タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ぶちぶちシソンヌ

| 2015年
見放題
「キングオブコント2014」で優勝した実力派コント師・シソンヌの初冠番組
見どころ
圧倒的な演技力と独創的な世界観のコントに定評があり、業界内の注目度も高いシソンヌのロケバラエティー。単独ライブは毎回完売し、ドラマや舞台に活躍の場を広げる。
ストーリー
飛ぶ鳥を落とす勢いのシソンヌが、変幻自在のキャラクターを活かし、広島県内を中心にあらゆる場所に出没!「今、最も芸人がライブを見たい芸人」と評されるシソンヌが番組のために書き下ろしたオリジナルコントにも注目!!
2018年12月31日 23:59まで配信
©HOME

エピソード

  • 第1回目は広島でのロケ。広島の各地を訪れて、多くの人たちにシソンヌのことを覚えてもらいたい、という思いを抱き、2人は最初に広島ホームテレビを訪問することになった。シソンヌは関係各所に挨拶をする。
    15 分
  • シソンヌのじろうは大のカープファン。念願の球場で、2人は前田健太投手と遭遇する。マエケンとシソンヌの貴重な掛け合いが始まった。さらに、マツダスタジアムで、コントを繰り広げることになった。
    15 分
  • 広島にたくさんあるおいしい食べ物の中でもシソンヌが特に気になったのは牡蠣だった。2人は海に出て、牡蠣漁体験をさせてもらう。普段は絶対経験することのないシチュエーションで、コントを披露する。
    15 分
  • 漁師のキャラクターを演じるシソンヌのじろう。そして、獲った牡蠣を早速試食する。「極鮮王」という、甘さが自慢の大きな牡蠣だ。漁師さんにお勧めの食べ方を教えてもらい、新鮮な牡蠣を味わう。
    15 分
  • 広島県民に広く知られている老舗アナゴ飯の「うえの」を訪問。同店は明治34年創業、100年以上の歴史を誇る行列が絶えない名店だ。店内ではじろうがボケまくり、飾ってある高価な物をネタに使う。
    15 分
  • カープ女子に対してじろうが大激怒している。その理由は、彼女たちがカープを全く愛していないにもかかわらず、カープにあやかって仕事をもらい、お金を稼いでいるのではないか、という疑念を抱いているからだった。
    15 分
  • シソンヌの2人が訪れたのは、カープファンの聖地「カープ鳥きのした」だ。店主は往年の名選手・木下富雄さん。広島では多くの人が知っている超有名店で、カープファンの常連たちとカープについて熱く語ろうとする。
    15 分
  • じろうとカープ女子がカープクイズで対決。前年の個人成績や選手の応援歌、往年の名選手まで幅広いカープの知識が試される。じろうとカープ女子たちは、なかなか難易度の高いカープクイズに苦戦する。
    15 分
  • 広島と言えばやっぱり「お好み焼き」ということで、シソンヌは歴史ある名店「八昌」に足を運んだ。店内に漂うほのかなソースの香り、焼き上がっていく音、お好み焼きができる前からシソンヌのよだれが止まらない。
    15 分
  • キングオブコント2014で優勝を果たしたシソンヌの2人。優勝賞金が手元に入ると、その賞金を使って長谷川が一番世話になっている両親に親孝行しようという企画が持ち上がる。長谷川とじろうは車に乗り込んだ。
    15 分
  • 長谷川の実家へのサプライズ恩返しをするため、東京を出発したシソンヌが浜松に到着。お酒をプレゼントしたい、ということで、地元静岡で有名な酒蔵を訪れる。じろうがお土産にぴったりの日本酒を選ぶが…。
    15 分
  • 今回は、長谷川の実家へのサプライズ恩返しドライブの完結編。長谷川が運転する車はついに静岡県の実家の寿司屋に到着した。ところが、両親へのサプライズがゆえに予想もしなかった事態に陥ってしまう。
    15 分
  • BCJとは「カープ女子ブームに乗っかって金儲けをする、ビジネスカープ女子」のことだ。そんな因縁をつけられた広島のカープ女子とじろうで、ペナントレース前半のカープ戦の名シーンを振り返る。
    15 分
  • 長谷川は芸能界一のタコ漁の達人という説がある。じろう扮する「広島ホームテレビアナウンサー・小野美幸」、通称「おのみ」がリポーターとして同行し、瀬戸内海の青空の下で、タコを追うが…。
    15 分
  • 広島県内トップクラスの実力を誇る演劇の名門校を訪れるシソンヌ。キングオブコント王者のサプライズ訪問に高校生はどんな反応を示すのかに注目が集まる。また、シソンヌの2人は、演劇部の演技を目の当たりにする。
    15 分
  • 広島県ナンバー1の沼田高校演劇部と2014年キングオブコント王者・シソンヌがコラボして、演劇が誕生。また、シソンヌは吹奏楽部にもお邪魔した。すると、パワフルでフレッシュな演奏に感動する。
    15 分
  • 今回はウエイクボードに挑戦。リポートするのは、広島ホームテレビの名物アナウンサー「おのみ」こと小野美幸アナだ。実演を行うのは、「芸能界一のウエイクボードの達人」と呼ばれるシソンヌの長谷川だ。
    15 分
  • 広島ホームテレビのアナウンサー・おのみ、こと小野美幸の案内で、長谷川とカープ女子が訪れたのは、薬研堀にある中華料理屋「団欒亭一」。夏バテに良い料理ということで、あるメニューを楽しみにするのだが…。
    15 分
  • 前回、長谷川とカープ女子の舛井さんと浅田さんは夏バテ解消グルメを堪能した。今回はそれを超える夏バテ解消度100%の料理が登場する。その料理の正体は、見ているだけでもきついある生き物だった。
    15 分
  • 水圧によって、空を飛ぶフライボードを日本に持ち込んだといわれている長谷川。フライボードにチャレンジすると、長谷川はオリジナル技を披露しようとする。その技の名は「長谷川ドルフィン」だ。
    15 分
  • 江の島ビーチにやってきた2人の目的は「コントの効果音を録る」ことだった。生音でほしい効果音があるらしい。「キングオブコント2014」優勝コンビとしては、その音をどうしても手に入れないといけなかった。
    15 分
  • 「キングオブコント2014」の頂点に立ったシソンヌであれば、どんなシチュエーションでも素晴らしいコントになるはずだ。2人は、鎌倉の商店街に連行され、そこで前代未聞の即興コントを行う。
    15 分
  • 「シソンヌの生コントを見たい」という方を募集し、放送終了後にその方のお宅にお伺いするという、斬新な企画を行う。コントの小道具は現地調達するしかない。当選者も間近で見るシソンヌに大興奮する。
    15 分
  • 今週はシソンヌのことが大好きな女性とそのおばあさんの元へ生コントをお届けする。おばあさんは、じろうの女装キャラが大のお気に入りであるらしい。じろうの演技も自然と気合が入るが、そこは深夜の住宅街で…。
    15 分
  • 「おカープ女性」キャラの東洋子が、カープ女子を引き連れて女を磨くツアーを決行することになった。長谷川扮する、新顔の忍さんも参戦。女性にとって魅力あふれる広島市内のスポット巡りをする。
    15 分
  • 即興コントを行うあの企画が再登場。前回は鎌倉で敢行し、シソンヌに「もう二度とやりたくない」、「正直、トラウマになった」と言わせたほどの厳しいロケだ。それrがついに、広島の地でも繰り広げられる。
    15 分
  • 前回、シソンヌは、ほとんど人との絡みが無く、観客もいないという孤独と闘いながら即興コントを行った。今回、2人は触れ合いを求め、とあるお菓子屋を訪れる。シソンヌは温かく迎えてくれる店の人々に大喜びする。
    15 分
  • 「おカープ女性」キャラの東洋子が、カープ女子を引き連れて女を磨くツアーをする続編。またも長谷川扮する、大木凡人似の忍ちゃんが参戦。広島市中区紙屋町にある足裏マッサージ店でツボを刺激され…。
    15 分
  • 「キングオブコント2011」王者のロバートが登場。シソンヌと5人で京都国際映画祭の会場となっている京都市中心部の「立誠小学校」を巡る。だが、即興コントを行うという企画内容に、ロバートは困惑を隠せない。
    15 分
  • 「その場でお題を決め、打ち合わせ無しでコントを始める」という企画の斬新さに困惑しながらも、どうにかコントを繰り広げるシソンヌとロバート。思わぬ連携が生まれ新たな「リズムネタコント」が誕生する。
    15 分
  • 京都の台所「錦市場」にやってきたシソンヌに、即興コントの指令が下る。そこへ、助っ人として渡辺直美が登場。食べ歩きをしながら、「即興コント」に挑戦する。もちろん渡辺直美にとっては初めての体験で…。
    15 分
  • 渡辺直美とシソンヌは、京都の台所「錦市場」で街歩きをしながら、「即興コント」をさせられるという過酷なロケを続ける。目的地の「錦天満宮」にたどり着いた3人だが、そこでも即興コントが待ち構えていた。
    15 分
  • 舞台となるのは大阪。準備無しのガチ企画にシソンヌは「もうやりたくない」と叫ぶ。そんな中、彼らの気持ちを無視してロケが行われる。ゲストは「キングオブコント2015」ファイナリストのバンビーノだ。
    15 分
  • 引き続きゲストにバンビーノを迎えて、大阪「黒門市場」で即興コントを行う。だが、シソンヌは全く手応えを掴めない。1分間コントの終了の時間を待ってしまうほど悪戦苦闘するシソンヌとバンビーノだが…。
    15 分
  • 番組DVDの発売を記念して、ロケやコントの名シーンを振り返り、番組で放送できなかった未公開映像も披露。ロバートや渡辺直美との京都ロケの合間に、千鳥とも遭遇していたシソンヌ。コンビで即興コントを行う。
    15 分
  • 「有名人に勝手におごろう」が始まる。シソンヌが知名度を上げるために有名人が通う店を訪れ、勝手にご馳走して仲良くなろうというたくらみみだ。その初回は、あるカープ選手も常連だという「つけ麺屋」を訪れる。
    15 分
  • 今回は広島ホームテレビアナウンサー「おのみ」こと小野美幸が、長谷川の活躍ぶりをリポート。2人が訪れたのは「西岡利晃フィットネスボクシングジム」だ。長谷川はジム所属の元プロボクサーと対決する。
    22 分
  • 37歳を迎える長谷川は「健康診断」を受けたことがほとんどない。40歳手前となった長谷川の身体には、きっと悪い部分が潜んでいるはず。番組ではどこかに悪い部分がないか、しっかり調べることになった。
    15 分
  • 広島市内のあるお好み焼き屋が今回のターゲットだ。そのたたずまいは家庭的で、地元のお客さんが通う雰囲気といえる。そんな親しみやすいお好み焼き屋にはある有名アーティストが訪れているらしいのだが…。
    15 分
  • シソンヌに「一発勝負で成功しなければならない」というプレッシャーを与え、できて当たり前のことにチャレンジしてもらう。失敗すれば、「電気ビリビリ」装置「電じろう」でのお仕置きが待っている。
    15 分
  • 今回は「有名人行きつけのお店で勝手におごろう」第3弾。2人が訪れたお店は2軒。いずれも、「超有名アーティスト御用達」のお店だ。サインの中には藤井フミヤ、福山雅治の名前も確認できる。
    15 分
  • 新生活を送ることになり、広島から東京に出て来る人もいるはず、ということで、今回は「上京時にきっと役立つ」がテーマだ。超ディープスポットとして、新宿のゴールデン街を巡り、リポートする。
    15 分
  • 引き続き、訪日した外国人にも人気が高い新宿のゴールデーン街をリポート。行きつけにしたくなる個性派揃いのお店を紹介する。東京に上京してきて新生活を始める人たちにとっては、見逃せないロケとなった。
    15 分
  • 番組2年目を迎えるにあたって、揃って広島にやってきたシソンヌ。挨拶だけでは面白くないと考え、長谷川がある企画をスタッフに持ち込んだ。それはホームテレビ社内の人間にドッキリを仕掛けようというものだった。
    15 分

キャスト・スタッフ

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ