タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

コウノドリ(2017)

| 2017年 | 324円〜
ポイント
鈴ノ木ユウのヒューマン医療漫画を、綾野剛主演でドラマ化したシリーズ第2弾
見どころ
「生まれてきたことの意味」や「命を授かる奇跡」が丁寧に描かれていて、生まれてくる赤ちゃんとその家族、医師や助産師、看護師たちが抱くそれぞれの決意が涙を誘う。
ストーリー
時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ。研修医だった下屋と新生児科の白川もそれぞれ専門医となり、ペルソナ総合医療センターで精力的に働いていた。彼らは新たな命に触れることで葛藤し、訪れるさまざまな試練を乗り越えていく。
ここがポイント!
松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋ら前シリーズのメンバーに加え、古畑星夏が看護師役で共演。
2018年9月30日 23:59まで配信
©TBS ©鈴ノ木ユウ/講談社

エピソード

  • サクラは心臓病を抱える妊娠36週の妊婦・山崎麗子に無痛分娩を提案するが、彼女は周囲の意見に左右されてしまう。一方、出産を終え心室中隔欠損の診察で新生児科を訪れていた佐野彩加に、白川は違和感を覚え…。
    45 分
  • ある日、トーラックを希望する妊婦の蓮がサクラの下を訪れる。我が子を愛せていないのではと不安がる蓮は、帝王切開で生んだことが原因と考えており、次の出産はどうしても自然分娩で産みたい気持ちを高めていた。
    45 分
  • サクラの下に診察に訪れた妊娠27週の妊婦・西山瑞希。診断の結果、切迫早産の可能性があるため急遽入院することに。同様に切迫早産で入院中の七村ひかると同室になり、2人はすぐ意気投合するのだが…。
    45 分
  • ピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科で、下屋は切迫早産で入院中の神谷カエと出会う。唯一の入院患者であるカエの不安を少しでも取り除くべく積極的に相談に乗っていた下屋は、カエの様子に違和感を抱き…。
    45 分
  • 吸引分娩での出産を控えている風間真帆に、サクラや小松、新生児科医の白川が寄り添っていた。医者としてもっと上を目指すべきと熱く語る白川の様子を見て心配する今橋。そんな矢先、白川に重大な出来事が起こる。
    45 分
  • 過去2回流産を経験している妊婦・篠原沙月を診察したサクラは、エコーに映った胎児に心拍がないことを確認する。一方、父が再び倒れたとの知らせを受け帰省した四宮は、父に代わり患者の緊急カイザーをすることに。
    45 分
  • 別のクリニックで出生前診断を受け、21トリソミー陽性と検査結果が出た妊婦・高山透子が夫と共にサクラの下を訪れる。羊水検査について説明を受けた動揺する2人に、サクラは「一緒に考えよう」と寄り添うが…。
    45 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ