タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

鬼龍院花子の生涯

| 1982年
見放題
直木賞作家・宮尾登美子の同名小説を五社英雄監督が映画化した任侠ドラマ
見どころ
大正から昭和にかけて生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎と周辺の女たちの姿をエロティシズムと映像美で描く。夏目雅子のヌードとセリフ「なめたらいかんぜよ」が話題に。
ストーリー
大正10年、土佐の大親分「鬼政」こと、鬼龍院政五郎の養女となった松恵。土佐電鉄の労働争議で知り合った高校教師・田辺に惚れ込んだ松五郎は、田辺を溺愛する娘・花子の婿にしようとするが、松恵と田辺がいつしか愛しあうようになり…。
特集:今までのイメージを一新!一皮むけた女優たち!
たったひとつの台詞が、ある女優を大きく飛躍させた。女優の名は夏目雅子。映画史に残るその台詞は、「なめたらいかんぜよ!」
2017年12月24日 23:59まで配信
©東映

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ