タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
NHK特選

水族館ガール

| 2016年
ポイント
笑いあり、涙あり!水族館で働く人々の奮闘を描く爽やかな青春ドラマ
見どころ
松岡茉優が突然、水族館で働くことになるヒロイン・由香を好演。人と人の心のつながりや命の尊さ、家族の大切さ、さらに恋の行方など、夏の海のような爽やかな物語が展開!
ストーリー
大手商社に入社して3年目の由香は、系列のはまかぜ水族館に異動を命じられる。だが、賢いイルカたちは手ごわく、海獣課のチーフ・梶ら先輩たちのしごきは容赦ない。由香は梶に認められようと必死に取り組む中で、飼育員の仕事に目覚め、成長を遂げていく。
2019年6月30日 23:59まで配信
(C)NHK/テレパック

エピソード

  • 入社3年目のOL・嶋由香(松岡茉優)は重要な契約書の一部を紛失するなど失敗ばかりで系列の水族館への出向を命じられる。待ち受けていたのは厳しい飼育員・梶良平(桐谷健太)、クールな課長・倉野(石丸幹二)、姉御肌の吉崎(西田尚美)、獣医・磯川(内田朝陽)らの個性的な面々。まったく経験のない海獣課の飼育員として生き物相手の業務に悪戦苦闘するが、そこへ異動を命じた本社の上司・森下(木下ほうか)が現れる。
    48 分
  • 「ここを世界一の水族館にする」と大見得を切った由香(松岡茉優)だが、梶(桐谷健太)の厳しい指導にへこたれそうになる。本社の矢神(西村元貴)からは勤務表を持ち出すよう頼まれ水族館の倉野課長(石丸幹二)と板挟みになる。基本を習っている段階なのにイルカライブデビューを命じられた由香への梶の指導は厳しさを増す。そんな時、母・香子(戸田恵子)から父・晴彦(山西惇)と仕事場に来ると知らされ由香はあわてる。
    48 分
  • 由香(松岡茉優)は梶(桐谷健太)に叱られる日々。内海館長(伊東四朗)は本社からの人員削減の通達を発表する。今田(澤部佑)は自分が解雇されると思い込む。イルカショーの最中、お得意様の清宮夫人(杉田かおる)を怒らせた由香は倉野課長(石丸幹二)に叱られる。本社の森下(木下ほうか)は業績を上げるためショーで難しい秘技を見せるよう命じる。父・晴彦(山西惇)と母・香子(戸田恵子)が突然上京し由香は慌てる。
    48 分
  • 伝説のジャンプを成功させたのもつかの間、イルカのC1が体調を崩す。由香(松岡茉優)は梶(桐谷健太)と磯川獣医師(内田朝陽)からC1の容体を聞き、衝撃を受ける。館長(伊東四朗)は夏休み企画から目玉のC1ジャンプを外す決断を迫られる。必死でC1の治療にあたる磯川は、由香に獣医師になった経緯を話す。磯川の恋人・弥生(酒井美紀)が水族館に現れる。今田(澤部佑)と久美子(足立梨花)たちの合コンが始まる。
    48 分
  • 由香(松岡茉優)は梶(桐谷健太)と内海(伊東四朗)の言葉で飼育員としての自覚に目覚めるが倉野(石丸幹二)から総務への異動を告げられる。本社の森下(木下ほうか)がシャチをあやつる有名トレーナー・夏子(中村アン)を米国から呼び、由香は彼女のトークショーを担当する。夏子が梶の恋人だと聞かされ由香は動揺する。吉崎(西田尚美)は息子が夏子に救われた過去を話す。ショーの準備で夏子は由香たちを容赦なく指導する。
    48 分
  • 由香(松岡茉優)は総務へ異動後も現場でイルカの世話を買って出る毎日だった。由香の気持ちは梶(桐谷健太)へ傾いていた。本社の森下(木下ほうか)は水族館閉館が内定したと伝えるが、内海館長(伊東四朗)は存続を訴える。年度末までに集客3倍増を目指す館長は由香に現場兼任を言い渡す。由香は水族館に伝わる、恋がかなうベンチの伝説を知る。離婚問題に悩む倉野(石丸幹二)は妻・咲子(須藤理彩)との思い出を話し始める。
    73 分
  • 由香(松岡茉優)は梶(桐谷健太)が海外へ行くと聞き衝撃を受けるが明るくふるまう。梶は内密に辞退を申し出るが内海(伊東四朗)に断られる。由香の両親・晴彦(山西惇)と香子(戸田恵子)の前に行方不明だった祖父・孝三郎(木場勝己)が現れ騒ぎになる。姪(めい)を連れた猪田(六角精児)は水族館が大切な場所だと訴える。役員会議で由香は専務(名高達男)に水族館存続を直訴するがそこへ梶が現れ意外な資料を提出する。
    73 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ