タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

SHOTS FIRED/ショット・ファイヤー 運命の銃弾

| 2017年 | アメリカ | 216円〜
ポイント
実際に起きた射殺事件をベースに、アメリカが抱える社会問題に切り込んだサスペンス
見どころ
人種問題が主題に置かれ、白人と黒人それぞれの立場や観点から丁寧に描かれるストーリーはとても重厚。アメリカの「今」の社会事情が窺い知れる内容になっている。
ストーリー
アメリカ南部ノースカロライナ州の小さなコミュニティーで発砲事件が発生。街で唯一の黒人保安官が白人少年を撃ったという。合衆国司法省の捜査官・アッシュと検察官・プレストンは調査を開始するが、事件の裏にはさらに大きな事件が隠されていることを知る。
2018年11月30日 23:59まで配信
© 2017 Fox and its related entities. All rights reserved.

エピソード

  • ノースカロライナで黒人の保安官補が白人男性を射殺する事件が発生。検察官のプレストンと捜査官のアッシュが動き出すが、人種問題に揺れる街は色々な立場の人々の思惑が交錯し、2人の捜査は難航する。
    45 分
  • ベック保安官補によるジェシー・カー射殺事件を調べていたプレストンとアッシュは、新たにジョーイ・キャンベルという黒人少年が殺害された未解決事件を知る。住民は警官がジョーイを殺したとうわさするが…。
    43 分
  • プレストンとアッシュはジェシーとジョーイの両事件を追う。プレストンはジェシーが入会していた友愛会で聞き込みを始め、そこで友愛会がジェシーに人種差別的な考えを植え付けていたことを知る。
    43 分
  • 失踪していたコーリーは、ジョーイの殺害に保安局が絡んでいたと証言。一方、ブリーランドがジョーイとジェシーの殺害現場に最初に到着していた事実を掴み、プレストンとアッシュは捜査を始める。
    43 分
  • ハウスで起きた事件の報告書の中から名前に「AD」が付く人物を見つけ、プレストンとアッシュはそれが補助警官を意味することを突き止めた。また、「ツアー」とは補助警官をハウスへ連れていくことを意味していた。
    43 分
  • ダーキンが死に、プレストンとアッシュはコックスの犯行を示す新たな証拠を探し続ける。一方、ブリーランドがジョーイとジェシーの事件の関連を覆す証人を見つけ、司法省のボスたちは別チームを送ることを決めた。
    43 分
  • プレストンと共に捜査から外されることになったアッシュは、親権の件で事件に身が入らない。プレストンは引き継ぎまでの1週間で事件を解決しようと奮闘し、キアナから情報を聞き出すべく賄賂を渡すことにした。
    43 分
  • ジェシーの事件の映像が見つかり、それを狙う侵入者にアッシュが襲われる。教会で見つかった銃はジョーイ殺害に使われた物と断定され、アッシュは銃の製造番号から持ち主がコックスであることを暴いた。
    44 分
  • ブリーランドはジョーイ殺害の罪を問われることを恐れ、プラット保安官に相談するが、責任を押し付けられる。そこで司法省と取引をして、情報と引き換えに罪を軽くするよう要求するが、事態は一変する。
    43 分
  • ブリーランドが何者かに殺され、保安局は強引な捜査を開始。そしてベック、コックス、プラットの3名の起訴の是非を問うべく大陪審が招集される。一方、ブリーランドが極秘の情報を隠していたことが判明する。
    43 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ