観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

アクエリオンロゴス
叫べ、創声合体――
|2015年
見放題
第1話を再生(24分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
文明の発達はロゴスワールドを肥大化させ、文字の暴走を引き起こした。これに対抗できるのは「創声力」と呼ばれる、真理の力を引き出せる創声部の若者たち。
ストーリー
文字の世界ロゴスワールドで、「巻」の文字がM.J.B.K(モジバケ)化。その影響で現実世界は窮地に陥る。自称・救世主の少年、灰吹陽はベクター壹号機で出撃するが…。
エピソード
全26話
インターネットの普及で文字が氾濫し、文字の世界「ロゴスワールド」で異常事態が発生。現代文字文化の壊滅を目指す剣嵜荘厳は、ロゴスワールドで「巻」の文字をM.J.B.K化させ、現実世界を混乱させる。
アクエリオン煌に合体し、文字の力を引き出した謎の少年・灰吹陽。粗朶桜子は陽の力に驚き、創声部にスカウトする。一方、ディーバに捕まっていた月銀舞亜は、脱出するためベクター格納庫を目指していた。
創声部の新入部員・海凪花嵐は売り出し中のジュニアアイドルだ。愛くるしい笑顔を振りまくが、灰吹陽は彼女の本質を見抜いていた。その頃、荘厳によって「夢」がM.J.B.K化し、現実世界へ影響を及ぼし始める。
阿佐ヶ谷最大のイベント・七夕祭りが迫り、創声部は名物ハリボテ作りを進めていたが、桜子の強引な提案で朗読劇を披露することに。その準備の最中、心音は上手く喋れないというコンプレックスを陽に打ち明ける。
七夕祭りの景品として、4名分の伊豆1泊旅行をゲットした創声部。厳選なるジャンケンの結果、舞亜、心音、花嵐、ショウコで出発する。一方その頃、SHIROBACOでは努虫が女子の水着姿を諦め切れずにいた。
陽はなぜ救世主を目指したのか?創声部で上った素朴な疑問から、陽の素性を何も知らなかったことを痛感した舞亜は陽の調査を開始する。一方、桜子は創声部頼りの現状に負い目を感じ、自らネスタへ潜入を試みる。
「断」のM.J.B.K(モジバケ)に合体を封じられ、危機に陥る陽と舞亜。陽は「結」の文字を召喚して対抗するが、それこそが荘厳の狙いだった。暴走した「結」の文字は無関係な人と情報を結び付け…。
努虫の兄・土聞地ノ助は天才噺家。フィールドは違えど笑いの道を追求する努虫を、地ノ助は「笑いの虫」と評していた。その頃、荘厳によって「虫」の文字がM.J.B.K(モジバケ)化。努虫と翼人が出撃するが…。
目覚めた舞亜は、なぜか無人の阿佐ヶ谷に立ち尽くしていた。M.J.B.K(モジバケ)の影響に違いないと舞亜は確信を抱くが、この空間から脱出する手段はなく、M.J.B.Kが見せるビジョンに翻弄されていく。
阿佐ヶ谷神明宮の能楽殿で、演劇に挑戦することになった創声部。心音は主題歌担当だったが、意を決して主役に志願する。だが、舞台が始まると、心音は満足な演技ができず、自信を失ってしまう。
陽の根拠のない行動に苛立ちを募らせる翼人は、陽頼みの現状を打開するため、綿密な作戦立案書を作成するも気持ちは空回りしてしまう。一方、荘厳は「渦」の文字の中に強大なM.J.B.Kの出現を感じ取っていた。
総は「離」のM.J.B.Kと融合を果たし、陽と決着をつけるべく出現した。陽は舞亜、心音と共にアクエリオン飛天となるが、「離」の文字の力は心音たちに波及し、合体を強制解除させられてしまう。
総の絶望は大いなる文字「無」のM.J.B.Kを呼び出し、世界からあらゆるものの概念が消失し始める。一方、現実世界ではさまざまな概念が消失し、創声部のメンバーを絶望に追い込んでいく。
「無」のM.J.B.Kとの戦いから1カ月。報告書を作成していた桜子の前に、少年のような「人」のM.J.B.Kが現れる。桜子たちは疑問を抱きつつも、M.J.B.Kに「ヒト」と名付け、創声部に受け入れる。
かつて流行した言葉、「死語」が蔓延し、M.J.B.K(モジバケ)が復活する異常事態が発生した。創声部は急きょ「阿佐ヶ谷ユウレイバスターズ」を結成。M.J.B.Kの駆逐に乗り出す。
消息不明だった総が、アクエリオン傷と共にロゴスワールドに出現した。陽と舞亜はアクエリオン煌で立ち向かうが、強大な力で一蹴されてしまう。総の様子は明らかに以前とは違い、大いなる創声力に満ち溢れていた。
総の放つ無限総灰剣(スベテヲカイジンニキス)によりアクエリオン煌は致命傷を受け、ベクター壹号機は爆散した。さらに総は「敵」の文字をM.J.B.K化し、各地で人がいがみ合う事態が発生する。
翼人の通う聖創大学で学園祭が催されることに。創声部による朗読劇公演のほか、翼人はディベートコンテストに参加する。だが「正しい意見」よりも「ノリの良さ」が受け入れられるコンテストに苦戦してしまう。
阿佐ヶ谷を舞台にしたカップルイベント「ディスティニー・オン・ジ・阿佐ヶ谷」の開催が間近に迫っていた。参加賞品の王冠に興味を示した陽をはじめ、創声部のメンバーもそれぞれの思いを抱いて参加することに。
「このままでは陽の存在が消える…」というネスタの残した言葉に悩む舞亜は、陽を守るための手掛かりを探し奔走する。一方、桜子とケントの協力で政府資料室に赴いた舞亜は、“文字を巡る戦い”の真実に触れる。