観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

暗闇仕留人
シリーズ通算100話超えを達成!中村主水が再登場する必殺シリーズ第4作目
|1974年
見放題
第1回を再生(47分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
「必殺仕置人」の続編にあたり、糸井貢を主人公に据えつつも人気キャラの中村主水が復活。村雨の大吉が素手で心臓を握りつぶすという必殺技のレントゲン描写も必見!
ストーリー
嘉永六年、黒船襲来で混乱の江戸。北町奉行の同心・主水は仕置人時代をなつかしく思っていた。そんな中、主水は御家人くずれの三味線ひき・糸井と、元殺し屋で石工の大吉という腕の立つ2人の男と出会う。主水は裏の仕事を再開し、彼らを引き入れようとする。
ここがポイント!
第5話でシリーズ通算100話目を達成。西崎みどりが歌う主題歌「旅愁」も大ヒット!
エピソード
全27話
北町奉行同心・中村主水は髪結い・おそのが高畑に夜鷹として捕らわれた時に腕の立つ男たちに出会う。三味線ひき・糸井貢と石工・大吉だ。さらに旧知の半次、おきんも引き連れて、おそのの祖父の依頼を受ける。
爆薬の研究をする助教・須貝は人体実験をくわだて、同心・岩井に金を渡して人集めを依頼する。そして岩井は囚人を差し出すが、その中には半次や与之吉がいた。爆薬入りの大筒は半次らに向かって火を噴き…。
角屋隆右衛門は黒船が着く港に女郎宿を開くことをたくらみ、御側用人・伊沢に接近を図る。また、伊沢が浄心寺の檀家と分かると妙心尼に迫り、大吉との関係をタネに脅す。やがて大吉は地下牢に監禁される。
新任の北町奉行・山城守は与力・諸岡と謀って同心十人を休職処分にすると発表。金を諸岡に渡した主水に代わり、老同心・庄内がクビを切られた。また山城守は若年寄昇進を狙い、回船問屋・銀屋殺しを諸岡に指示する。
金貸しの徳市は米屋の伊兵衛から高利息を取り、金を持ち逃げし、殺してしまう。伊兵衛の女房・おこまと娘・おしげは逃げるが、はぐれておこまは捕まり、おしげは大吉に保護された。親娘は再会を果たすが…。
油問屋・堺屋惣兵衛の変死に疑いを持った主水は、後妻・おちかの身辺を調べる。おちかは油奉行・黒尾と結託して財産を乗っ取るため、先妻おふさを殺していた。一方、大吉はおちかに見覚えがあり…。
貢は箱根で雪道中に出会った。その夜、客の信助の子供が発熱し貢が診断。お湯が必要となり信介は湯元のせき止めを抜き、責任者の米谷に殺される。一方、江戸ではおきんが米谷のせいで女房が自殺したという男に会う。
鉄砲鍜治の又蔵が江戸追放の刑を受けた。その又蔵に妾のお涼を使って武具商・堺屋利兵衛が、設計図を書かせる。職人の定八と仁助は、利兵衛をゆすったが、用心棒に殺されてしまう。
おきんが恋した男・呉服屋の文七は殺し屋だった。文七は親分・辰五郎に足を洗いたいと頼むが子供殺しを命じられる。そして主水は子供の死体を見て文七の犯行とにらむ。おきんは恋か殺しか決断を迫られる。
はり師・玄沢は女をさらって入れ墨を彫らせ、金持ちに世話をしていた。客の美濃屋久兵衛が買った女は自殺。これを玄沢にゆすられ、娘・おそのはさらわれた。久兵衛は短刀で玄沢に切りつけるが、逆に殺される。
手裏剣の得意な漁師・弥太は殺人事件の容疑者仲間として捕まったが、女すりのおまきと一夜を共にしていたアリバイがあった。処刑直前、役人の乾は取り違えたと詫び、弥太を釈放し、おまきと所帯を持たせるのだが…。
同心・関根は闇の小兵衛を追うが、逆に親と妻を殺される。また小兵衛のおい・長一郎やめい・おなつも悪業を重ねていた。主水は、関根の妻を殺した長一郎を捕らえるが、そこから小兵衛の報復が始まり…。
亡き夫の忘れ形見・小一郎に中根ちづはすべてを賭けていた。そして、ちづは小一郎の試験の競争相手を殺そうと大吉に依頼する。小一郎は試験に受かったものの、その日から大吉の手先という男がちづをゆすり始めた。
半次は幼馴染み・伊太郎から殺しの依頼を受けた。大吉と半次は尾州藩の鷹匠頭・田村伝蔵の横暴さを知る。そして伝蔵が鷹狩りのために村の名主の屋敷に泊まった日、大吉は離れ座敷に忍び込んだ。
大吉は昔の元締から命を狙われていると知ると家の中に閉じこもった。主水はこれに関わりのありそうな呉服屋の女将・お浜の身辺を洗う。また半次たちの仲間・おみつが大吉を狙う殺し屋に殺された。
抜け荷を運んだ罪で駕籠屋・長作は店を奪われた上に死罪となった。その店を買い取ったのは岡っ引き上がりの茂三。主水は悪だくみを嗅ぎ付ける。貢も長作の女房・たねの頼みもあり行動を開始し、茂三を襲う。
吉岡宗達は、絹問屋番頭・清二郎の依頼で、主人を無理心中に見せ掛けて殺し一人娘・おさよの婿養子として清二郎を主人の座に。後におさよも消されたため、女中・おすえが貢に恨みを晴らしてくれという。
瓦版「よろずひょうばん」の版元・聖古堂の儀兵衛は信用を利用して庶民をゆすっていた。小物問屋の隠居・おせきは脅され、店をつぶされ、死んでいった。さらに儀兵衛一味は残された若夫婦にも手を伸ばす。
貢は蘭学を共に学んだ新島欣吾がオランダへのルートを掴んだが費用がないことを知る。触発された貢のオランダ密航の費用を稼ぐため、主水は回船問屋・三洲屋隆右衛門をゆすろうとするが逆に連れ去られる。
一徹者の同心・加納一平は、与力・平田玄一郎たちの腐敗ぶりを許すことができず、反抗する。平田は腹心の同心を使って一平を罠に掛けようとした。たくらみを知った主水たちも妨害するが、一平は殺されてしまう。