タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

バチカン奇跡調査官

| 2017年
見放題
天才神父のコンビが、世界中で起こるさまざまな奇跡現象と難事件を解き明かす!
見どころ
藤木稟のゴシックミステリー小説が原作。不思議な現象の真相に迫るミステリアスな展開はもちろん、イケメン神父たちの日常的な姿やコミュニケーションにも注目したい。
ストーリー
天才科学者・平賀と、古文書や暗号の解読に長けたロベルト。彼らは「奇跡」と呼ばれる現象の真偽を調査し、判別する「奇跡調査官」だ。強い信頼関係で結ばれた2人は、調査に訪れた先で奇怪な事件に巻き込まれながら、奇跡の真偽を見定めていく。
2019年7月4日 23:59まで配信
©2017 藤木稟・THORES柴本/KADOKAWA/「バチカン奇跡調査官」製作委員会

エピソード

  • 奇跡調査官の平賀・ヨゼフ・庚とロベルト・ニコラスは、大司教からセント・ロザリオ教会の調査を命じられる。それはシスター・ドロレスの処女入内の真偽と、「蛇の割り符」の片割れを見つけるというものだった。
    23 分
  • セント・ロザリオ教会で、一人の神父が殺された。翌日、マリア像は涙を流し、寄宿学校では学生・マリオがトランス状態で神のお告げを口走る。平賀とロベルトが調査に当たる中、新たな事件が起こる。
    23 分
  • 再び神父が殺され、平賀とロベルトは手掛かりを求め、今は亡きミハイル・ブラウン司教の部屋へ潜入。そこで悪魔崇拝を示す割り符の片割れを発見する。翌日、平賀とロベルトがカルロスに取り付いた悪魔を祓うと…。
    23 分
  • セント・ロザリオ教会で起きた連続殺人事件を調査する平賀とロベルト。ミハイル・ブラウン司教の部屋にあった古代ルーン文字の書物の解読に取り掛かったロベルトは、そこに全ての事件に繋がる事実を突きとめる。
    23 分
  • 情報局のローレンは数年前、重要人物としてバチカンに拘束されていた。そこでは神父との対話を強いられていたが、信仰心を持たない彼は、苦痛紛れに高知能の平賀と「天使と悪魔のゲーム」で勝負していた。
    23 分
  • 平賀とロベルトは、アフリカのソフマ共和国で預言者として知られたヨハネ・ジョーダン神父の遺体が腐敗しない謎を調べることに。セント・カルメル教会に赴いた2人は、大天使のように美しいジュリア司祭に会う。
    23 分
  • 生前に書き残した詩で、ヨハネはロベルトの死を預言していた。内心穏やかではないロベルトだが、入室を許可された教会の図書室で調査に没頭する。一方、ジュリアの診療を手伝う平賀は、彼の人柄に魅了されていた。
    23 分
  • トスカーナ地方のセント・エリギウス教会では、どこからか角笛が鳴り響き教会内が虹色の光に包まれるという奇跡が起きていた。平賀とロベルトは調査に赴き、平賀は科学的に分析し、ロベルトは教会の書庫を調査する。
    23 分
  • 調査中の教会で少年の殺害事件が起きた。平賀は被害者の血液を分析し、ロベルトは村の子供たちが歌っていた民謡を調査する。ロベルトは32年前にも未解決の殺人事件が起きていたことを知り、被害者の家を訪ねた。
    23 分
  • 平賀とロベルトは、首切り道化師が起こした事件と32年前に起きた殺人事件に繋がりがあるとにらむ。事件が起きた森へ赴くと、民話に出てくる井戸にたどり着く。井戸の底から地下道を進み、秘密の工場を発見する。
    23 分
  • 平賀の元に、弟・良太の容態が急変したとの連絡が入る。良太には幼い頃から、ベールをまとう3人の男たちの姿が見えていた。人の死を予言する彼らは良太を苦しめ続けたが、それを兄には言わないでいた。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ