母の死を感知するスマル。ナルトは怒りに我を忘れたスマルを止めることができなかった。スマルを迎え撃つアカホシ。だがホクトとミヅラはスマルを救わんと命懸けで星の修業の真実を告げる。
    23 分
  • 他国の忍との交戦で傷を負った赤丸。相手は傷口から菌を侵入させる特殊な術の使い手だった。赤丸の無事を信じたいキバだが、その祈りもむなしく赤丸に変化が起き始める。
    23 分
  • シノとナルトに舞い込む、花月家当主の葬儀警備の任務。しかしこれは表向きで実は先代の遺言から次代当主の風太を守るのが本題だった。風太の代理としてシノが葬儀に参列することになるのだが…!?
    23 分
  • 何者かに倒されたキクスケと、行商人たちへの攻撃。ナルトたちに問い詰められたユリノシンは真相を明かす。シュンとユリノシンの正体は菜の国大名のひとり娘、ハルナとその護衛、百合之丞だった。
    23 分
  • 邪忍のルイガに襲われるナルトたち。無尽蔵に湧き出る地下水を武器とするルイガの攻撃にナルトたちは次第に追い詰められていくが、ナルトは逆転に繋がるある発見をする。
    23 分
  • 蜜の国の奥方一行が行方不明になった。現場の「首崎峠」は50年ほど前に滅亡した首崎一族の「首の国」の都があった場所だという。探索任務に赴くナルト、キバ、ヒナタの前に、巨大な城が現れて…!?
    23 分
  • 検診で体調不良が発覚したリーに綱手は強制休暇を申し渡す。リーを励まそうと、道場へ誘うガイ。しかしリーは模擬戦で敗北してしまう。対戦したヤグラはガイが知人から預かった天才少年だった。
    23 分
  • ヤグラの正体はかつてガイによって父を倒された「龍堂院」3兄弟の長兄、幻将だった。敵討ちを果たすべくガイの前に現れた3兄弟は、忍法「木人柩」を用いて、ガイを木人城に隔離する。
    23 分
  • ばら撒かれた図面の回収に追われるナルトたち。さらに滝隠れの演習もゲンノウとはまったく無関係だったことが分かった。シカマルは1枚だけ行方不明になっているアカデミーの設計図に着目する。
    23 分
  • 里中に仕掛けられた大量の起爆札の除去に手を焼くナルトたち。そこに思わぬ助っ人、木ノ葉のご意見番ホムラとコハルが名乗りをあげた。老忍たちはその術式と場所から、事の真相を推測する。
    23 分
  • 里外れの山荘で不思議な絵を描く少女、八雲と出会ったナルト。しかし突然現れた暗部と医療班が彼女を連れ去ってしまう。一方、里では、紅がキバたち第八班の担当上忍を外れると言い出して…!?
    23 分
  • 医療班に眠らされたナルトは奇妙な夢を見る。それは忍になりたいと懇願する八雲に紅が力の封印を宣言するというものだった。一方、八雲の山荘では、謎の忍者たちが襲撃を開始しようとしていた。
    23 分
  • 襲撃者の正体は八雲と同門の鞍馬一族だった。幻術使いの名門である一族を相手に、紅は壮絶な幻術合戦を繰り広げる。苦境に立たされた紅の前に、ガイ、第八班、ナルトとサクラが駆けつけて…!?
    23 分
  • 八雲のアトリエに乗り込んでいくナルト。そこには八雲によって絶体絶命の危機にさらされている紅がいた。紅の制止を振り切り八雲に語りかけるナルト。すると1枚の絵画に異変が起こり始める。
    23 分
  • 今回の任務は「小国が買えるほどの値打ちを持つ国宝級のお宝茶碗を展覧会場まで届ける」というもの。キバと茶碗の警護に赴くナルトは、お調子者の依頼人である進衛門と出会い…!?
    23 分
  • 抜け忍で構成される悪名高き強盗団「不忍」。そのメンバー、丸鉄の護送任務につくナルト、サクラ、リーは警護部隊と合流するが、隊長のトドロキは「犯人を守るのは自分たちで十分」と言い放つ。
    23 分
  • 不忍の襲撃で本隊からはぐれてしまったナルト、丸鉄、トドロキ。森を突っ切って都を目指そうとする3人だが、この森は人間の方向感覚を狂わせる「迷いの森」だった。
    23 分
  • 弟の仇である丸鉄を前に、ついに怒りを押さえきれなくなるトドロキ。丸鉄に切りかかるトドロキと揉み合いになるナルトだが、その隙に乗じ、不忍の文殊が丸鉄をさらっていってしまう。
    23 分
  • 文殊を追い詰めるナルトだが、修羅にバンダナの少年を奪われてしまう。この少年こそ、死んだとされていたトドロキの弟、アキオだった。アキオを取り戻すため、ナルトたちはアジトに乗り込む。
    23 分
  • 任務帰りに幻のメンマの材料を取りに行ったナルトは、怪我を負った記憶喪失の少年を発見する。「メンマ」と名づけられた少年はナルトの部屋に居候することになるが…!?
    23 分
  • 鳩笛を使った忍術でナルトを救ったメンマに、綱手はメンマが音隠れの関係者ではないかと推測する。メンマの記憶を探るため田の国へ出発したナルトたちは道中で盗賊団に襲撃された村に到着する。
    23 分
  • メンマの正体が村を襲った盗賊団の一員だったことを知り、村人たちはそれまでの態度を一変させ、メンマへ怒りをぶつける。そのとき、恐れていた盗賊団の襲撃が再び始まってしまう。
    23 分
  • 「四天象人」と名乗る謎の敵の侵入により、砂隠れの里の忍者候補生マツリがさらわれた。四天象人を追う砂の三姉弟。木ノ葉では砂からの援軍要請を受けた綱手がシカマルに三姉弟援護の命を下す。
    23 分
  • シノ、ヒナタ、ネジらに敵の探索を任せ、万端の準備で攻撃の時を待つシカマル隊。一方、砂の三姉弟は、一忍一殺の戦法で向かってくる四天象人たちと次々と戦いに突入していく。
    23 分
  • テマリ、カンクロウを援護するシカマルといの、キバとチョウジ。四天象人の特異な武器に苦戦を強いられる。一方、四天象人の罠は我愛羅を追い詰め、ついに秘術「逆ウロコの陣」が発動する…!!
    23 分
  • 四天象人最後のひとり、宝亀は四天象人の正体が「匠の里」の忍であることを明かす。彼らの真の目的は我愛羅の中に封じられた守鶴のチャクラを奪い、五大国へ対抗する力を得ることだったのだ。
    23 分
  • チャクラを奪い尽くされ、守鶴と化す我愛羅だが、自らの意思で守鶴の力を押さえ込み、見事セイメイに勝利する。一方、ナルトは自来也とともに、さらなる成長を誓い修業の旅に出かけるのだった。
    23 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ