タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

マーズ 火星移住計画

| 2016年 | アメリカ | 216円
ポイント
火星移住を描くドラマと、宇宙科学の開発現場を捉えたドキュメンタリーが融合
見どころ
ロン・ハワードとブライアン・グレイザーが製作総指揮、エベラルド・ゴウトが監督。多数の専門家による協力の下、細部にわたり徹底したリアリティーを追及している。
ストーリー
西暦2033年、宇宙船ダイダロスに乗り込んだ6人の宇宙飛行士たちは、人類定住の地を開拓するという壮大な使命を負って火星に飛び立つ。予想もしないトラブルに見舞われながらも、何とか火星に到達し、火星でのミッションをこなしていこうとする。
2018年12月1日 23:59まで配信
© NGC Network US, LLC and NGC Network International, LLC. All rights reserved.

エピソード

  • 西暦2033年、人類の火星着陸のミッションとなったのは、レッド・プラネットの大気圏内に入ること。だが、ダイダロスのクルーは着陸システムがオフラインになるという、人命の脅威となる緊急事態に直面していた。
    47 分
  • 2033年、ダイダロスのクルーは仮建設されたベースキャンプを目指すが、厳しい火星の地形に手こずっていた。また、司令官が着陸時に負傷したということをクルーに告げた時、彼らの時間との闘いが始まる。
    47 分
  • ダイダロスのクルーのミッションが危機に直面。長期間の放射線を防ぐシェルターを探すのに手こずっているためだ。ミッションが打ち切られてしまう前にチームはふさわしい定住地を探す必要に迫られた。
    47 分
  • ダイダロスのクルーが火星に着陸し、最初の定住地「オリンパス・タウン」を開拓してから4年の歳月が経過していた。規模を拡大させることや生命体の探索という計画の実行のため、新しいクルーも到着したが…。
    47 分
  • 2037年、長期の砂塵嵐で「オリンパス・タウン」定住のためのインフラはダメージを受け、住民も精神的に苦しんでいた。クルーは住居の中に閉じ込められ、火星での生活という心理的なプレッシャーを受けていた。
    47 分
  • 2037年、居留地で大きな悲劇が起きたため火星、地球にいる全ての人々がミッションに関して疑問を抱いた。「オリンパス・タウン」が何とかうまくミッションを継続させようと努力をするが…。
    46 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ