観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

男も惚れる男、ロック様!

14件

今やアクション映画に欠かすことのできないロック様こと、ドウェイン・ジョンソンにフォーカス!

ハイキュー!! セカンドシーズン
青春ど真ん中のバレーアニメ第2弾!春高出場を目指し烏野バレー部が進化する!!
|2015年
見放題
第1話を再生(24分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
リベンジに燃える烏野メンバーの成長と白熱の春高予選が見どころとなる第2期。原作ファンに大人気の梟谷学園をはじめ、続々と登場する新キャラからも目が離せない‼
ストーリー
インターハイ予選の宮城大会で敗北した烏野高校バレー部は心機一転、再始動。東京のライバル・音駒高校をはじめ関東の強豪校が集まる東京合宿に参加することに。梟谷学園などとの練習試合を繰り返し、春高予選に向けてレベルアップを図る烏野メンバーだが…。
エピソード
全25話
インターハイ予選、青葉城西に敗北した烏野高校排球部は、春高予選に向け再び動き出していた。強豪校が集まる東京合宿への参加も決定し、練習に力の入る部員一同。しかし、合宿へ参加するためには、ある試練が…。
東京合宿へ参加するためには、期末テストで赤点を避けなければならない。 東京の強豪校と対戦すべく、日向、影山、田中、西谷の4人はチームメートの協力を得て、テスト勉強に悪戦苦闘するハメに。
烏野高校排球部に仮入部した谷地仁花は、戸惑いつつも排球部の魅力に引き込まれていく。しかし引っ込み思案の谷地は、排球部のマネージャーになることを母親になかなか言い出せずにいた。その様子を見た日向は…。
期末テストも終わり、東京合宿へ向かう烏野高校排球部一同。強豪校との練習に刺激を受けつつも苦戦する烏野。そんな強豪たちの中に、音駒との練習試合の時には見掛けなかった、新たな選手を見つけ…。
東京遠征2日目。新たなメンバーが加わった音駒高校を相手に1セットも取れない烏野。日向・影山の変人速攻も、新しい音駒をはじめ強豪校には長くは通用しない。その状況に直面した日向は、ある決意をする…。
意見が真っ向から衝突した日向と影山。そんな日向を、コーチの繋心はかつて烏野排球部を全国へと導いた祖父にして名将・烏養前監督の元へ連れていく。一方その頃、影山はある人物と遭遇して…。
新しい形を求め、試行錯誤を始める日向と影山。また、ほかの烏野メンバーも新しい武器を得るべく、試合の中で進化を始めていた。そんな中、月島は音駒高校の黒尾、梟谷高校の木兎からブロック練習に誘われる。
ここまでの合宿中の月島の様子を見て思うところがある山口は日向なら何と声を掛けるか尋ねるが、「山口なら月島に何て言う」と逆に問い掛けられる。小学生の頃から憧れていた月島に対し、山口が取った行動とは…。
東京合宿も折り返し地点、新たな武器を磨いていく烏野メンバーたち。しかし、日向と影山の新しい速攻はなかなかうまくいない。日向がテンションを落とすのを危惧した影山は、練習試合中に普通のトスを上げるが…。
1週間に及ぶ東京合宿もいよいよ最終日を迎えた。最終戦の相手は梟谷学園高校。合宿内最強の梟谷から1セットでも持ち帰りたい烏野メンバーは、合宿の成果を発揮しようと気合い十分で試合に臨むのだが…。
合宿最終日、排球部部員たちによるお肉争奪戦が行われていた。そんな中、木兎から全国のライバルの話を聞き、まだ見ぬ強敵に思いを馳せる日向。合宿で得た手応えと課題を胸に、春の高校バレー宮城県大会が近付く。
春の高校バレー宮城県大会・代表決定1次予選当日。緊張から、いつかのようにトイレに駆け込む日向は、そこで1回戦の対戦相手・扇南の十和田に出会う。各々の思いが交錯する中、全国大会出場へ向けた戦いが始まる。
代表決定戦一次予選突破を懸けた烏野高校の次なる対戦相手は角川高校。角川の中心選手は、身長2mで予選随一の高さを誇る1年生・百沢。試合序盤、烏野は百沢の圧倒的な高さとパワーに苦戦するが…。
10月の代表決定戦まで2カ月弱。兄に誘われて社会人チームの練習に参加する月島。一方、影山はあるチームの偵察に向かう。そんな中、日向は研磨と“もう1回”がない試合をすることを約束する。
いよいよ代表決定戦を迎えた烏野高校。対戦相手は、インターハイ予選ベスト4の実績を誇る条善寺高校。「アソビ」をモットーに、条善寺は型にはまらない攻撃を繰り出す。そんな条善寺に対し、烏野は…。
自由奔放な条善寺にリズムを崩され掛けた日向と影山だったが、澤村のフォローで落ち着きを取り戻し、試合を優位に進めていた。そんな中、劣勢に立たされた条善寺一同へ3年生マネージャー・三咲の檄が飛ぶ。
宮城県予選2日目、試合序盤から白熱した展開を繰り広げる両チーム。そんな中、烏野の大黒柱である澤村がアクシデントに見舞われる。最大のピンチを迎えた烏野。澤村の代理としてコートに入ったのは…。
澤村を欠きリズムに乗れない烏野高校は、なかなか力を発揮することができずにいた。そんな中、かつての“小さな巨人”のプレースタイルに似た和久谷南のエース・中島に対し、日向は果敢に空中戦を挑んでいく。
準決勝進出を決めた烏野高校。青葉城西vs伊達工業の勝者が次の対戦相手となる。及川率いる青葉城西に対し、3年生が引退し不利と見られていた伊達工業だったが、新戦力により一進一退の展開を見せる。
春の高校バレー宮城県予選準決勝。烏野の前に立ちはだかるのは因縁の相手・及川率いる青葉城西高校。インターハイ予選での敗北を乗り越え、決勝の舞台を目指す日向、影山ら新生・烏野の戦いが始まる。