タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

異世界食堂

| 2017年 | 216円
ポイント 1話無料
異世界ファンタジーの住人と絶品グルメとの一期一会を描いたアニメ。
見どころ
人間をはじめ、魔族や竜族といった異世界の住人が現代日本の洋食屋に集う。そんな一癖も二癖もありそうな人々が美味しい料理に身も心も温められる姿にほっこりさせられる。
ストーリー
ある商店街の一角にある、猫の絵が描かれた看板が目印の創業70年の老舗食堂「洋食のねこや」。その扉は週に1度、特別営業の土曜日にだけ異世界と繋がっていた。ねこやを訪れる生まれも文化も種族も違う異世界の客たちは、絶品の料理に舌鼓を打ち…。
2018年7月7日 23:59まで配信
©犬塚惇平・主婦の友社/「異世界食堂」製作委員会

エピソード

  • 無料 
    世界6柱の1柱とも呼ばれる伝説の竜・赤の女王は数多くの財宝を持っていたが、中でも一際大事にしているものがあった。それはどんな金銀宝物でもなく、週に一度現れる扉の中にあり…。(「ビーフシチュー」)
    23 分
  • 「今日はドヨウの日、廃坑に行く」曾祖父の日記を頼りに訪れた廃坑の奥で、トレジャーハンターのサラは謎の扉を見つける。意を決して扉を開けると、そこには見たこともない“料理屋”があった。(「メンチカツ」)
    23 分
  • 青尻尾一族には、一族の勇者が七日に一度突然現れる扉を通って、異世界の料理を持ち帰ってくる風習がある。大事な役目のために準備をしていた勇者・ガガンポが、異世界へ向かう時がやって来た…。(「オムライス」)
    23 分
  • 異世界食堂を先代店主が切り盛りしていた頃の話。剣神・アレクサンデルに敗北した魔族のライオネルは、闘技場でただ死の運命が訪れるのを待っていた。だが、ある扉を見つけ、運命が大きく変わる。(「カツ丼」)
    23 分
  • サラとハインリヒがメンチカツサンドとエビカツサンド論争を繰り広げるねこや。そこへ、各々好物を食べていたほかの常連客が参戦し、遂にはどのサンドイッチが1番美味しいか、論争が始まってしまう。(「サンドイッチ」)
    23 分
  • 海戦で行方不明となった伝説の将軍アルフォンス・フリューゲル。たった一人で絶海の孤島に流れ着いておよそ20年、ついに島を離れる日がやって来るが、助かったはずの彼の表情は物惜し気で…。(「カレーライス」)
    23 分
  • 溺れていたところを人魚のアルテに助けられた青年・ロウケイ。礼として銀貨10枚を要求されたロウケイは、彼女が何のために銀貨を欲しがったのか気になってしまう。その理由をアルテに問うと…。(「ハンバーグ」)
    23 分
  • ドワーフのギレムとガルドは「旨い酒と魚を出す店」に向かうために山を登っていた。魚といえば海のはずが、山に向かうガルドに憤るギレムだが、何もなかったはずの小屋に扉が現れ…。(「シーフードフライ」)
    23 分
  • フェアリーが住む花の国に、ある日突然不思議な扉が現れた。国の女王・ティアナは、フェアリーたちを率いて扉の中に侵入することに。扉をくぐったその先には、見たことのない光景が広がっていた。(「クレープ」)
    23 分
  • セイレーンの少女・イリスと少年・アーリウスは巣立ちの時期を迎えていた。イリスが巣立ちの場所に提案したのは、かつてキマイラを倒した人間が住む島。2人は下見だけとその島に向かい…。(「カルパッチョ」)
    23 分
  • いつものようにねこやに出勤したアレッタ。だが、店内がいつもと違う匂いに包まれていることに気付く。店主によると、そのわけは月に1度しかない「肉の日」に出すとん汁の匂いだと言い…。(「とん汁」)
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ