タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ロブ・ロウの敏腕ドラマ弁護士

| 2015年 | アメリカ | 216円〜
ポイント
映画やドラマで活躍するロブ・ロウ主演によるコメディドラマ
見どころ
自分は敏腕弁護士と思い込み現実と演技の間で混乱する長男と、本物の弁護士になった次男を面白おかしく描く。兄弟を演じるロブ・ロウとフレッド・サヴェージの演技に注目。
ストーリー
法律事務所を経営するサンダーソン家の長男・ディーンにコンプレックスがあった次男・スチュワート。俳優になった兄がある日、実家に戻ってきたことから、弁護士である弟は重要な裁判を前にストレスはMAX。ところが、兄が法律事務所運営に興味を持ち…。
2018年4月4日 23:59まで配信
2015-2016 Fox and its related entities. All rights reserved.

エピソード

  • テレビドラマで弁護士役を演じてきた俳優、ディーン・サンダーソン。ドラマが打ち切りになったため彼は、故郷で弟のスチュワートたちと一緒に過ごす。彼の父親とスチュワートは、法律事務所を経営する弁護士で…。
    22 分
  • スチュワートは、毎日のように法律事務所へ出向こうとするディーンに困惑。ラミレス夫妻の裁判に勝訴して以降、事務所には依頼が殺到していた。ディーンはスチュワートたちに衝撃的な案件を選ぶよう提案する。
    21 分
  • 朝食時にディーンが昔のことを語る。子供の頃、スチュワートが窓ガラスを割ったのに自分のせいにされたと話す。それを聞いたスチュワートは、窓ガラスを割ったのはディーンで、自分は潔白だと訴えた。
    21 分
  • デビーが、知人夫婦と偶然に会い2人を夕食に招待することになったとスチュワートに伝える。これまで何度も兄との接触を狙う人々に遭遇してきたスチュワートは、その夫婦のことも信用できなかった。
    21 分
  • 女性との交際に悩むディーン。彼は女性たちが自分自身ではなく、ドラマの主人公としての自分を求めている気がしていた。デビーはそれを気の毒に思い、有名になる前に付き合っていた女性と彼を交際させようとする。
    21 分
  • イーサンの学校で演劇のオーディションが行われることになるが、スチュワートは自身がそうだったように、息子にも演じる側ではなく裏方になることを望んだ。一方、ディーンはイーサンに才能を感じていた。
    20 分
  • ディーンは、一般人のような普通の生活を送りたいと言うわりには、普通とはかけ離れている生活を送っていた。そのことをスチュワートが指摘すると、ディーンは真剣に一般人になろうと決心する。
    21 分
  • 感謝祭の前夜、ディーンとスチュワートたちは食事をしていた。前夜だというのに祝う様子が全く見られないことを不思議に思ったディーンがスチュワートに尋ねると、彼の家族は感謝祭をやめにしたという。
    21 分
  • ディーンが降板したドラマのスピンオフ版が放送された。主役はティモシー・オリファントで、ディーンが演じたミッチの弟役を演じる。視聴者の反応が気になるディーンは、みんなに番組の感想を聞く。
    21 分
  • スチュワートが家族を早起きさせ、数日間、新聞記者に密着取材をさせると報告。有名人の弟であるがゆえの密着取材だと子供たちは考えるが、スチュワートは1人の弁護士の日常についての記事だと主張する。
    21 分
  • ロスの家を売ったディーンは、スチュワートの家に荷物を持ち込む。スチュワート夫婦は、運送車の大きさに困惑。その車の運転手はディーンの元同居人で、ディーンは彼を当分の間スチュワートの家にいさせると言う。
    21 分
  • ディーンはスチュワートの事務所を離れ、競合相手の弁護士事務所に雇われた。上司の弁護士が法の抜け穴を見つけ、彼に法廷での弁論を目論む。すると、ある離婚裁判で、ディーンとスチュワートが対決することに。
    21 分
  • スチュワートやディーンたちが事務所で会議をしていると、ティモシーが現れる。彼はガールフレンドのクレアにサプライズで会いに来た。ディーンは現役の「ドラマ弁護士」であるティモシーにライバル心を燃やす。
    21 分
  • スチュワートは、顧問弁護士を探しているある企業の会長と食事をすることになった。その情報を知ったディーンは自分もそこに同席したいと主張。トラブルを避けたいスチュワートは困り果ててしまう。
    21 分
  • ディーンは、番組の世界と現実の世界を区別できていないと、セラピストに指摘される。彼は真の自分を取り戻そうと、演じた役との決別を決意。一方、スチュワートは、父親がかつての顧客に訴えられてしまい…。
    21 分
  • ディーンがセラピストのジリアンと交際していることが発覚し、スチュワートは困惑してしまう。自身もジリアンの患者である彼は、セラピーで兄との交際について抗議。だが、彼女は取り合おうとしない。
    21 分
  • ドラマで演じた役と決別したディーンは、法科大学院に入学。一方、スチュワートは、父親が被告となる裁判で兄とのタッグで勝訴したいと願う。だが、ディーンは学業で忙しいことを理由に素っ気ない態度を取る。
    21 分
  • スチュワートたちの事務所が荒らされ、辺りには書類が散らかっていた。誰の仕業か分からずクレアたちは困惑。だが、それはディーンのグラインダーとしての復活を願ったスチュワートが仕組んだことだった。
    21 分
  • ディーンの父親はかつての顧客に訴えられていた。グラインダーとして復活したディーンの指揮で彼らは裁判の予行演習をする。キャリア50年の弁護士である父親は、彼の裁判での言動を心配する息子たちにいら立ち…。
    21 分
  • ある日の朝、スチュワートとデビーはディーンに結婚記念日であることを指摘される。ディーンに意表を突かれた2人は、動揺しながらも忘れていたことを互いに悟られないよう、その場をうまく乗り切ろうとするが…。
    21 分
  • ディーンたちは「グラインダー」を視聴する。物語の強引な展開に違和感を覚えたスチュワートがディーンにそのことを指摘すると、彼は、事件解決の手掛かりを得るためには、「脇道」へそれることが重要だと解いた。
    21 分
  • ディーンは、父親が訴えられている件の黒幕を特定したと主張。その黒幕とは、ディーンが初めて法廷で対立した相手側の弁護士で、その裁判で負けた屈辱により復讐を試みているのだと彼は推測する。
    21 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ