タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~

| 2015年 | 中国 | 216円〜
ポイント 1話無料
中国で社会現象を巻き起こした、禁じられし切ない愛を描くラブ史劇!
見どころ
呪われたヒロイン・花千骨を演じるのは、「後宮の涙」のチャオ・リーイン。アカデミー賞にノミネートされた経験のあるユー・チュンマンが手掛けた美麗な衣装も注目だ。
ストーリー
数奇な運命を背負って生まれた花千骨。村人に忌み嫌われながら生きる彼女が父を亡くした時、心の支えとなったのは行きずりの剣士・白子画だった。その後、長留派の掌門となった白子画に弟子入りした花千骨は、彼と師弟の縁を超えた絆で結ばれるのだが…。
2018年9月30日 23:59まで配信
© CIWEN(SHANGHAI)MEDIA LIMITED

エピソード

  • 無料 
    生まれながらに奇妙な香りを放ち、草木を枯らす力を持つ花千骨。村人に忌み嫌われる彼女は父親と共にひっそりと暮らしてきた。しかし、父が重い病を患った上に災難に見舞われ、非業の死を遂げてしまう。
    45 分
  • 花千骨が結界を破って蜀山に入ると清虚道長が倒れていた。清虚道長を看取ることになった花千骨は蜀山を代表する掌門の座を譲られる。その後、彼女は裏切り者の雲翳に襲われるが、長留の掌門・白子画に助けられる。
    45 分
  • 白子画は花千骨が自分に厄運をもたらす「生死の難」であり、難を逃れるには彼女を殺すしかないと知る。しかし、無実の花千骨の命を奪うことができなかった彼は、別の解決方法を考えようと心に決めた。
    45 分
  • 花千骨は蜀山の掌門であることを隠して長留の新弟子試験に臨んだ。彼女は蓬莱の掌門の娘・霓漫天と駆け付けた東方彧卿の助けを得て第1関門、第2関門を突破し、ついに三生池に入る最終関門に挑む。
    45 分
  • 花千骨のほか10名が新弟子試験に合格し、試験免除の特待生・孟玄朗も加わり、長留の外弟子たちの厳しい修練が始まる。しかし、もともと剣士としての素養に欠く花千骨は落ちこぼれていくばかりだった。
    45 分
  • 蜀山の掌門であることがばれてしまった花千骨は、いったん長留を離れる決心をする。そして彼女は白子画から断念剣を、孟玄朗からお守りの玉を受け取ると、迎えにきた雲隠と共に蜀山へと旅立つ。
    45 分
  • 花千骨は掌門として認めてもらうため、清揚長老と蜀山の剣法を競うこととなる。雲隠の指導で剣法を学んだ彼女は、断念剣と東方彧卿に授けてもらった奇策で試合に臨む。その後、花千骨は再び雲翳に襲われるが…。
    45 分
  • 異朽君の差し金で単春秋が手下を引き連れて蜀山を攻撃し、迎え討った花千骨は駆け付けた白子画に助けられる。結果、花千骨は蜀山を守ったことで長老たちに掌門として認められ、再び長留で学ぶことを許される。
    45 分
  • 長留に戻って来た花千骨を外弟子の仲間たちは歓迎してくれるが、霓漫天だけは冷たい態度を取る。そんな中、花千骨は孟玄朗に思いを寄せる親友・軽水に頼まれ、彼女に代わって孟玄朗に香り袋を渡した。
    45 分
  • 孟玄朗が蜀国の第二皇子だったことが判明。臨終の間際だった皇帝は彼を皇宮に呼び戻すと、第一子の孟玄聡ではなく孟玄朗を後継者に指名する。一方、長留では外弟子たちが実力を競う仙剣大会が開催される。
    45 分
  • 花千骨は仙剣大会で決勝まで進むが傷を負う。周囲は彼女に棄権を勧めるが、優勝して尊敬する白子画の内弟子になりたいと強く望むため、反対を押し切って決勝戦に臨む。そして霓漫天と戦うが、惜しくも敗退する。
    45 分
  • 白子画の内弟子になれて有頂天の花千骨は絶情殿に移る。白子画が孤独に暮らしてきた絶情殿は贅沢ではあるが寒々とした屋敷だった。彼女は師匠に命じられたとおり、1人で秘伝書「七絶譜」の暗記を始める。
    45 分
  • 花千骨は白子画に喜んでもらおうと料理や庭仕事に精を出すが、失敗して師匠を怒らせてばかり。そんな彼女を殺阡陌が遊びに連れ出し、楽しい時間を過ごすが、帰り道で花千骨は霓漫天から実力不足をばかにされる。
    45 分
  • 花千骨は霓漫天の悪だくみで命を落としかけるも白子画に救われた。回復した彼女は新弟子仲間と修行の旅に出て成都を訪問。一行は皇帝に即位した孟玄朗、科挙に首席で合格して大学士となった東方彧卿に再会する。
    45 分
  • 孟玄朗と東方彧卿の2人から同時に食事に招かれる花千骨。孟玄朗からの招待状は軽水に譲るが、孟玄朗も東方彧卿も仮病で花千骨の気を引こうとする。その後、一行は七殺派を警戒して太白門の救援に向かう。
    45 分
  • 霓漫天が七殺派の間者を殺してしまい、新弟子たちの一行は真相を追及できないまま太白門に到着した。すると、七殺派が各門派をあざむいて太白門を急襲。花千骨は白子画に託された流光琴で懸命に応戦するが…。
    45 分
  • 不帰硯と流光琴を賭けて行われた殺阡陌と白子画の対決は白子画が勝利を収め、長留は七殺派から不帰硯を取り戻す。そして、太白門の掌門・緋顔が幻思鈴を白子画に預け、長留は4つの十方神器を守ることになった。
    45 分
  • 花千骨が白子画に恋心を抱いていることを見抜いた夏紫薫は、彼女への憎しみを募らせ、霓漫天を利用して2人を引き離そうと考え始める。一方、長留に帰った花千骨は、師匠への許されぬ恋情が宿ったことを自覚する。
    45 分
  • 絶情殿に押し入り、花千骨の験生石を盗み見た夏紫薫。花千骨が白子画の「生死の難」と知ると彼女を殺そうとするが、花千骨をかばった東方彧卿が重傷を負う。夏紫薫はその傷を治せる唯一の人物、殺阡陌を訪ねるが…。
    45 分
  • 花千骨の大胆な行動によって東方彧卿は一命を取り留めた。その後、花千骨は白子画と一緒に十方神器の一つで行方知れずとなっている憫生剣を探す旅に出発。その道中、彼女は故郷の村に立ち寄るが…。
    45 分
  • 孟玄聡が蜀国の皇宮で謀反を起こし、孟玄朗から帝位を奪った。さらに彼は蜀国に伝わる皇帝の宝剣をも奪い取ると、七殺派と手を組んで孟玄朗の暗殺をたくらむ。この皇帝の宝剣こそ、実は十方神器の憫生剣なのだった。
    45 分
  • 掌門の座を雲隠に譲るため、花千骨は白子画と共に蜀山へ向かう。各門派の掌門も次々と蜀山にやってくる。しかし、その継承の儀の最中に事件が発生。太白山の掌門・緋顔が無残な遺体となって見つかったのだ。
    45 分
  • 花千骨は白子画に雲翳が雲隠と入れ替わっていることを伝えるが、白子画は早くからこれを知っており、わざと雲翳に双子の呪いを解く憫生剣を預ける。一方、単春秋は殺阡陌を操るため、ひそかに彼に行尸丹を飲ませた。
    45 分
  • 花千骨は2件目の掌門殺人事件を調べるため、旅に加わった糖宝と共に男子禁制の韶白門にやってきた。実は太白山の掌門・緋顔が殺される前に、韶白門の掌門・雁停沙が何者かに同じ方法で殺されていたのだ。
    45 分
  • 花千骨たちは、殺された掌門たち全員がかつて短期間で功力をつけていたことを知り、禁術を使ったのではないかと推察。そして情報を求めて五上仙の1人だった檀梵に会うのだが、手掛かりは得られなかった。
    45 分
  • 掌門殺人事件は自分の「生死の難」だった雲牙を愛してしまった無垢の復讐だったことが明らかとなる。そして、媚児も彼によって命を奪われてしまい、さらに花千骨にも彼の魔の手が伸びるのだった。
    45 分
  • 無垢が自害し、傷を負った花千骨は蜀山に運ばれるが、意識が戻らない日々が続く。そんな中、白子画のために花千骨を殺す方法を模索する夏紫薫は異朽君に会い、邪気のある短刀・誅仙を受け取った。
    45 分
  • 自分が白子画の「生死の難」であることに悩む花千骨は、白子画から離れるため旅立つ決心をする。しかし、白子画が七殺派にとらわれた玉濁峰の掌門・温豊予を助けるために黄泉洞に向かうと、花千骨も後を追った。
    45 分
  • 窮地を脱して長留に戻れたが、白子画が卜元鼎の毒に侵されたことを知った花千骨は自分を責める。一方、白子画は自分の余命がわずかだと自覚し、それを周囲に悟られまいと、修行だといつわり絶情殿に引きこもる。
    45 分
  • 白子画への恋情をしたためた手巾を霓漫天に盗まれた花千骨。霓漫天は、仙剣大会で勝負する際にわざと負ければこの秘密を黙っていると脅す。花千骨は、自分の気持ちを師匠に知られるわけにはいかないため了承する。
    45 分
  • 年に1回の仙剣大会。再び長留に集った各門派の掌門たちは、十方神器を狙う七殺派と一致団結して戦う意志を固め、誰が白子画の後継者にふさわしいのか、弟子たちの腕比べを見物する。第1試合は花千骨対霓漫天だ。
    45 分
  • 東方彧卿が霓漫天から手巾を取り戻し花千骨の秘密は守られた。一方、霓漫天に一瞬殺意を抱いた花千骨を白子画は許せず、師弟の縁を切られた花千骨は絶情殿を追い出されるが、師匠を救いたい彼女は異朽君を訪ねる。
    45 分
  • 毒に侵され朦朧とした白子画に思いがけず唇を奪われた花千骨。それを李蒙に見られた彼女は殺阡陌に摂魂術を習い、李蒙と白子画の頭からその記憶を消した。そして、余命いくばくもない白子画を救うため行動を起こす。
    45 分
  • 花千骨と朔風に東方彧卿も協力してくれることになり、3人は十方神器を集める作戦を練る。そして花千骨と朔風は蓬莱の掌門・霓千丈を訪ね、彼の持つ浮沈珠を手に入れたが、直後に霓千丈が何者かに殺されてしまう。
    45 分
  • 花千骨は天山の掌門・尹洪淵が九宵塔に隠していた玄鎮尺を何とか手に入れ、残りの十方神器を入手すべく朔風と共に殺阡陌に会いに行く。その頃、死を覚悟した白子画は、花千骨の深い愛情を知ってしまう。
    45 分
  • ついに東海で十方神器を揃えた花千骨。しかし朔風から驚くべき事実を聞かされた彼女は、封印を解こうとする朔風を止めようとする。一方、花千骨を助けようと東海に駆け付けた白子画は、単春秋に捕らわれてしまう。
    45 分
  • 妖神の封印が解けて現れた墟洞へと入った花千骨は、そこで邪悪な太古の力を秘めているはずの妖神が、孤独で無垢な少年だったことを知って驚く。彼女はその少年を南弦月と名付け、正しい道に導こうと決心した。
    45 分
  • 長留で審問を受けることになり、南弦月と共に投獄された花千骨。白子画を苦しめたくない彼女は、十方神器を集めた真相を隠し1人で罪を背負う覚悟でいた。そんな彼女を救いたいと東方彧卿は牢を訪れるが…。
    45 分
  • 白子画は消魂刑の執行を途中でやめ、師匠である自分の手で罰を与えると言い、断念剣で花千骨に痛手を負わせる。そして、消魂刑の残りの刑は自分が受けると宣言し、自らの体を差し出し弟子の罪をかぶるのだった。
    45 分
  • 花千骨が絶情池の水を掛けられて苦しむのを目の当たりにした摩厳は、ひそかに彼女を流刑の地である蛮荒へと追放。それを知った東方彧卿は怒って白子画を斬ろうとするが、東華が身代わりとなって刃を受け絶命する。
    45 分
  • 蛮荒で摩厳の弟子だった竹染に救われた花千骨は、手荒な方法で腕を試される。実は彼女に太古の力が宿っていることを竹染は見抜いていた。一方、花千骨を必ず救い出すと決意した東方彧卿は、殺阡陌に協力を仰ぐ。
    45 分
  • 殺阡陌の助けで蛮荒に入った東方彧卿は花千骨と再会するが、異朽君であることを知られた彼は花千骨の信頼を得られない。それでも、処刑される南弦月を助けなければと言って彼女の説得を試みる。
    45 分
  • 殺阡陌が最後の力を振り絞って別の出口を開けた。これによって、花千骨たちは蛮荒からの脱出に成功する。一方、その事実を知らないまま蜀山を除く各派の掌門は長留に集結し、南弦月の処刑を決めた。
    45 分
  • こっそり絶情殿を訪れた花千骨は、弟子は生涯に1人と言っていた白子画が天山の掌門・尹洪淵の娘・幽若を新弟子に取ったと勘違いして傷つく。東方彧卿に慰められた彼女は彼を許し、今後は自分のために生きてと話す。
    45 分
  • 摩厳に攻撃された花千骨は夏紫薫に助けられ、異朽閣に身を隠して東方彧卿の治療を受ける。そこで彼から太古の力を封印したのは白子画だと聞いて動揺する。その頃、白子画は南弦月の処刑を制止すべく行動を起こす。
    45 分
  • 花千骨と東方彧卿は処刑される南弦月を救おうと長留に急行。そこへ単春秋が率いる七殺派も現れ、南弦月の解放を要求して戦いが始まる。そんな中、摩厳は花千骨を殺そうとするが、東方彧卿が命も省みず彼女を守った。
    45 分
  • 師匠である花千骨の元に通って修練を始めた幽若。そんな彼女の後をつけた糖宝と落十一は、花千骨が雲宮にいることを突き止めた。そして2人は結界を破って中に入る方法を調べ、孟玄朗に協力を求める。
    45 分
  • 目の前で霓漫天に糖宝を殺された花千骨は激情に駆られ、ついに封印されていた太古の力を解き放つ。妖神に変貌した花千骨は異変に気付いて現れた白子画に「師弟の縁を切る」と言い放ち、霓漫天を連れ去った。
    45 分
  • 白子画は1人で七殺殿を訪れ、摩厳を解放するようにと花千骨を説得し始める。そんな彼の態度に怒った花千骨は、摩厳の解放に応じる代わりに自分の下僕として働くよう白子画に要求。白子画はそれに応じるが…。
    45 分
  • 花千骨は白子画の腕に絶情池の水によってできた傷があるのを見て、彼が自分を愛していたことを知る。しかし、白子画はかたくなにそれを認めようとはしない。そこで花千骨は、彼の愛を確かめるべくある賭けに出る。
    45 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ