タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

| 2015年 | 216円
ポイント
この出来事の、“骨”が知りたいんだ、少年。
見どころ
骨にまつわる事件と櫻子さんに振り回されっぱなしの僕だけど、それが嫌じゃないのは櫻子さん、きっと、あなたのせいだと思う。
ストーリー
北海道・旭川。この街には、「櫻子さん」が住んでいる。櫻子さんは、美人で名家のお嬢様。なのに三度の飯より「骨が好き」。そんな彼女と一緒にいると、なぜか僕まで骨と縁ができるようで。
2018年3月31日 23:59まで配信
©2015 SO・E/K/SP

エピソード

  • アニメ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」告知PV
    1 分
  • 北海道、旭川に暮らす平凡な高校生・館脇正太郎には一風変わった九条櫻子という知り合いがいる。古いお屋敷にばあやと暮らすお嬢様に見える櫻子さんだが、実は3度のメシより「骨」が好きな標本士だった…。
    23 分
  • 深夜のコンビニで幼女を保護した正太郎。「いいちゃん」という愛称以外、名前も住所も分からないその子のリュックに血痕を見つけた正太郎は、警官の内海を連れて該博な知識を持ち合わせる櫻子の下を訪れるが…。
    23 分
  • 山へ“骨探し”にやって来た櫻子と正太郎は、またしても白骨遺体を発見してしまう。それはクラスメイト・鴻上百合子の祖母のもので、認知症の夫の介護を苦にした自殺というのだが、百合子は納得できず…。
    23 分
  • 警官の内海から、友人の藤岡が「ある呪い」に脅えていると相談を受ける正太郎。藤岡家の男子は代々短命で、死期も近づいているという。内海は櫻子にその呪いを否定してほしいと依頼し、藤岡家へ向かうが…。
    23 分
  • 藤岡が体調を崩していた原因は、書斎に飾られていた絵画に発生したカビと判明する。一件落着かと思われた矢先、弾かれるように藤岡邸の庭へ飛び出す櫻子。そこには、斧で大怪我を負った藤岡の姿があった。
    23 分
  • 夏祭りの会場で友人とはぐれてしまった鴻上百合子。ふと見た橋の上に、暗い表情で川面を見つめる黒衣の女に気付いた彼女は自殺を疑うが、女は立ち去ってしまう。そこには、遺書めいた手紙とリングがあった。
    23 分
  • 高校の文化祭に櫻子が来てくれて喜ぶ正太郎。勝手に理科室に立ち入った櫻子は、生物教師の磯崎に標本展示のダメ出しをする。櫻子が標本士だと知った磯崎は、彼女に標本の整理を依頼するのだが…。
    23 分
  • 理科室の標本の中から人骨が見つかった。事件性はなく、佐々木教師の知人・曾根夏子という女性のものと判明するが、遺品の写真に書き添えられた短歌が気になった正太郎は、櫻子と共に佐々木の姉・小雪を訪れる。
    23 分
  • 正太郎には数年前に亡くなった大好きな祖母がいた。ガンで入院中、見舞いに来る正太郎にいつも同じ店のプリンをリクエストしたおばあちゃん。そんな昔話を聞いた九条家のばあやは、祖母の優しい嘘を推理する。
    23 分
  • 今年最後の「骨探し」に米飯地区の森を散策する櫻子、正太郎、磯崎。そこへ磯崎が担任していた女生徒・圓一重が行方不明になったと報せが入る。実は過去に、一重と親友だった西沢二葉が行方不明になっていた…。
    23 分
  • 三奈美、二葉、一重にはかつて「秘密の隠れ家」があった。三奈美は森の中に建つある家に一同を案内するが、そこに睡眠剤を大量服用した一重がいた。生存を確認し安堵する一同だったが、それは全ての始まりだった。
    23 分
  • 旭川に初雪が降った日、「もう一緒にいてはいけない」と、櫻子に別れを告げられた正太郎。受け入れることができない彼は、櫻子と知り合うきっかけとなった永山の祖父の家で思いを馳せるのだが…。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ