タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ドクターフロスト

| 2014年 | 韓国
見放題
犯人の心を読むまで、0.2秒。天才的心理学者が難事件を解決していく心理捜査ドラマ
見どころ
イ・ジョンボムの人気webマンガをドラマ化。0.2秒で消える微細な表情を読み取り心理状態を見抜くという手法、明らかになっていく過去や人間関係など見どころ多数。
ストーリー
幼い頃の事故が原因で感情を失い、他人に共感できなくなった心理学者・ドクターフロスト。彼は難事件を担当する捜査チームに加わり、心理学的なアプローチから推理を重ねることで事件解決を図る。それによって、彼は深い心の傷を癒やしていくのだが…。
2020年3月31日 23:59まで配信
©CJ E&M Corporation, all rights reserved

エピソード

  • 氷のように冷たいため、「ドクターフロスト」と呼ばれる男がヨンガン大学に心理学科教授として赴任する。同じく教授のソン・ソンは彼が人殺しだと嫌悪感を示すが、チャン教授は彼に大学のカウンセリング室を任せる。
    58 分
  • ビアホールで働く女性が殺され、監視カメラの映像から容疑者として指名手配されたジヌクは、ヨンガン大学でカウンセリングを受けている来談者だった。事情を聞いたソンアは記憶を取り戻すべくフロストに会わせる。
    59 分
  • 2人が遺体で発見された。1体は顔が分からないほど殴られ、もう1体は天井から首を吊られていた。その後、被害者の1人である公務員のパク・ドチョルが数日前に女性にセクハラ行為をしていたことなどが判明する。
    58 分
  • 「あなたを殺します」と書かれた脅迫状がソン教授に届いた。フロストとソンアはソンの来談者の中に犯人がいるのではないかとにらみ、警察に通報することを勧めるが、ソンはカルテを警察には渡せないと通報を拒む。
    58 分
  • フロストの所に集団カウンセリングに来ていたホームレス5人のうち、2人が同じ日に自殺した。自殺の理由が気になるフロストはソンアと共に心理的検死を行うが、その最中にソンアの親友もソンアの目の前で自殺する。
    59 分
  • 境界性人格障害の来談者がソンの研究室でカウンセリング中に自殺騒ぎを起こす。境界性人格障害は自殺したソンの妹・ソルと同じ病だったため、ソンは妹を思い出して動揺するが、そこへフロストが来て事なきをえる。
    67 分
  • 弁護士と元公務員の男性が遺体で発見される。自ら致死量の濃度のボトックス入りの乳酸菌飲料を飲んでいたが、死の直前に近親者とテレビ電話をしていたため、フロストたちは他殺の可能性もあるとにらむ。
    65 分
  • ソンアは夜道で服が乱れた女子高生を見掛け、彼女と一緒にいた男を警察に通報するが、会社員のキム・ジョンフンは一貫して暴行を否定。両者の意見が食い違うことから、うそ発見器を試すが両者とも反応が無かった。
    64 分
  • 立て続けに2つの殺人事件が発生した。どちらの事件の犯人も「被害者のせいで自分は家族を失った」と主張するが、1人は海外に出張中で、もう1人は病院に入院中であるため物理的に犯行は不可能だった。
    60 分
  • チョン教授が虚偽記憶を植え付けられたナム刑事に撃たれる。教授は事故の記憶を思い出したというフロストの話が事実と大きく異なっていることに気付き、フロストも虚偽記憶を植え付けられていたことを知る。
    71 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ