タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1

| 2012年 | イギリス
見放題
イギリスで大人気のキャラクター・モース警部の新米刑事時代を描いたミステリードラマ
見どころ
「主任警部モース」の若かりし頃の活躍を描いたシリーズ。イギリスの歴史、階級社会が生む人間関係の複雑さなどが事件の裏側に絡んでくる展開はとても見応えがある。
ストーリー
カーシャール・ニュータウン警察からオックスフォードの警察に赴任したエンデバー・モース。さっそく事件の捜査を担当することになった彼は、フレッド・サーズデイ警部補の力を借りつつ、謎と疑問を一つ一つ解き明かし、事件の真相に迫っていく。
ここがポイント!
今シリーズより成長したモース警部は、シャーロック・ホームズを抑えて「イギリスで最も好きな探偵」第1位に選ばれたこともある。
2019年3月31日 23:59まで配信
© 2011, 2013 Mammoth Screen Limited. All rights reserved. Licensed by ITV Studios Global Entertainment.

エピソード

  • 1965年、オックスフォードで15歳の少女・メアリーが行方不明となった。カーシャル・ニュータウン警察からオックスフォード市警カウリー署へ応援にやってきたモースは、サーズデイ警部補の下で捜査を行う。
    89 分
  • サーズデイ警部補の補佐としてオックスフォード市警カウリー署で働くことになったモース巡査。だが本来、補佐は巡査部長の仕事だ。その職にあるジェイクスや警視正・ブライトは、モースのことを快く思わない。
    88 分
  • 廃棄列車の中で人妻・エブリンの絞殺死体が見つかる。「D」と刺繍されたハンカチが口内に押し込まれ、列車の扉の内側にはオペラ「オテロ」の歌詞が書かれていた。オペラの筋と、この事件の関連が疑われる。
    88 分
  • マーガレット王女が、BIE社の新型ミサイルのお披露目会に訪れることになった。また、ミサイルの購入を検討しているハシミテ王国のナビル皇太子も招待されていることから、カウリー署は警備を任される。
    88 分
  • 大学教授が頭を派手に損傷して路上で死亡しているのが見つかる。ひき逃げ事故と思われたが不審な点があったため、モースは疑いを抱く。その教授は、大学所有地を宅地開発のために売却することに反対していた。
    92 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ