タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

名もなき英雄<ヒーロー>

| 2016年 | 韓国
見放題
パク・シフが復讐に燃える元スパイを演じたアクション・ラブロマンス
見どころ
「殺人の告白」のパク・シフが妖艶なダンスシーンや大胆なベットシーンに挑戦し、鍛え上げられた肉体を披露。少女時代・ユリとイ・スヒョクのラブラインにも注目。
ストーリー
中央情報局員だったシユンは、後輩の死の真相を探るため、情報局のOBが集まるバーのオーナーとなり復讐の機会を窺っていた。一方、警察官志望のチャンギュはある情報局のOBを尾行する。そんな中、シユンの前にかつての恋人・ソアンが現れ…。
ここがポイント!
加藤雅也が特別出演し、話題に。
2020年9月30日 23:59まで配信
© STUDIO DRAGON CORPORATION

エピソード

  • 韓国の諜報機関・中央情報局のペク・シユンはある事件で作戦に失敗し、後輩を失う。責任を取り、刑務所に収監されたシユンは3年後に出所。彼は事件の謎を解くべく多くの諜報員が集まる「バー隣人」に向かった。
    69 分
  • バー隣人のアルバイトをしながら脚本家を目指すジョンヨンとショッピングモール建設のために自ら経営するカフェの明け渡しを迫られていたソミは、チンピラたちに絡まれる。だが、正体を隠したシユンに助けられた。
    63 分
  • ジョンヨンとソミは、チャンギュが自分たちを助けてくれた恩人だと勘違いする。一方、ソアンはバー隣人を訪れ、シユンが店長だと知り驚く。予期せぬ再会に喜ぶソアンだが、シユンは過去を悔い、彼女を突き放す。
    63 分
  • バー隣人の元店長・ファンの勧めで、シユンはジヌの母親が切り盛りする食堂に向かう。温かく迎えてくれたジヌの母親に対し、シユンは「ジヌが死んだ時、同じ部署ではなかった」とうそをついてしまう。
    64 分
  • シユンはミスクの店「昔食堂」で朝食を取る。前の晩、地上げ屋10人以上を病院送りにした乱闘騒ぎの主犯はシユンだと確信したミスクは彼を問い詰める。ところが、シユンは知らぬ存ぜぬを決め込んだ。
    69 分
  • ニュースター・インベスト社長、ユン・サンミンはボンチョルと共にバー隣人へ押し掛け、チャンギュに執拗に絡む。サンミンは「影」の正体の確信を得て、ボンチョルに2日間以内に正体を突き止めるように命じる。
    62 分
  • ボンチョルはサンミンに、影の正体はチャンギュに違いないと話す。サンミンはボンチョルの話を疑いつつも、公権力による影の処理をちらつかせる。そんな中、ソアンはシユンに会うため、バー隣人を再び訪れる。
    61 分
  • シユンはチャンギュに今は誰を監視しているのか尋ねる。チャンギュは「ジョンヨンの監視をしている」と苦し紛れのうそをつく。さらにチャンギュを問い詰めようとするシユンだが、ミスクから電話がかかってきて…。
    67 分
  • サンミンは弁護士のイェジュンを伴い、「友人たち」ことコアモールへの投資者が集まる席に向かう。だが、土地の買い占めが予定通りではないことでなじられる。社に戻るとそこにはサンミンの旧友・JJの姿があった。
    63 分
  • 影による乱闘事件の参考人としてチャンギュが警察署に呼ばれた。シユンが1人で10人余りの男を相手に闘ったこと、シユンが先に刃物を手にしたことなど、シユンがいかに凶暴だったかをたどたどしく語り始める。
    60 分
  • 日本料理店店長が殺されたと聞き、テホの同僚刑事たちは、清渓企画に駆け付ける。第一発見者として事情聴取を受けるテホだが、同僚たちに副業がばれてしまう。テホは逃走した2人組が働くソヌの事務所に突入する。
    62 分
  • 日本料理店店長にとどめを刺したソヌの部下たちが逮捕される。チャンギュとジョンヨンの説得で、店長を包丁で最初に刺した少年も警察に出頭。実行犯たちの逮捕により、ソヌも黒幕として逮捕されることになる。
    62 分
  • サンミンはシユンに、コアモールの建設を邪魔すれば、家族、恋人、仲間たちを容赦ないやり方で始末すると脅迫。一方、江中警察署では情報局の調査を終え、移送されるソヌをイム刑事たちが待ち構えていた。
    61 分
  • JJらの襲撃で倒れているシユンを発見したソアンは、彼を病院へ搬送する。そこでシユンは医師から1週間の絶対安静を言い渡される。その頃、スタディーグループとの約束を守れなかったサンミンは…。
    61 分
  • JJらによる襲撃の傷も癒えないまま、サンミンとサシの勝負をすることになったシユン。しかし、サンミンとの勝負の途中で、回顧録の引き渡しを条件に、テホの娘・スビンが誘拐されたことを知らされる。
    61 分
  • シユンとテホは、スタディーグループの面々を呼び出し、宣戦布告をする。また、シユンは中央情報局に向かい、サンミンを証人保護し、法廷で彼に全てを証言させ、スタディーグループの摘発に動くよう話を持ち掛ける。
    65 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ