タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

探偵物語

| 1979年
見放題
松田優作主演によるハードボイルドアクションドラマ
見どころ
アドリブを頻発させ、コメディ色豊かにシリアスな一面も見せながら探偵・工藤俊作を演じた松田優作の演技が話題に。作品にマッチしたSHOGUNの音楽もヒットした。
ストーリー
工藤探偵事務所の私立探偵・工藤俊作はユーモアと自由を愛する男。ある朝、彼の下へ小村冬子と名乗る名門セイナン女学園のシスターがやって来る。彼女は教え子が盗んだバッグを持ち主を捜して密かに返して欲しいと頼む。早速、持ち主を捜し出すのだが…。
2018年4月6日 23:59まで配信
©セントラル・アーツ

エピソード

  • 朝が苦手な私立探偵・工藤俊作の元へ午前7時に依頼人のシスターが現れる。彼女は工藤に、夏子という女学院の生徒がハンドバックを盗んだのだが、表沙汰にならないようそれを被害者に黙って返してくれという。
    46 分
  • 工藤は、愛車ベスパをエンストさせながらも、依頼人の内藤良三の後妻・葉子の元を訪れる。葉子の依頼内容は、家出した義理の娘を探してほしいというものだった。調べ始めた工藤は彼女の居所の情報を掴む。
    46 分
  • 工藤を訪れた男は、100万円の報酬で、ある女性を3日間監視してほしいという。監視の対象となるのは、相木法律事務所の弁護士・相木政子だ。政子は、ある倉庫の放火事件を調べていたのだが…。
    46 分
  • 工藤の友達が酔っぱらってカーフェリーに乗り込み、殺されてしまった。さらにこともあろうか、工藤が容疑者に仕立て上げられてしまう。工藤は刑事2人組とシンジケートに追われる身となってしまった。
    46 分
  • 田舎から出てきた役所勤めの男が工藤に妹を探してほしいと依頼する。その男は世間知らずで遊びを知らない。工藤は男に酒を飲ませ、風俗にも連れていく。一方で、工藤は男の妹の居所を掴むのだが…。
    46 分
  • 工藤の元にある女が、失踪した恋人を探してほしいと依頼してきた。その女によると、恋人は地元の会社を辞めて、東京に行ったという。ところが、工藤はこの案件に乗り気ではなく、女を田舎に帰そうとする。
    46 分
  • 美容室のオーナー・芦川志津から、人探しの依頼を受けた工藤。探すのは、池田正吉という男で、工藤は前金の5万円を手にした。だが、志津の娘・亜紀は、池田の居場所を知っているから半額くれないかと言ってくる。
    46 分
  • 依頼人・岡島達也の元へベスパで乗り付けた工藤。依頼内容は、家出している弟の進を探し、連れ戻してほしいというものだった。進は幼い時に母親を亡くし、父親からは厳しく接せられ、暴走族に入ったという。
    46 分
  • 工藤は出会った易者に、運命線が切れていて、良からぬ相が出ていると言われる。工藤が事務所に戻ると、仮面を被った10歳の少年・荻野マコトが現れる。彼は、姉の京子が、暗黒バラモン星人に誘拐されたと言うが…。
    46 分
  • オカマのチー子は工藤に、高級コールガール・吉川真紀子を殺したとして逮捕された篠田キミオは、単なる泥棒だと伝える。すると工藤は、真紀子と一緒にいた大和組のチンピラ・五郎に話を聞きに行く。
    46 分
  • 工藤に助けを求めてきた取り立て屋の木下。ホステス・妙子の依頼で、池内商事の池内から100万円を取り立てるはずだったが、歯が立たなかったらしい。工藤はこの依頼を25万円の報酬で引き受けるが…。
    46 分
  • 複数の会社を経営する高宮修が娘のマヤを探してほしいと工藤に依頼してきた。マヤはお見合いを控えているという。工藤は、秘書の関根から、彼女が居そうな場所の書かれた紙と同時に20万円も受け取った。
    46 分
  • 弁護士の政子が出会った男・高村は宝石強盗事件の検問に引っ掛かると、自分が強盗をしたと言い、ケースを開けるが、中身は空だった。その頃、工藤はダンディーの協力を得て、ある女の浮気調査をしていた。
    46 分
  • 大杉亜木子が工藤に、ある事件を調べ直してほしいと言う。その事件とは弁護士だった夫が、依頼人の妻を強姦して殺したというものだった。工藤は弁護士の政子から、大杉弁護士について情報を入手する。
    46 分
  • 依頼人との待ち合わせ場所に向かった工藤。すると、頭上から角材が落下。さらにそこに現れた男・田端は工藤に殴り掛かってきた。工藤がそれをかわすと、田端は「気に入った」と言い仕事を手伝ってほしいと言い出す。
    46 分
  • 事務所に工藤の旧友・ジョージがアメリカから帰国してやって来た。ジョージは帰国の理由をはぐらかす。また、ホテルに戻ると、警察無線を盗聴して何かを探り始める。そんな中、代々木公園で殺人事件が発生する。
    46 分
  • 展示会のためトラックで運送中だった仁科蘭子所有の高級絵画が、白バイ警官と、先導車の運転手の共謀によって盗まれるという事件が発生する。その頃工藤は、新聞で怪盗黒猫が6年振りに日本に現れたことを知る。
    46 分
  • 工藤は、補聴器を付けた不気味な男に出くわす。男は獲物を黒猫に持っていかれるところだったと言い、工藤は失笑。また、工藤は大阪のやくざで、ある女を探しているという篠田権三郎に協力することになった。
    46 分
  • 工藤は、交通事故で死んだ恋人を探してほしい、という依頼を一度は断ろうと思ったが、依頼人が美人だったため、引き受けることにした。ところが、調査を進める工藤に黒い魔の手が伸びてきて…。
    46 分
  • 八百長事件を起こしたボクサー・小高は、逃走中に工藤のベスパと接触。2人は入院するが、工藤は小高から恋人のあかねに渡してくれと、八百長試合の大金を預かる。工藤はあかねに金を渡そうとするが…。
    46 分
  • 工藤は「工藤軒」というラーメン屋を開業。そこに花子という女がやって来て工藤俊三郎を捜しているという。彼女の兄・光男は工藤俊三郎が関わる南の島のリゾート開発に絡む投資の件で行方不明になっていた。
    46 分
  • 全身をブルーでコーディネートしたやくざ・青井が妻・ゆきの素行調査を依頼してきた。工藤は男と密会するゆきの姿を撮影し青井に確認する。すると、青井はその男が警視庁の刑事・浜田で浮気の相手ではないという。
    46 分
  • 工藤は、バーでたそがれたピアノを奏でる宮崎という名のピアニストを気に入る。ある日、工藤は傷害事件を起こして逮捕された宮崎の身元引受人を依頼される。しかし、出所した宮崎は昔の女の絡みで殺人を犯し…。
    46 分
  • ベスパで暴力団組員をはねた工藤。断指か仕事を引き受けるかの選択を迫られ、妙な仕事を引き受けさせられる。猫のひき逃げの手打ちのために用意されたダイヤモンドが紛失しているので、それを探せというのだ。
    46 分
  • 服部刑事は賄賂などがばれ、謹慎となった。そんな中、服部の上司・牛島課長の元にマリという女が現れ、服部から警察の秘密情報を500万円で買ったと証言。服部の相棒・松本刑事は、工藤に調査を依頼するが…。
    46 分
  • 工藤は服部、松本コンビの接待を受けて、仕事を断れなくなった。その仕事の内容は、口の堅い窃盗犯の宮坂から、元警視庁副長官から盗んだ勲章の在りかを聞き出すことだった。ここで工藤は一計を案じる。
    46 分
  • 婚約者のタケシと待ち合わせをするクミを新宿駅まで送った工藤。だが、クミは列車に乗ろうとした瞬間に狙撃されてしまう。タケシはクミが自分の身代わりになったという。タケシは代議士の大森を強請っていたのだ。
    45 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ