タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談

| 2016年 | アメリカ | 216円〜
ポイント
人気ホラーシリーズ第6弾は、16世紀に起きた失踪事件をベースにした恐怖の物語
見どころ
ドキュメンタリー番組のように進む物語展開が、実際の事件を見るかのような気持ちにさせ、さらに恐怖をあおり立てる。前作に続きレディー・ガガの迫力満点な怪演も必見。
ストーリー
辛い思い出を抱えた夫婦、シェルビーとマットは、やり直しを図るためノースカロライナに引っ越してきた。だが彼らの周囲で不可思議な事件が起き始める。2人は、16世紀に住人が集団失踪を遂げた「失われた植民地」、ロアノークの謎と恐怖に脅かされていく。
2018年10月17日 23:59まで配信 R15+
©2016 Fox and its related entities. All rights reserved.

エピソード

  • ロサンゼルスで幸せな日々を送っていたマットとシェルビー。ある日2人は不幸な出来事に巻き込まれ、ロアノークという田舎へ引っ越した。そこで森の中にある古い一軒家を買おうと競売に参加し、競り落とすが…。
    42 分
  • マットとシェルビーは敵と戦う決意をするが、地下の貯蔵庫で見つけたビデオテープにはこの家で起こった恐ろしい事件が収録されていた。教授を名乗る男の言ったことを実際に見た2人は、それが真実だと確信する。
    39 分
  • フローラが姿を消し、リーたちは捜索を開始。その後、霊能者が現れて捜索を手伝うと申し出る。霊能者は霊たちと交信して調査をした結果、一連の事件の原因が植民地時代の1人の女であることを突き止めた。
    41 分
  • マットとシェルビーはイライアスから6日間の危険を、クリケットから自分たちの家と土地にまつわる過去の痛ましい事件を聞かされる。この2人は危険が迫る自分たちにとって強力な助っ人になると思われた。
    38 分
  • 呪われた家を建てたのは大富豪のモットで、彼もブッチャーの犠牲者となっていた。マットたちはフローラと再会を果たすもブッチャーの一団に包囲されてしまう。そこへ、モットの霊が現れて彼らを地下室へと案内する。
    38 分
  • 「ロアノークの悪夢」の続編で、プロデューサーのシドニーの狙いはリーが夫を殺した証拠を掴むことだった。シェルビー、マット、リーはそれぞれの思惑で呪われた家に戻ったが、3人の関係はぎくしゃくしていた。
    41 分
  • 大好評だった番組のシーズン2を撮るため、役者たちとスタッフたちはロアノークの家に戻ってきた。プロデューサーのシドニーは再びヒットを狙うべく意気揚々と撮影を始めるが、突然の不幸が彼の身に襲い掛かる。
    38 分
  • マットを殺して絶望するシェルビーをドミニクは懸命に励ます。ポーク家で死を覚悟したリーは、フローラに残すメッセージの中で重大な告白をした。一方、リーとオードリーは、マットとシェルビーの死体を発見する。
    40 分
  • 「ロアノークの悪夢」のファン3人が、ネットで注目されようとドラマの題材になった家がある森を訪れると、彼らに血だらけの女性が接近する。一方、ポーク家から逃げ出したオードリーとモネは屋敷へ戻ってくるが…。
    37 分
  • ロアノークの家から生還したリー・ハリスは、殺人の裁判や愛娘・フローラの拒絶に苦しみながらも希望を持ち続けていた。ところが、テレビのインタビュー中、フローラが行方不明になったと知らされる。
    41 分

キャスト・スタッフ

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ